JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4106
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

93歳の女性。認知症はあるが、身体機能は概ね正常。散歩、経口摂食も普通に行っていた。一月ほど前、肋骨骨折の疑いで受診

解決済みの質問:

93歳の女性。認知症はあるが、身体機能は概ね正常。散歩、経口摂食も普通に行っていた。一月ほど前、肋骨骨折の疑いで受診。翌日病院から連絡があり、大動脈解離の疑いがあるとのことで検査入院。
その結果、動脈解離は落ち着いているものの、歩行、摂食が全くできなくなってしまった。当該病院は救急病院だが、医師からは「家に帰れるとは思わないほうがいい」といわれ、担当看護士からは「ここは救急病院なので、自宅療養か他の介護医療施設に移ったほうがいいのではないか」といわれ、家族は今後どうすればいいか途方にくれている。家族の心情からすれば、「検査しろと呼びつけられ、入院したら高齢の母親をベッドに拘束され、昨日まで普通に外出や飲み食いしていた母を点滴栄養の寝たきり状態にされてしまった」ということで、病院への不信感が募っている。かといって、今の状態では在宅看護も難しいということで不安とストレスが嵩じている。
年齢、容態からみて最適な介護医療はどうすればいいか、仮に病院等を移るとして、適切な施設があるのかどうか、手続き等はどうすればいいのか、ご教示ください。
家族は50、60歳代の実子が2人。質問者は家族の友人です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
現在、どのような症状がありますか。その症状は入院中に急激に悪くなりましたか。
自分の名前、年齢、生年月日、現在の日付け、曜日、場所、首相の名前等わかりますか。歩き回ったり、大声を出したりしますか。
他に病気がありますか。
何か薬を飲んでいますか。入院中に飲み始めた薬がありますか。
認知症はアルツハイマー病ですか、それとも血管性(脳梗塞性)認知症ですか。
質問者: 返答済み 3 年 前.


特に目立った症状はありません。肋骨骨折は軽度のもの。動脈解離は、当初数日ももたないかもしれない、と言われたが、目下落ち着いている様子。ただ、摂食の意欲がなくなり、徐々に衰弱が進んでいる感じ。ほかに特段の疾患はありません。


認知症については、ご指摘のような項目はすべて分からないと思います。娘をお母さんと呼ぶような状況。徘徊や暴力行為はありません。アルツハイマーではないと聞いています。


申し訳ありません。家族から相談を受けただけで、患者に直接接していないので、薬剤など詳しいことは分かりません。


動脈解離については、担当医師は入院直前に発症したと考えていますが、家族の話ではふたつきほど前に胸(あるいは背中)の激しい痛みを訴えたことがあり、そのときに解離が進行し、その後小康状態だった可能性もあるといっています。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
入院からの譫妄のように思います。高齢、認知症、病気、入院、薬(痛み止め、睡眠薬、不安症や鬱病の薬、アレルギー薬、痙攣の薬など)で起ります。
不必要な薬を止めることと身体を癒し、脳を落ち着かせるための最良の環境を作ることでもとの状態に戻る可能性が十分あります。ベッドに拘束することをやめた方がいいです。
自宅療養が一番ですがそれができなければナーシングホーム(介護医療施設)に移ってはどうかと思います。ナーシングホームは準病院のようなところです。点滴、薬の投薬も行います。
簡単なことが回復の手助けになります。例えば次のようなことです。
1)時計やカレンダーを側に置く。
2)家からのなじみのある物を側に置き穏やかな、快適な環境をつくる。
3)現在の場所と何が起こっているのかを定期的に教えること。
4)家族の方が頻繁に面会すること。
5)夜間は騒音が少なく、最小限の明かりで睡眠を妨げない。
6)日中はカーテンを開けて定期的な睡眠·覚醒サイクルをつくる。
7)拘束、膀胱カテーテルを避ける。
8)十分な栄養と水分をあたえる。
9)十分な明かり、音楽、マッサージ、リラックスする環境をつくる。
10)ベットからでて歩く、セルフケアの活動を行う機会を作る。
11)必要なら眼鏡、補聴器、車椅子、ウオーカーを使用する。
12)ナーシングホーム(介護医療施設)では難しいですが環境と介護者の変化をさける。

質問者: 返答済み 3 年 前.


ご回答ありがとうございます。


心当たりがあればで結構ですが、東京都内でよい介護医療施設があればご教示いただけないでしょうか。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
申し訳ありませんが東京都内にはなじみがありません。その担当医、または看護士に相談してはどうかと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問