JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2813
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

乳がん術後治療についてご意見をお聞かせください。 年齢58歳、乳頭腺管癌で右乳房全摘、ステージ2Aです。 腫瘍の大きさ:2.5㎝、リンパ節転移:なし(センチネルリンパ節

質問者の質問

乳がん術後治療についてご意見をお聞かせください。

年齢58歳、乳頭腺管癌で右乳房全摘、ステージ2Aです。

腫瘍の大きさ:2.5㎝、リンパ節転移:なし(センチネルリンパ節生検:0/1)、腫瘍の悪性度:グード1、ER:陽性、PgR:陽性、 HER2:3+、脈管(リンパ管・血管)への侵襲:なし

術後治療は、中リスクということで、化学療法+ハーセプチン(1年)とホルモン療法(5年)と言われました。
化学療法はタキソテールとハーセプチン(併用投与)3週毎×4回、その後ハーセプチン1年継続の予定でし た。初回のみタキソテールとハーセプチンは1週間ずらして投与し副作用の様子を見るということで、まず、1回目のタキソテールの投与を受けました。投与後すぐから、弱い腹痛が始まり翌日からはひどい腹痛と下痢で食事もままならず、6、7日目は薬を飲むのさえ困難な水も飲めない寝たきり状態で、体力も限界でした。8日目から少し腹痛も治まりはじめ、10日目でやっと普通に起きれる生活に戻りました。
当初8日目に、初回ハーセプチン投与予定日だったので病院を受診のですが、体調の悪さでハーセプチンは中止となりました。また、受診の際、2日目から首にできた湿疹を診てもらうと、抗がん剤タキソテールのアレルギー反応による薬疹と考えられるので、タキソテールの継続は止め、抗がん剤をFECに替て次回は行うといわれました。
1週間後に今後の治療日程と抗がん剤FECの説明を受けるのですが、たった1回目のタキソテール投与でこれだけひどい副作用(10日間寝たきり)になり、体力的にぼろぼろです。次の抗がん剤として提示されたFECも副作用として比較的強い消化器症状を示すとのこと、体へのダメージを考えると、もう、抗がん剤の使用に躊躇 してしまいます。
HER2陽性のリスクを考えハーセプチン単剤1年投与を希望しますが、ハーセプチンは抗がん剤と併用の場合のみ保険適用と聞きます。抗がん剤を1回目で中止した場合、ハーセプチン単剤投与は保険適用対象となるのでしょうか。
また、抗がん剤+ハーセプチン療法をせず、ホルモン療法のみにした場合、再発率はかなり高くなるのでしょうか。腫瘍の大きさが2㎝を超えること、HER2陽性であるリスクを考えると、10日ぐらいは寝込むことに耐えて、FEC→ハーセプチン1年をしたほうがいいのでしょうか。
ご意見お聞かせください。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療

医療 についての関連する質問