JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

小学2年生(8歳)の娘が、昨日14日の午前中に学校の授業中に突如けいれんを起こして意識を失い、都内の大学病院(小児内

解決済みの質問:

小学2年生(8歳)の娘が、昨日14日の午前中に学校の授業中に突如けいれんを起こして意識を失い、都内の大学病院(小児内科)に救急搬送されました。診断の結果、てんかんの可能性があるかもしれないとのことで、17日月に脳波検査を行うことになり、その場は返されました。ただ、通常は初の発作の場合には、CTスキャンやMRIは必須と知り合いの他の科の医師から聞いたため、本日15日に再度上記病院に行って、CTスキャン及びMRI、薬の処方(ダイナップ)をお願いしましたが、脳出血や脳腫瘍の兆候は見た限りないようなので、いずれも今の段階で必要なく、無駄にCTで被曝することの方が有害と言われました。強く主張されるので、大丈夫だろうとのことで、その場は引き取りましたが、後で実際に画像診断を行っていないのに、なぜ必要ないと言い切れるのか不安になっております。MRIだけはなんとか無理にお願いして予約をとりましたが、予約日はなんと5月末で意味がないように思われます。最近、子供はスポーツや遊びで転んで数回頭を打ったこともあるようですが、生活に支障が出ている様子ではありません。ただし、脳腫瘍や脳出血等てんかん以外の変な原因について可能性がゼロでない限り、他の病院でCTスキャンだけでもお願いすべきでしょうか。それともやはりそれにはほとんど意味がなく、被曝するだけ有害ということになりますでしょうか。なお、娘はスキーをしておりますが、上記のような発作がリフト上で再発し転落するリスクを考慮してやめるべきでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
受診されたのは「小児内科」とのことですが、「小児神経内科」ではないのですか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

14日は小児内科に通され受診し、脳波測定の2日後に小児科の神経の先生に受診の予約となりました。


昨日は学校の保健室の先生(看護師)が先に電話で問合せをして下さった科に運ばれました。


 


 


素人には分かりにくかったのですが、以前同病院の小児外科にも掛かったことがありましたので、知人の医師に、「CTを撮らなかったということは、もしかしたら前回掛かったという理由で外科に回されたのか?」と聞かれましたので、本日確認しましたところ、本日も昨日も小児の内科で受診でした。本日と昨日は違う医師でした。


昨日の医師は特にCTなどの話はでなく、本日はCTを撮ったほうが良い知人の医師に勧められた為、CT撮影希望と来院した理由をはっきり伝えましたところ、上記の説明を受けました。


 


どうぞよろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

特別の誘因なくけいれん発作が起きたのであれば、対症的に抗てんかん薬を処方するだけではなく、脳のMRI検査を含めた複数の原因検索が必要です。
例えば脳腫瘍でもけんれん発作は起こりますし、内分泌疾患に伴う電解質異常もけいれんの原因になります。

血液検査等は小児内科で行われていると思いますが、脳の検査はやはり必要です(麻痺等が起こらず、けいれんだけを起こす脳腫瘍もあります)。

MRIであれば被ばくはありませんし、より詳細な情報が得られます。
現在かかられている小児神経科で脳疾患の検索がなされないのであれば、他院で検査をお願いされてはと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速ご回答いただきありがとうございました。


MRIの方は他院でも遠い予約日になってしまう可能性がありますが、その場合にはCTスキャンが早く出来る場合、CTスキャンはやっておいた方がいいという理解でよろしいでしょうか。


 


またMRIを早く(3日~4日以内)にとれる場合には、CTスキャンは不要でしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

被爆が無いことと、腫瘍性病変の検出力という点ではMRIがCTに優ります。
ごちらかひとつ、というとならばMRI検査を受けられるべきでしょう。
よって、「MRIを早く(3日~4日以内)にとれる場合には、CTスキャンは不要」です。

しかし昨今のCTの描画力はMRIに迫るものがありますから、被爆を気にされないのであれば(私個人の意見としては、1回のCT検査の被爆は許容範囲内だと考えます)、早い時期に受けられるCT検査を受けられるのがよろしいかと存じます。
CTで何も疑わしい所見が認められなかった場合は、その後にMRI検査を受けられる必要はないでしょう(CTで疑わしい所見があるが、それが何であるかわからない、という場合は、ほぼ自動的に、造影CTかMRI検査が追加で行われると思います)。
質問者: 返答済み 3 年 前.

再度のご回答ありがとうございました。


なお、当初のご質問で、スキーについてご質問させていただきましたが、いかがでしょうか。


また、スキーの他にもスケートも選手を目指してやっているのですが、やめさせるべきでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

最終的に診断が付いた後はスポーツに制限がつく可能性は低いと思います。

リフトの使用は問題無いでしょう。

問題があるとすれば競技そのものです。

17日に脳波検査を受けられる時におわかりになると思いますが、光刺激とともに、深く速い呼吸を繰り返した状態で脳波をとるという負荷を課されると思います。
患者様によっては、過呼吸は隠れた脳波異常を表面化させる刺激になりうるのです。

よって、スキー、スケートに関しては、脳波検査の過呼吸不可で異常が生じないことを確認されてから再開されるのがよろしいかと存じます。
このことは、診察医にも相談されるべきでしょう。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問