JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

94歳の祖父です。日常的に痰がひどく、なかなか取れません。呼吸音に雑音が入り呼吸も浅く息苦しそうに感じます。高血圧と

質問者の質問

94歳の祖父です。日常的に痰がひどく、なかなか取れません。呼吸音に雑音が入り呼吸も浅く息苦しそうに感じます。高血圧と狭心症の服薬のため、月1回通院している診療所で、ジスロマック3日分と、ムコソルバン・ムコダイン・麦門冬湯を1日3回5日分の薬を処方されて服薬しています。ジスロマックは今日3日目を飲みました。
これだけ去痰薬を飲んだので、さすがに痰は収まりましたが、呼吸音に雑音が入り呼吸も浅く息苦しそうな症状は変化が見られません。
診察の際にレントゲンは取らなかったそうです。
肺炎の疑いがありませんか。このままではいけないのではないですか。そして去痰薬は必要以上に処方されているのではないか。こんなにのまなくてはいけないものでしょうか。ご教示願います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
発熱があるならば肺炎の可能性があります。その場合はできるだけ早く内科のある公立の病院、または救急病院を受診、入院させてください。発熱がなければ肺炎の可能性はありませんが慢性閉塞性肺疾患の増悪の可能性があります。同様にできるだけ早く内科のある公立の病院、または救急病院を受診、入院させてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

94の老人ですので、入院という選択は考えていません。本人が、痛みや苦しさを訴えているわけではないので。


慢性閉塞性肺疾患に処方される薬として、質問時に記載したものは適当なのかどうか知りたいです。


体温を計りましたが36.3度ですので、肺炎ではなさそうです。もっと適切な薬があるのでしたら、それを得るために、別の医療機関に行かせようと思います。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
94の高齢であるなら若い人と比べて重篤になる可能性があるので入院をした方がいいですが、本人が痛みや苦しさを訴えていなければ入院をしなくてもいいと思います。慢性閉塞性肺疾患に処方される薬はイプラトロピウムにような抗コリン薬の吸入薬です。それは気道を開く作用があります。それにアルブテロールのようなベーターアドレナージックの吸入薬を併用してもかまいません。まずは慢性閉塞性肺疾患をもっているか胸のレントゲンと呼吸機能を調べることが必要です。公立の総合病院の呼吸器内科を受診させてください。喫煙をしていたら止めることが必要です。上記の去痰薬は気道が塞がらないように助けになると思いますが抗生物質は慢性閉塞性肺疾患の増悪がなければ必要ではありません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

「去痰薬は気道が塞がらないように助けになる」ということと、「気道を開く作用がある薬」とではあまり違わないように思うのですが。・・


慢性閉塞性肺疾患と診断された結果、あまり効能が違わない薬を処方されるのであれば、公立病院などに時間と体力を消耗させるのはかえって本人に可哀そうです。とどのつまり、今の薬を飲み終えた後、また同じ薬を処方されていても効能的に同じことなのであれば、同じ診療所に行かせておこうと思います。慢性閉塞性肺疾患という診断の場合、吸入薬による気道を開く作用の薬による治療が、絶対必要ということなのでしょうか。去痰薬の服用量についての疑問もまだ残されています。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
慢性閉塞性肺疾患は気道に炎症が起きて気道が狭くなります。そこに痰が詰まればさらに気道は狭まり症状は悪化します。去痰薬だけではその気道を広げることはできません。気道を開く薬が必要です。呼吸機能は診断とともにその病気の進行をモニターするためと薬の効果を見ることが必要です。本人が痛みや苦しさを訴えていなければその検査はできるはずです。胸のレントゲンは特に負担にはなりません。その吸入薬で効果があまりなければ炎症を抑えるステロイドの吸入薬も併用するといいと思います。診療所でもレントゲン、呼吸機能の機械はあるかもしれません。呼吸機能の機械はそれほど高価で場所を取る機械ではありません。レントゲンほど大掛かりなではありません。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

診断とアドバイスありがとうございました。今の診療所はレントゲンの設備はありますが、技師が常勤ではないし、呼吸器専門医でもないので、もっと設備の整っているクリニックにいかせます。本日体温が36.9度、上昇の気配です。明日にも連れていきます。何度も解説いただきありがとうございました。

質問者: 返答済み 3 年 前.

診断とアドバイスありがとうございました。今の診療所はレントゲンの設備はありますが、技師が常勤ではないし、呼吸器専門医でもないので、もっと設備の整っているクリニックにいかせます。本日体温が36.9度、上昇の気配です。明日にも連れていきます。何度も解説いただきありがとうございました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
どういたしまして。
ではお大事に。

医療 についての関連する質問