JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4038
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

現在86歳の父親の事でご相談したいと思います。2011年にA病院にて右足に人口膝関節置換術、2012年に 左足にも

解決済みの質問:

現在86歳の父親の事でご相談したいと思います。2011年にA病院にて右足に人口膝関節置換術、2012年に
左足にも同じ手術を受け右足はまだ少し痛みがあるものの、ほぼ完治しているようです。 
左足の方は昨年10月(2013年)膝の傷口辺りが腫れ手術をした病院に入院し点滴による抗生剤で1週間入院し退院、その後11月にも同じ症状が出たため6日から19日まで入院し同じく点滴による治療で退院、そして12月また同じ場所に化膿していた為に入院し、このときは繰り返すのは人口関節の所に袋が
出来ている。  それをとり
除く手術をし中を洗浄すると言われ手術を受けまし
た。  1か月後また同じ症状があらわれたので、セカンドオピニオンB病院」を希望し現在別の整形外科の先生に診て頂いてます。

B病院の先生はなるべく早く手術をし今入っている人口関節除去術をし、滅菌されたセメントを入れ
最低6週間毎週注射による治療」で菌が完全にマイナスになるまで待ち、その後もう一度手術をして
新しい人口関節を入れると言われました。   しかし現在手術予定までまつ間にまた化膿がひどくなって
きて、皮膚の表面が薄くなり術後に皮膚移植が必要になるので形成外科のある病院(総合病院)で
手術をした法が良いのでは・・・・自分の病院では整形外科だけなので対応が万全では無いからという理由のようです。先生も難しい手術に悩まれてる様子です。




高齢ということもあり、今後最低2回の手術に耐えうるか?  また入院生活が長くなる事で父親の
体力の低下と精神的にも病気に耐えられるか心配です。

手術をしないで、抗生剤(現在セフゾンカプセル投薬中)を飲み続けて過ごす事は無理なのでしょうか?   手術をしないひともいると聞きました。   ただし感染症をおこしてる訳ですので、体内に
常に菌がある状態は決して良くないとはおもいますが・・・


どうしたら父親にとってよいのか悩んでいます。

                                 父を心配する娘より(56歳)
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
人口関節除去術をしない限り、感染が抗生物質点滴で一時的に押さえることはできても完全には感染を除去できません。頻繁に抗生物質の投与を繰り返すことになります。そのうちにその抗生物質に抵抗のある細菌が増殖して抗生物質も容易に効かなくなる可能性があります。その場合はその部分から感染が血流に乗って全身に広がる危険性があり生死かかわってきます。人口関節除去術をして感染源を取り除くことをお勧めします。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問