JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Dr_GATOに今すぐ質問する

Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3973
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

1.自覚症状   ・ここ半年位前から、疲れた時にか、背中の右部分に圧されるような鈍痛を感じていた。   ・最近半

質問者の質問

1.自覚症状
  ・ここ半年位前から、疲れた時にか、背中の右部分に圧されるような鈍痛を感じていた。
  ・最近半月前位から、この痛みが連続して感じる。何かに打ち込んでいるときには忘れている。
  ・食欲・睡眠は快調、体重不変。ただし従兄が昨年背中痛を訴え、半年後に膵臓癌で死去した。
2.総合病院の内科医師の診察結果:
  ・ 尿・血液・レントゲン・CT検査で異常なしと診断。右背中の痛みは同じ状態。MRI検査は未験。
  ・ 同診察で血中アミラーゼ:139で、少しオーバーだが、正常値内と言われた。
   中性脂肪:189、尿素窒素:27.7、クレアチニン:1.11、0ALP:344、MCH:33.1、
   その他は正常値範囲です。
3.疑問点と相談:
  ・NHK出版「きょうの健康大百科」では 
    血清アミラーゼ:正常値32~104、 血清リパーゼ:正常値11~53とあるので、
    診断結果の血中アミラーゼ:139の心配なしはこれでよいのか、また膵臓に注意の
    血清リパーゼは他の名前で測っているのか疑問につき教えて頂きたい。
  ・場合によってはセカンドオピニヨンを検討中です。
4.結論:
  ・如何なる対策がBetterなのか教えください。
   また「全AFDについて御教示願います。

以上よろしく。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
正確に背中のどこが痛いですか。その部分を押さえると痛いですか。何かその痛みを軽減すること悪化させることがありますか。その痛みは段々と悪化してきていますか。他に何か症状がありますか。何かきっかけのようなことにきずいていますか。
右脚の痺れ、痛み、弱さがありますか。下痢がありますか。
病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬をのんでいますか。
家系に他に病気のがいますか。
アミラーゼは測り方でその正常値は異なります。ちなみに私の正常値では上限は130です。リパーゼが他の名前では測定しません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

1. 160cm,61kg


2.右背中の中央肩甲骨のすぐ下辺り、圧しても特別な痛みは感じない。


 ・ここ半月余りは同じ、日毎の痛み増加はない。


 ・1週間前から右胸部に直径2mmΦ程度のぶつぶつが3コ出来て来て


  帯状疱疹の疑いあり、一昨日皮膚科に行き塗り薬と飲み薬(ファムビル)


  を服用。    


       但し医者は帯状疱疹とはまだ断定していない。


3.手術はしたことなし。


  他の病気:通風の気があり、ユリノームを一日半粒思い出したように


  飲んだことはあるが、尿酸値が4となり、1年以上前からは服用やめた。4.手足の痺れはない。


5.市販の薬は他に服用なし。  


6.親族の過去の病気 父:胃がんで死亡、姉:肝臓がんで死亡


  いずれも30年以上昔のこと


7.その他


  アミラーゼとリパーゼのことは了解致しました


 

質問者: 返答済み 3 年 前.


1.身長・体重:160cm, 61kg 変化なし


2.右背中の肩甲骨の直下


  抑えても痛みなし、きっかけなし、


  症状は先回申した通りで、さしたる変化はなし。


 


3.右脚の痺れ、痛み、下痢は最近なし。


  ただし、寒いと左右の腿部筋肉が硬直した事がある。


  同様に寒い時に螺旋回しなどで手のひら部分に力を入れると、


  手の甲の親指と人差指が硬直し、同時にこの両指の付け根の部分の


  筋肉が硬く盛り上がり、俗に言うこむら返りのような激痛を感じることが


  あった。最近はない。


4..病気はなし。


  通風の気があり、半年前までは思い出したように、時たまユリノームを


  服用していたが、今は全く服用していない。


 


5.市販の薬は服用歴なし。


6.家計の病歴


  父:胃がんで死亡。姉:肝臓がんで死亡。いずれも40年以上前のこと。


 


7.アミラーゼ、ミラーゼのことは了解しました。


  但し、先生の130は139は如何評価されますか。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
どこのレントゲン、CTを撮りましたか。胸部ですか。
アミラーゼは膵臓からものと唾液腺からのものがあります。膵臓の急性膵炎で上がります。しかし、その上がり方は急性膵炎にしてもとても低いので急性膵炎とは考えられません。また、痛みは強烈な痛みです。また、位置的にその部分は膵臓ではありません。慢性膵炎で上がることもありますが正常のことが多いです。慢性膵炎では消化酵素の産生障害により脂肪性の下痢を起こします。唾液腺の炎症でもあがります。139は有為な上昇とは考えられません。0ALPのつずりは正しいですか。
質問者: 返答済み 3 年 前.


1.レントゲンとCTはいずれも胸部全体で、肝臓も膵臓も一画面で見えるように


 撮影した。


 勿論CTの撮影に当たっては造影剤を入れ胸部を前と横からそれぞれ撮


 影しました。強烈な痛みや下痢は全くありません。押される様な痛みです


 


2.0ALPは間違いで、ALPが正です。


 


3.「139は有為な上昇ではない」とありますが、具体的に如何いうことです


  か?


  取り上げて問題となることではないということでしょうか ?


 


4.その他:


  「回答はまだ終わったわけではない」とありますが、このように質問を繰


  り返していると、


        相談料は追加が必要になるのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
半年位前からその鈍痛があることから帯状疱疹ではないと思います。おそらく、疲労した時に起っていたことから筋肉の痙攣によるかもしれません。筋弛緩薬と痛み止めをもらってください。MRIを撮ってもらってもいいですが何も見つからない可能性が高いと思います。
139は取り上げて問題となることはありません。
相談料は一定で追加は必要になりません。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3973
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

1.帯状疱疹でないことはよくわかりました。有難う。


2.筋肉の疲労に起す因る痙攣によるものかもしれませんとのこと


  了解しました


          ただ、1ヶ月続くのはチト長い感じがします。


 仰せのとおりMRIの撮影はやめます。


 


3.どうやら膵臓ではなさそうですね。しかし 無罪放免の前に


 リパーゼは膵臓特有のものだということを聞いたことがありますが、


 リパーゼの診断をする必要はないのでしょうか?


 


4.肝臓を疑い診る必要はありませんか?


 


4.それでも痛が続くようなら


セカンド・オピニヨンを考えたいと思います。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.

リパーゼが上がるようならアミラーゼもあがります。 アミラーゼが正常より少し高いなら必要はありません。 肝臓はCTで撮っていることから問題ないと思いますがALT, AST, ビリルビン、プロトロンビン時間、GGTP(gammma GTP)の値はいくつですか。 ALPの値が高いですかカルシウム、リン, 1-,25-ビタミンDの値はいくつですか。ALPは肝臓と骨から産生される酵素です。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ALT:24, AST:26,


ビリルビン:測定値なし(以下-で示す)、プロトロンビン時間:-


GGTP(gammma GTP):-


ALP:344


カルシウム:-、リン:-, 1-,25-ビタミンD:-ALP:-


 


その他Paper にある値は下記の通りです。


 


ALB:4.5、A/G比:1.8、コリンエステラーゼ:292、AST:26、ALT:24


LDH:199、ALP:344、血中アミラーゼ:139、総コレステロール:187


中性脂肪:189、尿素窒素:27.7、クレアチン:1.11、eGFR:49.6


ナトリューム:145、カリューム:4.6、クロール:105


血糖:86、NGSP:5.6

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
肝機能には問題はないと思います。そのALPは骨に関係していると思います。それがあなたの症状と関係している可能性はCTとレントゲンを撮っているので少ないと思います。カルシウム、リン、25-ビタミンDを測ってもらってください。もし、カルシウムが少ないようならDEXAで骨量を測り骨粗鬆症がないか調べてもらってください。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問