JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

6日ほど前に右足の付け根にあるリンパ腺が腫れ、体温が38度を越えました。翌日リンパ腺はウズラ卵大に肥大しており体温は

質問者の質問

6日ほど前に右足の付け根にあるリンパ腺が腫れ、体温が38度を越えました。翌日リンパ腺はウズラ卵大に肥大しており体温は37度後半、その翌日には体温は微熱まで下がっていました。一度抗生物質を服用し今はリンパ腺は若干の肥大、指で押さえると若干の痛みが残っているという状況です。
そして3日前から陰茎の付け根上部にある筋のようなものが痛み出しました。押さえると若干の痛みと突っ張ったような感覚があります。リンパ腺に違和感を覚える前日に性行為を行っており、それが原因なのかと考えています。ちなみに排尿時に痛みは無く膿のようなものも見られません。尿の色はいつもと変わらず、血液が混ざっているような感じも無さそうです。
いま新興国に住んでおり、3日前病院にて尿検査と血液検査を行いました。結果は「何も出ませんでした。おそらく抗生物質を飲んだのが原因でしょう」との事でした。医療に不安が残る国だけに心配です。
このような症状から予想される病気にはどんなものがございますでしょうか。
よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
新興国とはどこのことですか。性行為はコンドームを使用しましたか。相手は娼婦ですか。何か皮膚に変化がありますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.
東南アジアの新興国です。性行為はコンドームを使用しており、女性とはディスコで知り合いました。皮膚に変化は無く、排尿にも別段痛みはありません。現在リンパ腺の腫れは引いていますが陰茎上部に痛みがあります。質問以降Levofloxacin系の抗生物質を服用しています。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
コンドームが破れない限り性器ヘルペス以外の性病は伝りません。コンドームで覆われていない皮膚の直接の接触でうつります。性器ヘルペスはその皮膚症状が起こる前に発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、痛み、カユミ、排尿痛、尿道分泌物、痛みのあるリンパ節の腫れが3-4日間起ることがあります。その後に小さな赤いできものや小さな白い水疱が現れ、それは潰瘍になり、最終的にかさぶたになり、潰瘍は治癒します。もし、水疱があらわれたなら病院に行って抗ウイルス薬をもらってください。性器ヘルペスは治すことができませんがその症状の期間と症状の程度を減少させます。一度、再発する可能性はありますが全ての方が再発するわけではありません。しかし、病変がなくてもウイルスは常に皮膚から出ているので皮膚の直接の接触がある場合に完全には予防できませんがコンドームを使用してください。抗ウイルス薬を予防的に飲むとその感染率は低下します。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

コンドームは使用しましたが、装着前に口でのオーラルセックスを受けています。仰っている性器ヘルペスの症状で当て嵌まるのはいまのところ発熱、頭痛、倦怠感ぐらいで水泡、カユミ、排尿痛、尿道分泌液等は見られません。
現段階で見られる症状は陰茎付け根の上部を押さえたときに感じる痛みです。押さえたとき指先に筋のようなもの(血管?)があり、それを押さえると鈍痛があります。いままで感じたことの無い筋のような物があり、おかしいとは思うのですがそれを押さえると痛みます。
どういった病気が考えられますでしょうか?何かが炎症を起こしているのでしょうか?
何度も申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
最も可能性が高いのはヘルペスで次には淋病が考えられます。他にはクラミヂアです。可能性はとても低いですがHIV感染の可能性もあります。淋病であったならばセフトリアキソン、アジスロマイシン、ドキシサイクリンが有効です。Levofloxacin系の抗生物質はLevofloxacin抵抗性の淋病が10%から100%あるためあまり用いられません。セフトリアキソンの1回の筋肉注射が最も有効とされています。アジスロマイシンは一回内服するだけでいいです。ドキシサイクリン一日2回1週間内服することが必要です。しかし、その症状は排尿痛、尿道からの分泌物、精巣の痛みや腫大です。クラミヂアは無症状のことが多いですが淋病を同様の症状を起こします。HIV感染はヘルペスの発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、痛みのあるリンパ節の腫れのようなインフルエンザ様の症状を起こします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
有り難うございました。
ご回答頂きました内容を踏まえ暫く様子を見てみます。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
どういたしまして。
ではお大事に。

医療 についての関連する質問