JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4033
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

パニック発作ですか。どのように気をつけたらいいのでしょう。

解決済みの質問:

統合失調症です。 今回の件は、パニック発作と言われるものでしょうか。本によるとパニック発作というのは20~30分


続くのが普通で長くても1時間で治まるということですが、自分の場合は6時間続きましたのでパニッ


ク発作とはべつものなのでしょうか。 主治医も言っていましたが、今回の症状はジプレキサに変わったことが原因だろうということですが 必ずしもそれだけが因とも思えないのです。セロクエルの時代のときにも人目が怖くなるというのは ありましたから。ジプレキサが苦しみを増幅させたような気がします。 このあと、交替制(夜勤)はあきらめようということで ジプレキサをなくし、セロクエル中心の前


の処方に完全に戻りました。また、アキネトンの処方もありアカシジアの副作用がなくなりました。 セロクエル中心の処方に戻ったとはいえ、飛行機や新幹線とかでの国内旅行や海外旅行は当面、あき


らめたほうがいいでしょうか。


1月から交代制になり、1/8に初めて夜勤を経験し、具合が悪くなりまして、途中で帰りました。 症状は人が怖くなる、人目が気になる、自分に自信がなくなる、自分に罪悪感が発生する、などで 震えや動悸があります。また、前や後ろの車からの視線も気になります。(車が混んでいる時) このような症状は、セロクエルの時代からも数ヶ月に一回はありました。 交替制で生活リズムが不規則になるということで1日/3回の服用を1日/1回の服用にという目的で 薬の調整を1週間ずつ変更してきました。1/24の処方、つまり2回目の変更になるのですが、この時 セロクエル100mgが朝2昼2夕3が 朝1昼1夕1に ジプレキサが0から5mgを経て10mgになりました。 それで、前回も書きましたが、1/25~26 山口から東京へ遊びに行った時、非常に具合が悪くなりま


した。1/25の夕方、例の人目が気になる、自分というものがなくなり自分に罪悪感が生まれ非常に動


揺しました。この時はなんとか乗り切り、1/26の午前中も大丈夫でした、電車のなかでもリラックス


していました。12:30頃、成田の国内線ゲートに着いた時からはじまりました。1Fにあるゲートは


暗い雰囲気でいやな感じがしました。そうするうちにどんどん悪くなりました。ジプレキサ10mgすぐ


飲んだのですが、それにも関わらずどんどん悪くなりました。例の対人恐怖の症状と、ばたばたそわ


そわして落ちつかない感じです。飛行機という閉鎖空間のなかで、いよいよひどくなり、スチュワー


デスにも問答をして困らせました。途中で降りるわけにもいかず・・・。乗り継ぎの関西でピークに


達しました。 キチガイみたいに大声を上げて暴れ回りたい という欲求を押さえて、そのへんをバ


タバタうろうろしていました。空港の療養室みたいなところへも連れて行かれましたが、ベッドに横


になるなんて、とんでもなくて、狭い部屋をバタバタ歩き回っていました。アカシジアの症状は程度


の差こそあれ、1/24の処方から1/28の処方までずっとありました。 もうどうにかなりそうでたまらず、最後の手段、救急車を呼んでもらい救急センターに行きました。 脈拍も血圧も通常より高かったようです。見知らぬ土地での入院とか親への心配など不安がどっどど


っど出てきました。それでなかなか脈拍や血圧も下がりませんでした。最後の注射がなんとか効き救


急センターを出たのが18:30、つまり6時間です。 (なお、次の日の新幹線のなかでも同様、苦しみました)

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:まだ回答がありません。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
回答が遅れて申し訳ありません。
それは薬の副作用というより慣れない土地での不安からのパニックのように思われます。常にないようならその発作が起こった時に抗不安薬である即効性のベンゾダイアゼピンを飲んではどうかと思います。その症状はすぐに落ち着きます。飛行機や新幹線とかでの国内旅行や海外旅行をする前に担当医に処方してもらってはどうかと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

2点あります。
ジプレキサの副作用のせいではないだろうとの回答に意外に思いました。8年前、入院中にジプレキサの処方に変わったときも大声を出してバタバタして不安になったという実績もあります。今回も金曜日にジプレキサに変わった直後の土日の発作ということで、主治医はジプレキサが因だろうと言っています。それに、私は過去3~5年の間、海外旅行や国内旅行には1ヶ月に一回というハイペースで旅していますが、不安は何回かあったものの今回のような発作はありませんでした。セロクエルの処方の時代です。つまり、慣れない土地での不安からのパニックのように思われると書かれていますが、慣れない土地には何度も行った理屈ですし・・・。


もう一点は病名です。パニック発作にしては本に書いてあるより非常に長い


時間苦しみましたし、パニック発作という病名ではないのですか。


それと、最後に。旅行に行くことは当面もうあきらめていました。しかし、旅行前にベンゾダイアゼピンの処方をしてみてはとの回答で、 旅行は可能


なのでしょうか。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
ジプレキサの副作用として急性アカシジアをおこしたのかもしれせん。主な症状は、座ったままでいられない、じっとしていられない、下肢のむずむず感の自覚症状であり、下肢の絶え間ない動き、足踏み、姿勢の頻繁な変更、目的のはっきりしない徘徊(タシキネジア)などが特徴である。また心拍数の増加、息切れ、不安、いらいら感、不穏感等もあります。

急性アカシジアをおこさない方法としては
1)ジプレキサの量をへらすこと
2)急性アカシジアを起こしにくいセロクエルを飲むこと
3)ベンゾジアゼピン(ロラゼパムを一日1 mgから3 mg、2回から3回に分割してのむこと)、またはβ遮断薬(プロプラノロールを20 mgから40 mg、一日二回内服する)方法があります。

セロクエルからジプレキサに敢えて変更する理由は何ですか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

セロクエルからジプレキサに変更した理由は仕事の勤務が日勤から交替制


(夜勤を含む)になったからです。初めての夜勤になったときに人目が怖い、自分に自信がなくなるという不安症状が出ました。交替制だと1日3内服だと飲む時期が難しいというか不規則になる、で1日1内服だと、薬の服用管理がみやすくなり効果も出やすいという理由からです。1日1内服可能な薬としてジプレキサがでてきたわけです。 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
わかりました。
セロクエルXRという徐放薬が他の国にはありますが日本ではまだ、発売されていないを思います。担当医にきいてみてください。
まずはジプレキサの量を減らせるなら減らしてもらってください。減らせないようならロラゼパムまたはプロプラノロールを必要に応じて処方してもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問