JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

85歳の母が骨粗鬆症による新旧含め5カ所の腰椎胸椎の圧迫骨折を起こしました。 昨年9月虚血性大腸炎で入院した際にベ

解決済みの質問:

85歳の母が骨粗鬆症による新旧含め5カ所の腰椎胸椎の圧迫骨折を起こしました。
昨年9月虚血性大腸炎で入院した際にベッドから落ち12番胸椎を圧迫骨折したものが最新でそれまでは自然治癒のように痛みがなくなっていましたが、今回徐々に痛み出し再度10月から12月まで入院しリハビリをしていました。12月28日に退院した一番の理由は痴呆の心配が出て来たからです。
現在痴呆は進んでいませんが、右腰のおそらく筋肉と思われる箇所の痛みがひどく、また食事も9月以前の一割程度になり5分座っていることすら辛そうです、この腰の痛みを少しでも緩和する方法はないものでしょうか? 介護認定は3、25mもボルタレンサポを一日2回、トラムセットも一日2回服用しています。それ以外の疾患はないようです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

脊椎の圧迫骨折の場合、通常は自然治癒に任せます。よって、多かれ少なかれ骨折箇所の変形は残ります。
多くの場合、それでも大きな問題にはならないのですが、変形が大きいと、脊髄から脊椎の間を通って体に伸びる神経が圧迫されて痺れや痛みが生じたり、背骨の傾きが生じて周辺の筋肉に負担がかかって痛みが生じる場合があります。
よって、圧迫骨折した椎体の変形が大きい場合は、手術が必要になります。

少し補足情報を下さい。

①整形外科の主治医からは手術は勧められませんでしたか?

②「右腰のおそらく筋肉と思われる箇所の痛み」の原因については、どのように説明を受けられておられるでしょうか。

③ペインクリニックの受診を勧められたことはありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます1-3についてお知らせします。

1,船橋整形外科(圧迫骨折での入院は不可でした)、入院していた船橋総合病院の両先生から保存療法しかないと言われました。

2,長期間(10週間)のほぼ寝たきりの状態で筋肉の衰えにより体を支えられないことから来る痛みで、筋力を付けることが治療だと言われました。

3,ペインクリニックは全く話しにでませんでした。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
ご返信ありがとうございます。

④受診された整形外科は脊椎の専門医がおられますから、治療方針についての判断に間違いは無かったと考えます。椎体の変形は強くなかったのでしょう。治療は安静臥床だけだったのでしょうか? 硬性コルセットは使用されなかたのでしょうか。

⑤「筋力を付けることが治療」とのことですが(私も賛成です)、そのためにどのようなリハビリテーションを受けられていますか?

⑥お母様の認知症の程度は強いのでしょうか。介護認定3は認知症に対しての評価ですか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お答えあがとうございます。


4,の入院中はリハビリを平行して行いました。


5,理学療法士のプログラムでシルバーカーによる歩行訓練まで行いました。


6,認知もあると思いますが自立生活が不可能と判断されたからだと思っています。


認知度は物忘れ以外には軽度だと思っています、100から3ずつ引く計算等何の苦もなくこなせます。


問題は食欲がないこと、自発性(やる気)がでないこと、本人は腰がいたいからだと言っていますが、はたから見るとできそうなこともしません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

痛みに関しては、主治医の説明を信じるのであれば、根本的にはリハビリテーションで解消されることが期待できると考えます。
しかし筋力が戻るまでの間の痛みが辛いことと、痛みがあるためにリハビリテーションが進まないという悪循環が起こりうることが考えられるため、整形外科主治医にペインクリニック受診も含めて、積極的な除痛治療を検討してもらうべきでしょう。

もう1つ、認知症の評価や、うつ病の有無の判定のために精神科受診を考えられた方がよろしいかもしれません。

認知症では抑うつ症状を含む多彩な精神症状を呈します。
http://kaigoouen.net/knowledge/symptom/symptom_10.html

逆に、高齢のうつ病の患者さんが、「仮性認知症」を呈することもあります。
http://www.xn--p8j0ct25vpth5ra.com/mentalheath/utsu-old.html

「食欲がないこと、自発性(やる気)がでないこと」「はたから見るとできそうなことも」しないことは、認知症による抑うつ症状もしくはうつ病の症状である可能性が否定できないと思われます。

診断・鑑別するためには、医療機関は受診された方がよろしいかと存じます。ベストなのは、物忘れ外来が設置されていて、精神科と神経内科があり、MRIを撮れる総合病院です。
うつ病ならば治療が可能ですし、認知症であったとしても症状を和らげたり、進行を遅れさせる治療法があります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問