JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Dr.morinoに今すぐ質問する

Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

誤嚥性肺炎の胸部単純 CT について カルテには 両側肺底区には浸潤影(+)。 両側胸水(-)。 上中葉

解決済みの質問:

誤嚥性肺炎の胸部単純 CT について
カルテには

両側肺底区には浸潤影(+)。
両側胸水(-)。
上中葉は比較的スペースされており、誤嚥性肺炎です。

と記載されています。この検査後9日目に母は亡くなりました。

質問です。
1.カルテの読み方としては、レントゲンの結果、肺の両側の下の方に影があります。(レントゲンでは白ですかね)中程、上の方は比較的きれいな状態です。
だから誤嚥性肺炎です。
でよろしいでしょうか?
もしそうならば、なぜそれで誤嚥性肺炎と診断できるのでしょう?
2.誤嚥してからの発症時間はどれくらいでしょう?
3.死亡診断書には誤嚥性肺炎ではなく、肺炎と書かれたのですが、誤嚥性肺炎が
肺炎の中に含まれるのから、あえてそう書かないのでしょうか?
よろしくお願いします
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 2 年 前.

総合診療医の森野と申します。

質問について回答いたします。

1:カルテの読み方
両側肺底区には浸潤影(+)。
両側胸水(-)。
上中葉は比較的スペースされており、誤嚥性肺炎です。

⇒これは、肺の下方は、境界不明瞭な影が認められ、上方と中間部は、境界明瞭な影が認められる。
 胸水は、認めない。
 診断名は、誤嚥性肺炎。
ということだと思います。
スペースは、綺麗という意味では、ないです。
空気ではなく、液体物などが貯留している影があるという意味です。

2:食べ物を誤嚥してから肺炎が起こるまでの時間は、24時間以内です。

3:死亡診断書の書き方は、医師によって違います。
正確には、誤嚥性肺炎と書くのが正しいでしょう。
でも、「肺炎」と記載しても、間違いではないです。不正確な書き方ですが。


*追加の質問があれば、返信ください。
ない場合は、今回の回答が参考になったかどうか評価判定してください。

質問者: 返答済み 2 年 前.

森野侍史 様


ご丁寧なご回答ありがとうございます。


「2:食べ物を誤嚥してから肺炎が起こるまでの時間は、24時間以内です。」は何か文献でもありますか?もしくは●●病院勤務 総合診療医の森野ドクターによるととしてもよろしいですか?その場合●●を教えて頂かなくてはなりません。


あと病院の入院診療録によりますとHistory of Illness


開始日順に1から12まで病名が書かれています。1左大腿骨頚部骨折2誤嚥性肺炎3不整脈4心不全5高血圧症6細菌性肺炎の疑い7敗血症の疑い8後天性免疫不全症候群の疑い9肺結核の疑い10肺癌の疑い11神経症


12肝癌の疑い と記載されており 2の誤嚥性肺炎の所に 転帰 「死亡」とあります。


つまり死亡原因は6の6細菌性肺炎ではなく、2の誤嚥性肺炎であると考えてよろしいでしょうか?


2と6が争点になっており、こちらはこれらのカルテやレントゲンをもとに、誤嚥があり、誤嚥性肺炎で死亡したと証明したいのです。


お忙しとは存じますがよろしくお願いします。

専門家:  Dr.morino 返答済み 2 年 前.

「2:食べ物を誤嚥してから肺炎が起こるまでの時間は、24時間以内です。」

についてです。

これは、

「3.何故、誤嚥性肺炎が起きるのか?
発症が主に起炎病原体の感染力の強さに左右さ
れる若年者肺炎と異なり、高齢者の場合には宿主
サイドに弱点があるが故に肺炎を発症することが
多い。その多くは、誤嚥を契機に発症する。誤嚥
という用語はそもそも医学的に2つに大別され
る。
その一つは「急速かつ多量の胃内容物を誤って
気道内に吸引すること」との意味であり、意識レ
ベルの低下や顕著な嚥下障害存在下での食事によ
って誘発される。Medelson症候群がその代表で
ある。吸引した胃酸により化学的気道傷害が惹起
され、tumor necrosis factor-αやinterleukin‐8な
どの炎症促進性サイトカインが誘導される。それ
によって、intercellular adhesion molecule‐1な
どの血管内皮側のインテグリン発現と好中球の肺
内集積が生じる。病理組織学的検討では、酸によ
る肺傷害は吸引後1分以内に始まり、24時間後に
は著明な多核白血球浸潤を伴う肺炎像を呈するこ
とが知られている。」

札幌医科大学第3内科 高橋先生の書かれた文献に上記ような記載があり、
診療上の概念として、誤嚥が起こった場合は、24時間以内に肺炎像が認められると
認知されており、その上での回答です。

History of Illness(病歴)についてですが、

開始日順ということは、2が6より古い日付ということですよね。

そして、2の転帰欄に「死亡」となっていたということですね。

6の転帰欄は、記載なしですね。

6に至っては、そもそも疑い病名ですので、死因にはできません。

ですので、死因は、「誤嚥性肺炎」と病院側も診断しているということだと思いますけど。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。


高橋先生の文献ですが


公衆衛生 74巻1号(2)高齢者の肺炎の特徴


でしょうか?


文献名がわかれば教えて下さい。


裁判なので証拠として提出しなければなりません。


よろしくお願いします。

専門家:  Dr.morino 返答済み 2 年 前.
明日でも、良いでしょうか?
職場に出勤しないと分からないので。
すみません。
専門家:  Dr.morino 返答済み 2 年 前.

<回答>

 

「2010年1月の公衆衛生 74巻1号に掲載の「高齢者の肺炎の特徴」の中で、

高橋先生が誤嚥性肺炎のメカニズムについて書かれておられます。

その全ての内容が医師会発行の雑誌でも取り上げられています。

平成17年12月1日北海道医報第1047号です。

 

Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験: 総合診療医
Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご指摘の文献の中には、そのような記述が見当たらないのですが

専門家:  Dr.morino 返答済み 2 年 前.
北海道医報1047号に同じ論文が載っています。
記述部分のPDFのアドレスを掲載しようとしましたが、
このオンラインのやり取りの回答には、掲載出来ないようで、
サイトに連絡して、直接、メールで、回答を渡して欲しいと頼みましたけど、
連絡来てないですか?

質問者: 返答済み 2 年 前.

北海道医報1047号の検索で見つけることが出来ました。


ありがとうございます。感謝いたします。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問