JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4038
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

2か月ほど前から額の左右にかさぶたの様なものができ、ほっておいたら中々治らず、そのうちに汁の様なものが出てきました。

解決済みの質問:

2か月ほど前から額の左右にかさぶたの様なものができ、ほっておいたら中々治らず、そのうちに汁の様なものが出てきました。
3週間ほどして皮膚科で診察を受けたら「脂漏性湿疹」と診断されました。

最初は「ロコイド軟膏」を処方されましたが、汁が少なくなってきたら「非ステロイド系」のフエナゾール軟膏を処方されて塗っていますが、中々症状が改善されません。

鉄道の仕事をしているので、帽子をかぶることが多いのですが、「汗取り部分」が患部と接触し、24時間勤務のため、症状が進んでしまうこともあり、一進一退を繰り返しています。

何とか、完治させる方法はないでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
脂漏性湿疹は慢性的で再発を起こし易い病気です。その原因ははっきりわかっていませんがマラセチアという真菌の感染が関係しているのではないかを考えられています。症状が完全になくなるまでロコイド軟膏を使用してください。その後、市販または処方の抗真菌剤である2%ケトコナゾールクリームを使用してください。
質問者: 返答済み 3 年 前.


ご回答有難うございました。


実は、本日ご回答を拝見致しましたが、ご回答を見る前に、かかりつけの医者(内科・外科医)に相談したところ、皮膚科を代えてみることを奨められました。


 


実際に代えて、診察してもらったところ、「『脂漏性皮膚炎』ではないが、病名は不明。ロコイド軟膏はともかく、フェナゾール軟膏なんか使っていてはダメ。」とのことで、グリメザゾン軟膏(サトウザルベ軟膏20%)とリドメックスコーワ0.3%を患部に一日2回塗りガーゼ又は大型絆創膏で覆い、一日一回ジルテック錠10を服用すれば、4~5日で治ると云われました。


 


一週間後に経過を見せに来るようにとのことでしたので、今月7日に経過を見せに行く予定です。


現状、以前のフェナゾール軟膏使用時より良くなっているような気もしますが、今後どうなるか、といったところです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
報告ありがとうございます。その写真をここに添付できますか。もし、そのやり方がわからなかったら係の者にメールで訊くか、係の者にメールで写真を送って私に転送してもらってください。
病名は不明なのでその皮膚の生検はしませんでしたか。
カユミ、痛みがありますか。
何かきっかけのようなことに気ずいていますか。
病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
他に薬をのんでいますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

取り急ぎの回答を致します。


皮膚の生検はされませんでした。


皮膚科を変えるまでは、患部に多少のかゆみがあり、その部分の皮膚が固くなって、時々黄色い汁が出ることがありましたが、今回処方された薬を患部に塗布し、ジルテックを服用して4日目になりますが、皮膚の固さがほとんどなくなり、汁も出なくなりました。かゆみも引いてきました。


 


病気については特に心当たりはありませんが、鉄道の仕事をしており、当務時は睡眠時間が少なく(3時間弱)、生活リズムが不規則です。


手術は尿路結石のみです(8年前)。


他に服用している薬は、以前「うつ病」に罹って以来、現在は抗鬱剤は服用していませんが、睡眠薬は服用しています。


(デパス・ロヒプノールを常用、マイスリー・ハルシオンを用途によって使い分けています。)


その他、降圧剤として一日一回「プレミネント」を服用しています。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
汗取り部分とその部分が触れることから刺激性接触皮膚炎であるかもしれません。今に治療をつずけてください。その部分が完治したら予防のために汗取り部分が直接その部分を接触をしないように工夫してみてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答有難うございます。


本日、患部の経過を見せに皮膚科へ出かけました。


 


結果、大分回復しているので、グリメザゾン軟膏(サトウザルベ軟膏20%)は塗布する必要はなく、夜の睡眠前のみに、リドメックスコーワ0.3%を患部に塗りガーゼ又は大型絆創膏で覆う処置と並行してジルテックの服用(1日1回)を1週間~10日続ければ、治療はひとまず終了とのことでした。


 


患部の皮膚の赤い腫れと痒みはおかげさまでほぼ引きました。


 


後は業務中、制帽の内側の汗取りが患部に当たる部分にガーゼをテープで貼って直接当たるのを防ぐ措置を採る様に、とも云われました。


 


ともあれ、最初の皮膚科で処方された薬で一月半ほど症状が改善せず、別の皮膚科で処方された薬で丸5日で大方回復したとはどういうことなのでしょうか?


最初の皮膚科のDr.の診断&患部処置が不適当であったということなのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
完全に治りきるまでにロコイド軟膏を止めてフエナゾール軟膏に変えてしまったことが一つの原因です。他の原因は汗取り部分と接触を防ぐ処置をしなかったことです。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問