JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

以前リボトリールの断薬について質問した50代女性です。頂いた回答のとうり、現在0,1%0,6gを11月から0,55g

質問者の質問

以前リボトリールの断薬について質問した50代女性です。頂いた回答のとうり、現在0,1%0,6gを11月から0,55gに減らしています。 現在の症状としては、午後になると頭がぼーっとしてきて、1から2時間眠り、起きると頭痛、頭重感が強いです。夜はまあまあ眠れていますが、少し浅いです。
ジェイゾロフトは一日1錠服用しています。                                     
来月からリボトリ-ルを0,5gに減らしたいのですが、半減期の長い薬と併用で減量しないと、無理かなと思います。
その場合どのようなプログラムで進めていったらよいのか、具体的におしえて欲しいです。
4月にはアルバイトも始まるので、午後もう少し動けるように調整したいです。
よろしくお願いします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

前回のご質問にお答えしたのは私だったでしょうか?

断薬についてのご質問にたくさんお答えしているもので……

確認させていただけますと幸いです。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

こんばんは。よろしくお願いします。以前も猫山先生でした。3か月ごとに0.05gずつ減らすようにアドバイスされました。日によって調子良い時と悪いときとあり、ものわすれも多く 最近活動能力が落ちています。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

以前にいただいたのは以下のご質問だったでしょうか?
http://www.justanswer.jp/medical/81wc7-50.html
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい。その通りです。 あと前回測ったクロナゼパムの血中濃度ですが、昨年10月11日で10でした。 その前の2011ねんは9.1です。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
返信が遅れ申し訳ありません。

前回のご質問では、リボトリールを0.6mg服用されている状態で「朝は6時ごろ起床できますが、日中はぼーっとして、午後2時間くらい眠らないとすっきりしません」とのことで「リボトリールが効きすぎているのでしょうか?」というお問い合わせをいただいていました。

今回、相談者様は、「現在0,1%0,6gを11月から0,55gに減らしています。 現在の症状としては、午後になると頭がぼーっとしてきて、1から2時間眠り、起きると頭痛、頭重感が強いです」とご記載されています。

文章だけを見比べると、リボトリールを0.6mg服用されていた3か月前と、0.55mgに減量した現在とで、相談者様の状態は変わっていない(≒離脱症状が起きているわけではない)ように思われます。
つまりこのまま、前回お示しした方法で減量を続けてもいいのではないかと考えますが、相談者様の実感としては、0.6mgと0.55mgとで服用感に差異があるのでしょうか?

まずこの点を確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

眠気等の症状的には余り大差はない状態です。ただ減量を始めてから1週間後位に強いイライラや頭の締め付けられる感じ、頭重感があり、0,6gに戻し四日後からまた0,5gにしました。その後も気分が悪い時は、0.6g服用してます。{減量を始めてから今までに12回}   この症状も離脱の経過上しかたないのかと思い、我慢しています。             

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

リボトリールを0.05mg単位で減らしても離脱症状が現れるということであれば、仰る通りに、リボトリールのままで減薬をするのではなく、リボトリールを他剤に置換してから、その他剤を置換する方法をとるのが安全策だと言えるでしょう。

アシュトンマニュアルを鵜呑みにするわけではありませんが、ジアゼパムへの置換をまず行うことをお勧めします。
前回の回答でも述べましたように、相談者様の場合は、ミオクローヌスの再発が起こりえますので、リボトリールは0.15mgまでしか減量できません。
よって、0.6-0.15=0.45mgをセルシンに置換した上で減量することになります。

リボトリール0.45mgはセルシン9mgと等価ですので、まずこの量を目安にリボトリールをセルシンに置換します。
http://www.oct.zaq.ne.jp/afalx209/hataclinic/medicine/kouseibun.html

ただし、置換そのものも一気には行わずに、
リボトリール0.40mg セルシン1mg
リボトリール0.35mg セルシン2mg
リボトリール0.30mg セルシン3mg
……という段階を経て、リボトリールをセルシンに置換します。経験的には、それぞれの段階に2~4週間程度かけた方がよいと思います。
セルシンの血中濃度が安定するまでに数日はかかりますし(定常状態に到達する時間は若齢成人の4日~老齢者では19日)、「リボトリールでは抑えられるけれど、セルシンでは抑えられない症状」が顔を出さないかを確認するためでもあります。

リボトリール0.45mgのセルシン9mgへの置換が終わった後に、身体的・精神的状態が安定していることを確認した上で、0.5mg刻みくらいで減量していきます(これも私の経験から導き出したペースです)。2~4週間ごとに0.5mgの減量を行うのがよいでしょう。減量幅、それぞれのレベルのスパンをどれくらいにするかは、離脱症状の出方を目安に調整します。機械的に減らしていくのは失敗のもとです。
よって恐らく、リボトリールをセルシンに置換し、減量・中止するまでに1年近くはかかるでしょう。
しかしそれは、特に相談者様の場合、必要な時間だと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご一読いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご一読いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご一読いただけますと幸いです。

医療 についての関連する質問