JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ここ1週間ほどで急に発音、嚥下障害がひどくなりました。病院はどこを受診するがよいでしょうか?  57才 男性 です。 1011年春頃~ 食事時耳下腺あたりの痛み 中耳炎症状

解決済みの質問:

ここ1週間ほどで急に発音、嚥下障害がひどくなりました。病院はどこを受診するがよいでしょうか?
 57才 男性 です。

1011年春頃~ 食事時耳下腺あたりの痛み 中耳炎症状等で耳鼻科受診加療

2011年10/7  ガンセンター受診 副咽頭腫瘍悪性or耳下腺悪性腫瘍 T4と診断される。
     11/初 兵庫重粒子医療センターにて照射加療 12/14退院

2012年1月   中耳炎症状全く改善なく 鼓膜にチューブ装着
          Ts-1を服用開始 以降2年間

     3月   顎関節開口時痛みあり 照射の副作用
    
     9月   原発腫瘍、リンパ節ともに 腫瘍として確認されないレベルに改善

2013年3月   2/8のPET結果で左首下部に反応 リンパ切除手術施行
          組織検査の結果腫瘍ではなかった
          軽い顔面マヒ症状が出始める。
          顔面マヒは左首から肩部への筋肉負荷がかかると瞬間マヒもしくは痙攣?
          その後日に何度も1~2分の痙攣継続中

     9月   軽度の声枯れや喉の違和感あり 継続中
舌の奥の圧迫感あり ガンセンター画像検査異常なし

2014年1月   喉の圧迫感あり
          舌の奥の圧迫感増悪あり 発音、嚥下等軽い困難あり
     1/14 咽頭ファイバーにより わずかの腫れ痰等あり 表面上腫瘍等の形跡なし
          グレービット ムコソルバン処方
    
     1/18 自覚症状症状改善なし 耳鼻科医師によると腫れは少し改善傾向 
     
     1/19  2~3日で明らかに症状悪化
          食事の嚥下がかなりつらくなる 水も用心しないとむせる
          発音が上顎裂溝の人のような感じで鼻に空気が抜けるように聞こえる。


 現在通院中の耳鼻科以外で 原因やアドバイス等いただきたいのですが、どこへ行けばよいのか  わかりません。
 ガンセンター 次回定期検査 MRI は2月21日の予定です。
 
 妻代筆にての質問です。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「2014年1月   喉の圧迫感あり
          舌の奥の圧迫感増悪あり 発音、嚥下等軽い困難あり
     1/14 咽頭ファイバーにより わずかの腫れ痰等あり 表面上腫瘍等の形跡なし
          グレービット ムコソルバン処方
    
     1/18 自覚症状症状改善なし 耳鼻科医師によると腫れは少し改善傾向」
この時点で、耳鼻科医の判断は、構音障害と嚥下障害は「わずかの腫れ痰等」によるものであるということだったのでしょうか?

②「次回定期検査 MRI は2月21日の予定」とのことですが、これはどの部位のMRIを撮影される予定でしょうか?

③2013年「9月   軽度の声枯れや喉の違和感あり 継続中」の原因については説明は受けられていますか? また、今回の構音障害と嚥下障害は、この2013年9月の症状が悪化したもののようですか?

④ご主人に副咽頭腫瘍悪性or耳下腺悪性腫瘍以外の持病や常用薬があれば教えて下さい。特に、血糖値や中性脂肪、コレステロール、血圧などの高値を指摘されたことはありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。よろしくお願いします。


 


耳鼻科医の判断は、構音障害と嚥下障害は「わずかの腫れ痰等」によるものであるということだというような説明でムコソルバンがタリオンに変わり 様子見とのことでした。


 


次回MRIは頭頸部だと思います。


 


軽度の声枯れや喉の違和感あり 継続中」の原因についてはガンセンターでは 照射やその後のリンパ節切除などの影響であろうといわれました。


 


今回の構音障害と嚥下障害は、この2013年9月の症状が悪化したもののようですか?


特に悪化の理由も思いたたらないのでそうなのではないかと思います。


 


持病はとくに何もありません。


照射と抗がん剤使用の影響以外 血液検査も正常でした。


去年の7月以降抗がん剤も飲んでいません。


現在耳鼻科の中耳炎治療のみです。


癌の再発も今のところ落ち着いているので 3か月に1回の定期健診となっております。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

神経内科を受診することをお勧めいたします。

既にご主人は「顔面マヒ症状」をお持ちとのことですが、これは顔面神経の障害があることを意味します。
顔面神経はまた、嚥下や発語機能の一部を司る神経でもありますので、顔面神経の障害が進行している可能性をまず考えます。
一般論として、頭頸部がんでは、その症状として、もしくは治療の合併症として、構音障害・嚥下障害が起こりやすいのです。
http://gansupport.jp/article/cancer/head_and_neck/2990.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

しかしながら、「ここ1週間ほどで急に発音、嚥下障害がひどく」なったという経過は、単なる顔面神経麻痺の進行だけでは説明が難しい経過です。
脳梗塞のような、進行が速い病態も念頭において、診察・検査が行われる必要があると考えます。
http://st-piro.sakura.ne.jp/dysathria.html

上述した病態のどちらも、神経内科で評価・診断、可能なものならば治療を行うことができます。
出来れば兵庫重粒子医療センターから紹介状をいただいて神経内科を受診されるのがよろしいかと存じます。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問