JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

亜急性壊死性リンパ節炎と、悪性リンパ腫の違いを教えて下さい。又、その発症確率も教えて下さい。

質問者の質問

亜急性壊死性リンパ節炎と、悪性リンパ腫の違いを教えて下さい。又、その発症確率も教えて下さい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
亜急性壊死性リンパ節炎はまれな良性のリンパ節の炎症です。その原因はわかっていません。頸部のリンパ節の腫大と発熱をその特徴とします。40歳以下の方に多いです。疲労、関節痛、発疹、関節炎、肝脾腫大、寝汗、嘔気、嘔吐、体重減少、下痢を起こすこともあります。その症状はふつう4ヶ月以内になくなります。重症や持続性の場合はステロイドで治療します。ヒドロクロロキンが有効であったという一つの臨床報告があります。その患者は全身性エリスマトーデスという膠原病を起こす可能性があるので数年間定期的に受診することが必要です。時々、多年にわたり再発を繰り返すことがあります。発症確率は1972年に見つけられた病気で統計的な頻度は報告されていません。
悪性リンパ腫は病気と闘う免疫に関係するリンパ系の悪性腫瘍でホジキン細胞の有無でホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分類されます。10万人に4人から1万人に2人方におこります。ホジキンリンパ腫の症状は痛みのないリンパ節の腫大、疲労、発熱、寝汗、体重減少、咳、呼吸困難、胸痛、食欲低下、掻痒感、飲酒の後のリンパ節の痛みがあります。抗癌剤療法または放射線療法が必要です。15-34歳と55歳以上の方にその発生のピークがあります。非ホジキンリンパ腫の症状はリンパ節種大、腹痛、胸痛、咳、呼吸困難、疲労、発熱、寝汗、体重減少です。その進行がゆっくりであれば治療は待つことができます。治療としては抗癌剤療法、放射線療法、リツキサン、放射線で標識した抗体です。50歳以上の方に起る頻度が高いです。

医療 についての関連する質問