JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14295
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

63歳女性です。 お正月過ぎから右足(太もも上部内側)に軽い痛みが常にあります。 外見上は何もありませんが、手で

質問者の質問

63歳女性です。
お正月過ぎから右足(太もも上部内側)に軽い痛みが常にあります。
外見上は何もありませんが、手でさわると血管に少しあたるものがあります。
現在ゼチーア10ミリグラムを毎夕食後1錠服用しています。
火曜日に近くの掛かりつけ医院に行った方が良いか又は血管外科に行った方が良いでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。

下肢に痛みや痺れがある場合、血管性の病態と神経性の病態の2つの可能性を主に考えなければなりません。
前者は動脈硬化のために血管が詰まって生じ、後者は腰椎のトラブルで脊髄から下肢に伸びる神経が圧迫されることでしょうじます。

相談者様の場合、高脂血症(=動脈硬化の危険因子)と静脈瘤(=血栓の危険因子)がおありとのことですから、第一には血管病変を疑われるべきでしょう。
この診断のためには一定の専門性を要しますから、心臓血管外科を受診されるべきでしょう。

その結果、血管性の病態が否定的であれば、整形外科(脊椎外来がある整形外科)を紹介してもらい、受診されるのがよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

評価をお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

評価をお願いいたします。

医療 についての関連する質問