JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

小学校3年生の息子のことで、相談させてください。 ここ1年以上体重が全く増えていません。 少食ながら食べています

解決済みの質問:

小学校3年生の息子のことで、相談させてください。
ここ1年以上体重が全く増えていません。
少食ながら食べていますし、下痢などもありません。
身長は成長曲線どおり伸びているため、どんどん細くなり
今は学校の何とか指数(名前がわからずすいません。)が-25%になり、
裸を見ると痛々しいほどです。
何か病気でしょうか。どの様な病気が考えられますか?
設備の整った大きな病院で診てもらったほうがいいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①体重が増えないこと以外に、ご子息は、疲れやすい、体力が無い、貧血気味であるといった、低栄養を思われる症状がありますか?

②少食とのことですが、どれくらい食べているでしょう(例えば給食は完食していますか?)。食事量を増やすことは難しいそうですか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.


今のところ、具合の悪そうなところはありません。


去年の夏にスーパーで少し吐いたのをきっかけに


食事をするとつまるのではないか。また吐くのではないかという思いが


どこかにあるのか、夏は死ぬんじゃないかと思うほど食事を取らず、今以上に痩せていました。今は、夏以前に比べると食は細くなりましたが、家では、中1の姉とそれほど変わらないくらいたべています。でも、給食は2学期からほとんど食べれていません。家に帰ってくると、おにぎりやパン、果物、ヨーグルトなど食べています。


 


その頃から私も体重を気にするようになり、学校の身体測定カードをよくよく見ると


1年以上体重が変わっておらず(夏よりは増えたのですが)、


食べてる割に一定以上から全く増えないので心配しています。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

つまり、「食べているにも関わらず体重が増えない」のではなく、「食事をするとつまるのではないか。また吐くのではないかという思い」があるために食事量が減り、体重も増えないということではないでしょうか?

食事をするとつまるのではないか。また吐くのではないかという思い」はまだあるようですか?
これは、嘔吐恐怖という、恐怖症の一種である可能性があります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございます。


 


そのようになったのは夏からで、体重が増えていないのは1年以上になります。


以前から食事量が足りなかったのでしょうか。


 


つまるのではないか、吐くのではないかという思いは多少あると思います。


以前はバクバク食べていたししゃもなども骨が気になり食べれませんし、


正月に会った事のない親戚たちとの食事のときは、一口も食べれませんでした。


精神的なことで体重が増えないということもあるのでしょうか。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

成人でもしばしば認められるように、ストレスで体重が減少することはありますが、ご子息の場合は、育ち盛りのご年齢であるにも関わらず、摂取カロリー量が十分ではないために体重が増加しない可能性が高いと思われます。

まずは中規模以上の総合病院に入っている小児科を受診されて、体重減少の原因となる消耗性疾患(甲状腺機能亢進症など)の有無の確認と、栄養相談を受けられるべきだと考えます。

身体的な異状がみつからず、嘔吐恐怖症のために食事量が増やせないのであれば、嘔吐恐怖症に対する治療(カウンセリングなど)が必要になります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/嘔吐恐怖症

その場合は、小児科から、児童精神医学の専門施設を紹介されることになると思いますので、それに従って受診され、治療を受けられることをお勧め致します。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問