JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは 74歳の女性です。 約二か月前に「自己免疫性溶血性貧血」と診断されました。 現在入院中で「プレドニン

解決済みの質問:

こんにちは
74歳の女性です。 約二か月前に「自己免疫性溶血性貧血」と診断されました。
現在入院中で「プレドニン5㍉」を1日50ミリを服用しておりますが入院時は8.3でしたが二週間たった今は段々下がってきて今は6.9まで下がりました。
これでは説明不足で分かりにくいと思いますが他に治療法はないでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①8.3とか6.9という数字はヘモグロビンの値のことですか?

②主治医はどのような治療方針を示しているでしょうか。

③主治医は血液内科の専門医ですか? 受診されている病院はどれくらい規模の医療機関でしょう。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

僕も詳しいことは分かりませんが数字はヘモグロビンの事ではないかと思います。


今後の治療方針はプレドニンが効かないようだから脊髄から採血して検査をやり直してみると言われました。


主治医は血液専門医のようです。


病院は福岡済生会総合病院です。


よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

恐れ入りますが、重ねて確認させてください。

④相談者様と患者様(74歳・女性)のご関係を教えて下さい。離れて暮らされているご家族が、伝聞情報に基づいてご質問をなさっていると理解してよろしいですか?

⑤自己免疫性溶血性貧血の治療方法はさほど多様ではありません。自分の免疫が赤血球を壊すために起こる自己免疫疾患ですから、免疫を抑えるステロイド、もしくは免疫抑制剤による治療が行われます。血液を壊す働きをする脾臓を摘出することもあります。……この程度の回答でよいのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

返信ありがとうございます。


僕は患者とは昔からの知り合いで今はどちらも独身生活で親しくしております


現在は毎日見舞いに行く程度です。


 


脾臓を摘出すれば血液破壊の進行は完全に止められるのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

残念ながら、脾臓を摘出しても、この患者様の「血液破壊の進行」は完全には止まりません。

血液には造血サイクルと呼ばれるものがあります。
http://www.hinketu.sakura.ne.jp/l-2.html
http://health.merrymall.net/cb08_02.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

赤血球は骨髄で造られ、約3か月間血液の中で体内に酸素を運搬する機能を司り、老化すると分解されます。

脾臓はこの老化した赤血球を分解する器官の一つです。
脾臓摘出は、この赤血球の分解を減らすことで血液中の赤血球数を維持する目的で行われます。しかし、効果は限定的ですし、対症療法にしか過ぎません。

自己免疫性溶血性貧血は、3ヶ月間の赤血球の寿命が尽きる前に、「働き盛り」の赤血球が自己免疫によって攻撃・破壊されてしまう疾患です。よって、根本的な治療は免疫抑制なのです。
この患者様の場合は、この治療が効いていないわけです。

「脊髄から採血して検査をやり直してみる」と主治医が言っているのは、プレドニンが無効であることを受けて、診断の見直しを図っているのだと思われます。
骨髄(おそらく、主治医は、「脊髄」ではなく「骨髄」と言ったであろうと考えます)は造血器ですから、自己免疫性溶血性貧血とは関係がありません。
造血器に問題があれば、十全な機能を有した十分な数の赤血球が作られなくなることがあります。これによって、自己免疫性溶血性貧血とはまた別のタイプの貧血が起こります。
骨髄を検査するということは、この、別のタイプの貧血の可能性を、主治医が疑っているということだと思われます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をお願いいたします。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問