JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2週間前に左膝の上に2キロの冷凍品を1時間位 上げていたところ立ち上がるとき痛みを感じ 整形で診察してもらったと

解決済みの質問:

2週間前に左膝の上に2キロの冷凍品を1時間位
上げていたところ立ち上がるとき痛みを感じ
整形で診察してもらったところ膝横に血がたまっていると
血はぬいてもらいMRIの結果は骨に異常はないト診断されました   
歩くと膝横が痛みます
3ヵ月に2回位ヒアルロンサンを打っています
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①「2週間前に左膝の上に2キロの冷凍品を1時間位上げていた」という状況が想像できないのですが、どうしたそのようなことをされていたのでしょう。

②MRIで半月板や軟骨、靭帯には損傷は認められなかったのでしょうか?

③「3ヵ月に2回位ヒアルロンサンを打って」いるのは何故でしょうか。もともと膝が悪く、それが2週間前から悪化したということですか?

④今回、このご相談でご質問になりたいことを具体的に教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①冷凍の食品を購入しバスに座って遠距離で1時間位です


②靭帯は聞きませんでした 軟骨は減っているのは以前からです


 


が時々少しの痛みがあるときヒアルロン酸をうっていましたが


歩行階段の上り下りは問題ありません


④靭帯の損傷その他血管が切れるなど医師は湿布を貼るように


いいましたが歩行が大変なので自分でどのように手当したら


よいのかお知らせ願います

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

⑤つまり相談者様は変形性膝関節症を患われているということですね? 何歳時からでしょう。

⑥身長と体重を教えて下さい。

⑦膝の手術を勧められたことはありませんか?

⑧痛み止めは処方されていないのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

⑤変形性ひざ関節症と診断されたのは75歳位です
⑥身長152cm体重54kg


⑦ありません


⑧ありません

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

変形性膝関節症は、加齢に伴い膝関節が軟骨がすり減って膝関節に炎症が生じ、関節が変形をきたして疼痛が生じる病気です。

膝関節は体重がかかる「荷重関節」ですので、変形は日常生活の中で進行していきます。
すり減った軟骨が再生することはありません。
つまり、変形性膝関節症は、進行する一方で、決して治ることがない疾患であると言えます。
重症例では、従いまして、人工膝関節置換術が必要になります。

相談者様の場合、もともと「歩行階段の上り下りは問題」無かったとのことですし、手術の提案をされたこともないとのことですから、変形性膝関節症としては軽症~中等症であったのだと考えます。

2週間前のエピソードがどのように悪さをしたのかは判じかねますが、そこで相談者様の膝に何ごとかが起こったのは確かです。
変形性膝関節症が悪化したと考えられます。

関節腔内出血を伴われていますから、靭帯か軟骨の損傷が起きた可能性が高いと考えます。
その炎症による痛みを鎮めるためにご自宅で出来ることは、クーリングと鎮痛剤の服用です。

湿布の貼用を指示されたとのことですが、実のところ変形性膝関節症に湿布は効きません。湿布の成分は軟骨にまでは届かないからです。氷嚢を使って15~20分程度、1日2~3回冷やしてください(凍傷にお気を付け下さい)。
これが、関節内の炎症を抑えるうえでもっとも確実な方法です。

もうひとつは鎮痛剤の服用です。こちらの方が即効性があるでしょう。
一般的には変形性膝関節症の患者様には鎮痛剤が処方されますが、相談者様の場合は軽症と見做されていたためか処方されていなかったのかもしれません。
薬局で、カロナール(成分名:アセトアミノフェン)というお薬をお買い求めになり、用法・用量に従って服用されて下さい。
次回整形外科受診時に、鎮痛剤の処方について主治医と相談されてみるのもよいでしょう。

この2つの処置で歩行は楽になると思いますが、ダメージから回復するのには今後2~3週間を要するかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございました


もう1つお聞きしたいのですが30年来週2回


水泳に行っています 泳ぎは大丈夫でしょうか


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

本来は水泳は変形性膝関節症に対してプラスに働きます。
水中では膝に掛かる負担が減りますし、膝周りの筋肉が付くので関節が安定し、軟骨がすり減りにくくなるからです(相談者様の膝の状態が良好なのはこの水泳の習慣のためもあるかもしれません)。

ただ、現在は一時的に関節症が悪化して炎症が起きている状態ですので、この痛みが治まるまでは水泳は控えられた方がよろしいかと存じます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問