JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

足の親指外側が痛い

解決済みの質問:

足の親指外側が痛い
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

5番目の腰椎にすべり症があるということですから、第5腰髄神経(L5)が圧迫を受け、この神経が感覚を司る足の親指に痛みが起こることはあり得ると思います。
http://www.octls.com/derl.jpg
↑↑↑クリックしていただくと画像が開きます↑↑↑

少し補足情報を下さい。

①「足の親指外側が痛い」とのことですが、これは両足ですか?

②「ら4千歩以上歩くと腰と大腿筋が張り歩くのが困難になる」とのことですが、前かがみになって休むと回復するのではありませんか?

③すべり症では整形外科にかかられていないのでしょうか。かかられているとしたら、脊椎専門の整形外科にかかられていますか?

④相談者様のご年齢を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①両足です。


②回復しません。3千歩でもなります。


③脊椎専門か不明です、市立病院の整形外科です。手術よりリハビリとのことです。紹介のリハビリ整形外科では投薬だけです。


④89歳9か月です。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

⑤相談者様は腰部脊柱管狭窄症を呈されているのではないかと思われますが、この病名を主治医から聞かされたことはないでしょうか?

⑥親指外側の痛みや歩行困難が現れたのはいつ頃からですか?

⑦持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

⑤持参したC/Dをリハビリ整形外科の先生が見て伝えられました。


⑥2か月前ごろからです。 ⑦ランブラゾールCD錠。ユーロジン2mg錠。


 


カルフィーナ錠。アスパラーca錠。マグミツト錠。ボナロン錠。バイアスピリン錠。テレミンソフト坐薬。メコバラミン錠0.5mg。ノイロトピン錠4単位。


ユリーフ錠4mg。


.


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。

脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、黄色靭帯骨化症といった複数の理由によって起こる狭窄の総称です。
いずれの疾患も加齢に伴う背骨の変形、もしくは、背骨のずれ、軟部組織の骨化によって生じますので、進行することはあっても、非手術的治療で治ることはありません。
操舵者様の場合は、「腰椎すべり症による腰椎脊柱管狭窄症」ということになります。

リリカ(神経因性痛治療薬)の他、相談者様の使用されているノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(=メコバラミン。ビタミンB12)や、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、 運動療法やブロック注射といった対症療法が行われますが、次第に進行し、最終的には手術が必要になります。

ただ、相談者様の場合、ご高齢ですので、手術適応かどうかは、種々の検査を受けられて、手術が可能な状態かどうかを判断される必要があるでしょう。

手術をするにせよ、保存的治療を続けるにせよ、最善の治療方法を選択するためには、脊椎脊髄専門医を受診されるべきです。
骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです(脳神経外科でも扱われる領域です)。
脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
評価をお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

質問に回答するときに誤って89歳9か月と回答しましたが、正しくは79歳9か月です。 この年齢でご回答下さい。


その回答を待って評価させて下さい。


 


この手順については、


追加の料金が掛らない旨ユーザーサポートに確認済みです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

89歳9ヶ月と79歳9ヶ月というご年齢の違いは、回答内容に影響を及ぼしません。
いくらか、手術が行いやすくなるかもしれませんが、「手術をするにせよ、保存的治療を続けるにせよ、最善の治療方法を選択するためには、脊椎脊髄専門医を受診されるべき」であることに変わりはないからです。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問