JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14137
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

姉がパニック障害と診断され治療を受けていますが、だいぶ症状は収まってきているようで、薬の量も減ってきているようです。

解決済みの質問:

姉がパニック障害と診断され治療を受けていますが、だいぶ症状は収まってきているようで、薬の量も減ってきているようです。ただ、最近気になる症状が出てきているようで、心配しています。
義兄から聞いた話なのですが、姉は義兄に、自分の実家の家族ともっとうまく付き合ってほしい、と思って いるようで、そのことで喧嘩になることが増えているそうです。喧嘩になると毎回、ヒステリックに「離婚する」と叫んだり、暴れるというのです。義兄や義兄の家族のことまで罵るといいます。元々、人一倍家族思いの姉なので、実家の家族(母やもう一人の姉家族)に気を遣っているのは分かるのですが、義兄から聞く状況は、私の知っている姉とは程遠い姿で信じられません。私たちの前ではいつもの姉で、そんな表情は一切見られません。でも、義兄が話してくれることが嘘とも思えません。義兄は、私にしか話していないようで、話していることを姉には言わないでくれ、と言われているため、直接姉と話すこともできません。
どう考えても通常の姉ではなく、病気なのではないかと考え、ネットで調べているうちに、解離性障害という病気に行き当たりました。上記のようないわゆるヒステリーの症状も含まれるのか分かりませんが、パニック障害であることもあり、何らかの関係があるのではないかと思えます。義兄は病気が原因とはそれほど思っていないようで、一方的にけなされることに我慢も限界と言っていて、仲の良いはずの家庭が崩壊してしまうのでは、と心配でなりません。
以上の状況から、どう判断されるでしょうか。足りない情報があれば追記いたします。また、病気だとしたら、治療法や症状を緩和させるための対策があれば、どうかアドバイスをお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

私はご記載を拝読して、お姉様は「賦活症候群」を呈しているのではないかという印象を受けました。
パニック障害の治療では多くの場合、抗うつ薬と精神安定薬による薬物療法が行われます。
この抗うつ薬の投与によって、不安、焦燥、易刺激性、衝動性、敵意、軽躁といった症状を主徴とする副作用を呈することがあるのです。
http://umibeno-mori.com/sickness/2673.html

少し補足情報を下さい。

①お姉様は「ヒステリックに「離婚する」と叫んだり、暴れ」たことを忘れてしまっているでしょうか?

②お姉様がパニック障害に対して処方されている薬物の内容はわかりますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生、ご回答ありがとうございます。


補足の返信が遅れ申し訳ありません。


 


義兄によると、


①暴れるというほどのことはないが、仕草がかなり荒くなる。そのことは後からも覚えています。


②薬は今は飲んでいないので分からない。


とのことでした。(姉に直接確認できないため、正確な情報がお伝えできず申し訳ありません)


 


義兄は、「ヒステリーは元々だと思う。自分に失望しているだけだろう。」と言っています。結婚生活でどうかは分かりませんが、私は子どもの頃から一緒に過ごしてきた限り(また、結婚後も一緒にいるとき)は、ヒステリックな面はあまり見たことはありません。また、最近そのような話を義兄から聞くまでは、(やはり家族のことで喧嘩になることはあったようですが)夫婦仲も円満で、このようなことはなかったと認識しています。


ちなみに、姉は、元夫が亡くなったことを人づてに知った後、パニック障害を発症したのですが、心療内科に通い薬を服用し始めたのが10ヶ月ほど前で、今ではほとんど症状は収まっているようです。


 


参考になるか分かりませんが、勝手ながら追記させていただきました。よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

精神医学におけるヒステリーとは、日常会話における「ヒステリックになること」とは異なります。
ヒステリー=解離性障害であって、ご自身が解離状態になって平素とは異なる言動を呈している間の記憶が無くなる(解離する)ことが特徴です。
よって、お姉様が呈されているのは解離性障害ではありません。

既に服薬を止めているのであればお薬の影響でも勿論ないでしょう。

このサイトでは、実際に患者様を診察できませんし、検査所見も拝見することができません。文章で得られる情報が全てですので、十分な情報が得られない場合は十分な回答ができない場合もございます。

相談者様は、お姉様と離れて暮らされているということですから、精神医学的な状況も、ご主人との現在のご関係も、十分にはご存知ではないのではないでしょうか。
率直に申し上げて、現在のご質問分のご記載からではご満足いただける回答はできません。

このサイトは相談者様にプラス評価をいただかなければ専門家は報酬を得られないシステムです。
十分な情報をいただけるか、不十分な情報に基づく不十分な回答で作業量に見合う評価をいただけるか、そのどちらかを了承していただかない限りは、回答作業が徒労に終わってしまうわけです。

相談者様がご存知のお姉様とは人が違ってしまったようになる状態を精神医学的に説明できないか、というのがこのご質問の趣旨なのだと理解致します が、ここまでいただけている情報だけでは、お姉様の現ご主人の「ヒステリーは元々だと思う。自分に失望しているだけだろう」以上に真実に迫る回答をお示し するのは難しいと思います。

さらなる情報をいただければ、あるいは、別の回答をお示しできるかもしれませんが、現状ではこれが私がお示しできる回答ということになります。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14137
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問