JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

いつも不安感があり、動悸がしています。一旦、治まることはあっても考え事をしたりするとまた動悸が始まります。特に、病気

解決済みの質問:

いつも不安感があり、動悸がしています。一旦、治まることはあっても考え事をしたりするとまた動悸が始まります。特に、病気に関しての不安が多く、ドクターショッピングを繰り返している状況です。最近は調子もよく安定していたのですが2ヵ月ほど前に急に顔が火照りどんどん熱くなるという
現象が起きてか ら原因がわからず、またドクターショッピングをしていました。一度、落ち着きかけていたのですが1週間程前に人間ドックがあり、血糖値が高く、糖尿病予備軍と言われてしまい、とても恐くなり余計に動悸と不安感が増してしまいました。
特に太っているわけでもなく血液検査の他の項目もすべて良いのですが、血糖値とその他糖尿病と判断する項目が2つ基準値をオーバーしていました。
ストレスも原因と言われ、食事制限はできても不安感からくるストレスが解消できなくて不安でたまりません。血をきれいにする機能が一番回復できないのではないかと思い動悸が止まりません。このままでは本当に糖尿病になってしまうと不安でたまらず、何も手に付かず、正月で病院もやっていないのでどなたか安心できるアドバイスをお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①これまでに精神科・心療内科受診をされたことはないのでしょうか? もしくは勧められたことは?

②「安心できるアドバイス」とはどういう意味でしょう? 糖尿病に関してのアドバイスを求められているのでしょうか? それとも過剰な不安についてのアドバイスを求められているのですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

5年位前に精神科に通いました。2ヶ所。どちらも安定剤等の薬の処方がメインで、相談はあまりしませんでした。最近は1年に1回位のペースで不安になる時期があり、今がその時です。薬で不安が軽減されるなら精神科も考えていますが、今の不安原因が解消されないことには落ち着かないので糖尿病に関してのアドバイスをメインにして欲しいです。予備軍から完全な糖尿病になるまでどのくらい猶予があるのか?


食事療法や運動で、改善できそうなのか?ストレスが糖尿病にどの程度関係あるのかなど、です。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

相談者様の精神科的診断は「心気症」ということになろうかと存じます。
お薬はあまり効きませんから、相談者様は適切な精神科医療機関を受診されていなかったということになると思います。

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における心気症の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

【診断基準】

1. 頭痛や胃痛といった、ささいな心身の不調を誤って 解釈し、「重い病気にかかるのではないか」または「重い病気にかかっている」と思いこんでいる。 検査などで医学的に違うことが明らかになっても、考えを変えられない。

2. 1の確信は妄想のような頑固さはない。また、醜形恐怖のように、 外見についての心配とは限らない。

3. 1のように確信しているために強い苦痛を感じていたり、社会的、職業的、 そのほか重要な場面で支障がある。

4. この状態が6ヶ月以上、続いている。


いわゆるドクターショッピングのもとになる疾患の一つであり、多くの診療科の医師がこの病気を知っています。

この疾患の治療については、「森田療法」的アプローチが有用だと言われています。すなわち、
①基本姿勢は「不安があっても普通の生活」。つまり、身体の病気に関する不安があっても、学生ならば学校に休まず通って勉強し、会社員なら会社に行って仕事をする。家に引きこもっていると自分の身体に意識が向きやすくなるからです。

②精神科主治医の許可なく病院受診はしない(マッサージ等も含みます)。しかしそれで仮に身体疾患が見落とされた場合でも患者様ご自身の自己責任。他科受診は、身体疾患を有しているかもしれない、という不安を増強する結果になります。

③①や②が守れない場合は治療終結もありうる。

というのが治療方針ということになります。

つまり、相談者様はここまで、心気症を良くする方向の受診行動をされてこなかったことになります。

ここ(インターネット相談)で、私が「予備軍から完全な糖尿病になるまでどのくらい猶予があるのか?」「食事療法や運動で、改善できそうなのか?ストレスが糖尿病にどの程度関係あるのかなど」といったご質問にお答えすることは、ネット上でのドクターショッピングに他なりませんし、相談者笹間の心気症を悪化させる方向に働く対処です。
また、ここで私がお望みの方向で回答をしたとしても、次から次へと不安が湧いてきて、ここでの質疑応答はエンドレスになるでしょう。
そもそも、インターネット相談で不安が解消されるのであれば、ドクターショッピングなどはされないのではありませんか?
「糖尿病に関してのアドバイスをメインに」回答することは、相談者様にとってマイナスに働く対処であって、目先の報酬目的にそれに迎合して回答することは医療者として正しい対処だとは言えません。

この不安に耐えて、お正月明けに然るべき精神科医療機関を受診されるべきだと考えます。
相談者様はどう思われますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

確かにそうです。自分の事は良くわかっていて、自分にとって良い解答がされない限り、不安が増してお正月をパニック状態で過ごすと思います。


動悸や胸痛がしたら深呼吸をし、自分に何でもない、何でもないと暗示をかけるようにしたり、病院で検査したくなってもすぐ行くのでなくとりあえず何日か様子をみようと、思い留まるようにしています。今回は今まで何とも無かった血糖値が引っ掛かり、不安が増してしまいましたが、すぐにどうこうなるならその時に言われてますね。生活習慣を見直し、休み明けに精神科を受診してみます。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご理解いただきましてありがとうございます。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問