JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

甲状腺眼症と診断されてますが一年前から両目で見てると焦点が合わず片目だと焦点が合います。 甲状腺は24年9月に発症

解決済みの質問:

甲状腺眼症と診断されてますが一年前から両目で見てると焦点が合わず片目だと焦点が合います。
甲状腺は24年9月に発症し血液検査データは薬で正常範囲になりました
地元の大学病院では点眼薬で眼圧を下げる点眼薬のみです。
専門医にみてもらったら良いですか
東北地方に住んでますが専門医のいる病院か甲状腺眼症の専門医を教えてください
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。

まず、病院紹介・医師紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、特定の医療機関・医師の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院・医師紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。
ただし、特定の病院ではなく、専門医療機関や専門医のリストはお示しできる場合がございます。

甲状腺機能亢進症は、甲状腺に対する自己抗体が産生され、自己免疫が甲状腺を攻撃することで発症します。この自己抗体によって、甲状腺だけではなく、眼球の奥の筋肉や脂肪(眼窩組織)にも炎症が起こり、眼筋・脂肪組織の線維化と容積増大が生じます。その結果として眼窩組織に押し出されて眼球が突出し、この眼球突出が進行すると複視や角膜障害、視神経障害が起こることもあります。
この一連のプロセスを甲状腺眼症と呼びます。
相談者様は両眼性複視(「両目で見てると焦点が合わず片目だと焦点が合」う)がありますから、眼筋の問題が大きく、両眼の動きが同調しないのだと思われます。
甲状腺眼症で必ずしも甲状腺ホルモンの高値が認められるわけではありません。

よって、受診されるべきは、甲状腺の専門医ではなく、眼科専門医です。
「甲状腺眼症の専門医」という認定資格はありません。
眼科専門医は、日本眼科学会による認定資格ですが、同学会のホームページからは認定医の指名は検索できますが、医療機関は検索できません。
以下のサイトから、専門医が勤務する病医院を検索できますので、こちらから受診先をお探しになることをお勧め致します。
http://caloo.jp/hospitals/search/all/i12

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問