JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

扁桃炎が1ヶ月以上治りません。どうしたら良いでしょうか。11月20日から、扁桃炎で耳鼻咽喉科に通院してい

解決済みの質問:

扁桃炎が1ヶ月以上治りません。
どうしたら良いでしょうか。
11月20日から、扁桃炎で耳鼻咽喉科に通院していますが、抗生物質を種類を変えて飲み続けているのですが、よくなってきたな~と思うとまたぶり返すのくり返しで本日に至ります。
10年前に急性扁桃炎(高熱・扁桃腺が真っ白)になり、それ以来、年に2~3回扁桃炎になっています。
今までは、抗生物質を5日分+漢方薬を処方され、1週間程度で回復していましたが、今回は1ヶ月以上も治りません。
現 在の症状は、扁桃腺の腫れ、のどの痛み、微熱、だるさ、頭痛です。
今回は最初から早めに受診しているので、高熱は出ていませんが、ずっと微熱です。
処置・処方された薬
11月20日 点滴・メイアクト(5日分)・トランサミンカプセル・ブルフェン・うがい薬
血液検査異常なし。
11月30日 ルリッド錠(7日分・ムコダイン・ツムラ10・ネブライザー
12月 7日 ツムラ109(14日分)大分よくなったので漢方薬のみとのこと。
12月 9日 扁桃腺が腫れだし、37.6℃でたので再受診。
メイアクト(5日分)・トランサミンカプセル・ブルフェン
12月17日 サワシリン(7日分)・トランサミンカプセル・ブルフェン・ツムラ138
12月27日 サワシリン(5日分)・トランサミンカプセル・ブルフェン・ツムラ138(14日分)
薬を飲んでいますが、昨日1日出かけたら、午後から37.5℃の熱、のどの腫れ、のどの上の壁?のヒリヒリ、だるさ、首・肩のこり・頭痛がおき、本日は(熱は微熱のままです)だるくて寝込んでいます。
年末年始なので休日診療は内科しかやっておらず、あさっては総合病院(内科も耳鼻科もありますが、耳鼻科は診療しているかわかりませんが・・。)が休日担当病院なので、症状が改善していなければ受診しようかと思います。
かかりつけの耳鼻科の先生には、こんなに治らないのではもう扁桃腺を切った方がいいよ、と言われ、覚悟がきまったら大きい病院を紹介するよと言われていますが、できれば切りたくありません。
今回、自分や身内にショックな出来事がつづいたため、気をおとしているので免疫も下がっているのかなと、自己判断しています。
血液検査も初日にしたのみなので、再度してもらいたい気もします。
今後、かかりつけの耳鼻科には通わず、他の病院に行った方がいいのでしょうか?
早く治りたいです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

相談者様は慢性扁桃炎を呈されていると思われますが、そのような説明を受けられたことはあるでしょうか?
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10F30300.html

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山様

返信ありがとうございます。

はい、以前から慢性扁桃炎と言われています。

いつもは、のどがちょっとおかしいな、という時点で早めに耳鼻科へ行くので、熱は高熱にはなりません。

今回も早めに行ったのですが、だらだら治りません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず、「今後、かかりつけの耳鼻科には通わず、他の病院に行った方がいいのでしょうか?」というご質問に関しては、「他の病院を受診されることは問題ありませんが、治療方針は現在のかかりつけの耳鼻科と同じでしょう」という回答になります。

慢性扁桃炎の治療は、扁桃炎が起きた都度、抗生物質を中心とした治療を行うか、扁桃を切除する他はないからです。
http://iwasa-jibika.jp/disease/chronic_tonsillitis.html

扁桃切除に対して抵抗があることは理解しますが、ご記載を拝読する限り、大多数の耳鼻科医が、相談者様には扁桃切除を勧めると思います。

どうしても、扁桃切除は行いたくないのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。

切除については、切除したことにより、ウイルスなどがのどで止まらずに体内に入りやすく、余計体力が弱くなったという人の話を聞いたことがあるので心配です。

切除のメリットも大きいでしょうが、デメリットも考えると怖いのです。

確かに、疲れや体力が落ちている時に扁桃炎になり、今回のように長引くと

生活もままならないので、切除も考えないとですね。

今回は特別だと思いたいのですが・・・。

私のこのような場合は、メリットの方が大きいと考えた方がよろしいでしょうか?

手術は1週間以上の入院や休暇が必要になりますよね。

できたとしても仕事の都合で夏休みあたりになりそうですが、耳鼻科の先生は、今から大きい病院で診てもらいつつ、時期を決めた方がいいと言われています。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 切除のメリットも大きいでしょうが、デメリットも考えると怖いのです。
相談者様が危惧されているような免疫力低下リスクはありません。

「扁桃は免疫(体の病原体に対する抵抗力)に関係した細胞がたくさん集まっています。1才ぐらいまでは細菌、ウイルスなどの病原体がのどの奥や食道に入らない役目をしているといわれています。
しかし、1才以降は全身的な免疫力が獲得され、扁桃の役割はほとんどなくなります。逆に扁桃病巣疾患を起こすこと以外にも急性扁桃炎になったり、扁桃が腫 れていびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になったりします。よって扁桃を摘出してもほとんど問題は起きません」(http://www.hokuto7.or.jp/patient/kamoku/jibi/jibi-ex/ex4.php より引用)。

「扁桃は免疫に関係する臓器ですから、手術で摘出してしまうと、免疫の機能に影響がでるのではないかということが危惧されます。

この点に関しては、扁桃摘出術やアデノイド摘出術を行った子供たちと手術を受けていない子供たちとでの比較を行った、いくつかの研究があります。

これらの研究では、確かに、アデノイドや扁桃を摘出すると、検査上の免疫に関する数値が、わずかに低下するようです。

しかし、これらの値は、時間の経過とともに元のレベルに回復することが確認されています。また、感染症などにかかる割合を比較すると、手術を行った子供たちと手術を受けていない子供たちとの間に、差は見られないということも報告されています。

以上のことから、扁桃やアデノイドを摘出する手術を行っても、免疫が下がるといった心配は無用であると考えられます」(http://tonsils-anxious.com/post-4.html より引用)。

入院時期は医療機関によって異なります。

日帰り手術をしている医療機関もあります。

以下のサイトは、下記のページ以外も、相談者様にとって役立つ情報が多く掲載されています。

http://hentoope.yu-nagi.com/answer02.htm

相談者様にとっては、返答切除手術のメリット>>>>>デメリットだと考えます。

あとは、相談者様の選択の問題だと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問