JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。長文失礼致します。3か月ほど前から自律神経失調症で息苦しさがひどく、内科で処方して頂いたソラナックスで何

解決済みの質問:

こんにちは。長文失礼致します。3か月ほど前から自律神経失調症で息苦しさがひどく、内科で処方して頂いたソラナックスで何とか3か月しのいでいました。しかし1日0.4mg1錠だったのが、段々と効き目の時間が短くなり、最終的には1日5〜6錠に増えてしまいました。神経内科の医師から、長期型のセパゾン6mg/日 に変えましょう、と言って頂き(たた、急にガラリと薬を変えるのが不安だったので、セパゾン3mg、ソラナックス0.6mg/日からスタート)、これで2週間はいったんは落ち着いたのですが、1日だけひどい咳をわずらい、そのまま何も服用せず寝てしまい、0mgにしてしまいました。それがよくなかったのか翌日から、ひどい窒息感が続き、慌ててセパゾン6mg、ソラナックス1.2mg(即効性のあるソラナックスの量を増やしてしまいました)にしたところ、落ち着きを取り戻し、医師に報告したところ、しばらくそのままの量で維持してよい、とのことでした。
ただ、ここ6日間ほど、ソラナックスを飲むと30分後に、逆に胸筋肉が硬直して呼吸困難になったり、今まで経験のなかった、コントロールできない程の激しい焦燥感が起こり、困っています。なのでここ6日間はソラナックスを1.2mgから0.4mgに減薬しています(素人判断ですが、セパゾンの量が倍になったので、ソラナックスを減らしてもいいのではないかと....医師は、その筋肉の硬直などの症状はソラナックスの量が足りないからだと言って1.2mgに戻した方がいいと言います)でも、私はその症状が怖くて飲めませんし、仮にいったん増やしても、減薬を続ける自信がありません。(今日、試しに0.1mgのんでみましたが、同じ症状が出ました)思えば、セパゾンの切り替え時に、同じような焦燥感などもありましたが、ソラナックスを飲んだ直後だったと思います。
そこでお聞きしたいのですが、ソラナックスの代わりにセパゾンの量を増やしてもいいのでしょうか?医師は「6mgが上限だからダメ」とのことでした。
それか、ソラナックスはいっそ0mgにしてしまっていいものでしょうか?セパゾンだけの方が体調が安定するように思います。ただ、またいきなり0mgにすると、窒息感がやってくると思うと怖くてどうしてよいものか困っています。
年末で病院が休診のため困っております。
どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

医師からの説明が不十分な点が多々あるように思われますので、少し説明をさせて下さい。また、補足情報を下さい。

ソラナックス(成分名アルプラゾラム)とセパゾン(クロキサゾラム)はどちらも化学的にはベンゾジアゼピン化合物であって、脳の同じ場所で同じように作用します。
従いまして、ソラナックスをセパゾンに変更する意義があまりございません。
また、作用時間の近似値である半減期はそれぞれ14時間、20時間であって、その点でもあまり両剤に差異はありません。

①相談者様は、服薬量も多く、服薬期間も長いことから、ベンゾジアゼピン依存症を呈されていると考えます。
ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

ソラナックスやセパゾンの、こういった側面については主治医からはどういった説明を受けられているでしょうか?

②「自律神経失調症」も広い意味で使用される言葉ですが、ほとんどの場合、誤用されています。具体的にはどのような症状に対してこの診断が下されたのですか?

③心療内科ではなく神経内科で治療を受けられているのは何故でしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

 


服用したきっかけは、今年の9月頃に咳が止まらずステロイド吸入を続けていたところ、3か月ほどたって副作用の方がひどくなり(後で、


使い続けると交感神経を刺激することを知りました。私には合わなかったようです)息苦しさがひどくなり、内科の医師から中止するように言われました。ところが、その中止したリバウンドのせいか、猛烈な息苦しさが1日中つづき、(内科の医師には自律神経失調症と言われました)精神安定剤の服用を始めました。


 


ソラナックスですと、薬効の切れ目があり、3時間ごとに息苦しさが戻ってしまい、それがつらく、より長期型で止めやすい方に、とのことで処方してもらいました。セパゾンに変えてからは、今のところ切れ目を感じず落ち着いています。


医師からはソラナックス中毒になってる、とははっきりとは言われませんでしたが、自分では中毒になっていると思い、早く減薬をしたいと焦っています。


 


神経内科は、7年前にパニック障害で通ったことのある病院で、表向き「神経内科」とありますが精神科のようで、鬱病の方なども通われているようです。


 


宜しくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ソラナックスもセパゾンも減量・中止を考えられるべきだとは思いますが、急な減量によって離脱症状(禁断症状)が現れますから、十分な段取りを踏んで、時間をかけて減らすべきだと思います。

確認ですが、内科医に「自律神経失調症」と診断され、神経内科(≒精神科)でその治療を受けられているということでしょうか?

であるならば、神経内科の主治医からは症状(息苦しさ)について、またその治療方針について、どのように説明を受けていますか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

もともとの処方が「セパゾン6mg、ソラナックス1.2mg」ということですから、これをセパゾン単剤に置き換えられるかどうかは以下のように結論づけることができます。

ベンゾジアゼピンには等価換算表があって、0.8mgのソラナックスが1.5mgのセパゾンと等価(=同じ効果)を有することになっています。
http://www.oct.zaq.ne.jp/afalx209/hataclinic/medicine/kouseibun.html

つまり、相談者様の場合、ソラナックス1.2mgをセパゾン2.25mgに置き換えることで、現在と尾内効果を得ることができます。どちらもベンゾジアゼピンですから、その場合は離脱症状が起きません。「窒息感がやってくる」ことはありません。
総量としては、セパゾンを8.25mg服用することになります。

「6mgが上限だからダメ」という主治医の説明は正しくありません。
セパゾン(クロキサゾラム)の用法・用量は「通常成人クロキサゾラムとして1日3~12mgを3回に分けて経口服用する。なお年齢・症状に応じ適宜増減する」です。
つまり、相談者様は、理屈の上では現在の倍量のセパゾンを服用することができるということです。
よって、セパゾンの残数に余裕があるのであれば、ソラナックスを中止して、代わりに8~9mgのセパゾンを服用されればよろしいかと存じます。いきなり切り替えるのがご不安であれば、少しずつ入れ替えてもよいでしょう。

セパゾンの全体的な減量に関しては、年明けに主治医と相談されてみてはと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

どうもありがとうございました。非常に参考になりました。


 


度々すみませんが、長期型だと、短期型の高力価より止めやすいと聞きましたが


セパゾンもソラナックスと半減期、効き目時間がさほど変わらないのに長期型と言われるのはなぜでしょうか?


(はじめセルシンを勧められましたが、私には呼吸抑制が強く余り合いませんでした。)


それと、やはり長期に服用していると、ソラナックスのように


薬効の切れ目が出てきますか?(その前に、体調が改善するといいとは思っていますが。)


 


宜しくお願い致します。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
> セパゾンもソラナックスと半減期、効き目時間がさほど変わらないのに長期型と言われるのはなぜでしょうか?
活性代謝物があるからだと思われます。
https://www.medicallibrary-dsc.info/di/sepazon_tablets_1/pdf/if_sep_1110_06.pdf (27ページ参照)
つまり、セパゾンが肝臓で分解されても、その分解されてできた代謝物もまた、まだベンゾジアゼピンとしての作用を有しているということです。

> それと、やはり長期に服用していると、ソラナックスのように薬効の切れ目が出てきますか?
遅かれ早かれ、耐性と依存性の問題は現れてくると予想します。
仰る通り、それまでに体調が整うのを待ち、その後、ゆっくりと減量されるべきでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答どうもありがとうございました。

 

セパゾンの服用回数が3回とありますが、

8.25mgを3回に分けて服用しますと、1回あたり2.75mgになり

少々強そうなので4回に分けて服用でも大丈夫でしょうか?

それとも血中濃度は安定させた方がいいのでしょうか?

 

ここ6日間まではソラナックスの方は0.4mgまで減薬できてましたので、セパゾンでいうと大体1mg相当でしょうか。なので

2mg/2mg/2mg/1mg という感じで服用できればと思いましたが、

ご回答頂けますと助かります。どうぞ宜しくお願い致します。

 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
長時間作用型のベンゾジアゼピンについては、服薬回数について、あまり神経質になる必要になる必要はないと言われています。

ただ、小分けにして服用された方が血中濃度の変動は少なくなりますから、服薬回数が多くなることを厭わないのであれば、その方がよいでしょう。

2mg/2mg/2mg/1mgという服用方法でよろしいかと存じます。

医療 についての関連する質問