JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

自分の病気がよく分かりません。 現在37歳独身女性です。 10歳で頻繁に過呼吸になりノイローゼと診断され、13歳

解決済みの質問:

自分の病気がよく分かりません。
現在37歳独身女性です。
10歳で頻繁に過呼吸になりノイローゼと診断され、13歳から30歳まで 自殺未遂を繰り返しました。
19歳から30歳までは重いうつ病でしたが、引っ越し、投薬、認知療法、光線療法で、劇的に良くなり、今年母が亡くなり幸福で平和な日々が訪れ、今は内科でドグマチールとレキソタンを処方していただき、薬がきれない限り普通に幸せに生活できています。
ただ、15分以上の軽作業(歩くなど)で低血糖発作に酷似した症状がおきます。また、待合室や電車では虫唾が走る感覚と過呼吸がおきるので、移動は全てタクシー、基本家からは出られません。仕事は家で銅版画工房を経営しています。ドリンク剤(ゼナ)を一日にトータル4本飲まないと疲れて動けなくなります。昔から少食なのでサプリも各種飲んでいます。飲まないと疲れや息苦しさがあります。私は、何の病気なのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
はじめまして。相談者様の病気は、低血糖症と思われます。低血糖症と言っても、原因がいろいろあります。そこで、少し質問させて下さい。1甘いものをよく食べますか?2コーヒーをよく飲みますか?3健康診断で、異常を指摘されたことがありますか?4今までに、手術など、大きな病気をしたことがありますか?5ドリンク剤を4本飲まれていますが、昔からですか?それとも、今のように、疲れて易くなってからですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
回答ありがとうございます。
1.甘いものは基本好きでは無いですが、冬はチョコレートが好きになります。寝ていつ4時ごろ突然目が覚め、とにかくチョコレートを食べずにいられず、食べて歯磨きしてまた寝ます。
2.毎朝カフェオレを2杯飲みます。午後は飲みません。
3.健 康診断では血糖値含め、異常が出たことはありません。
4.手術をしたことはありません、小さな怪我だけです。
5.ドリンク剤は、うつ病が重く寝たきりになった頃から飲み始めました。以前は自殺衝動を抑える時だけでしたが、普通に生活できるようになってからは、毎日飲むようになり、だんだん量も増えました。

よろしくお願いいたします。
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
お返事ありがとうございます。
相談者様の病気は、機能性低血糖症と思われます。
機能性低血糖症とは、食生活が原因で起こる低血糖症です。
チョコレートなどの甘いもの、コーヒーやドリンク剤などに含まれるカフェインは、体内に吸収されると、ブドウ糖に変わります。
つまり、血糖値が上昇します。
血糖値が上昇すると、健康な方であれば、膵臓からインスリンという血糖値を下げるホルモンが分泌されます。
インスリンによって、上昇した血糖値がもとに戻るのですが、
相談者様の場合、少食とありましたので、通常、食事による血糖値の上昇は 、少ないものと考えられます。
そういった、もともと、血糖値の上昇が少ない方が、チョコレートやドリンク剤、カフェオレの摂取など、血糖値の上昇を起こす食品を多くとると、インスリンが大量に分泌され、低血糖状態になります。
低血糖状態になると、疲れやすくなります。
疲れやすくなるので、甘いものが欲しくなる、ドリンク剤を大量に飲むといったことが、
起こり、さらに、インスリンが分泌されるという悪循環を起こします。
これが、機能性低血糖症です。

機能性低血糖症では、過呼吸などのパニック発作を伴ったり、イライラしやすいなどの精神的不安定を起こすことも、あります。

機能性低血糖症を改善する方法は、
甘いもの、ドリンク剤やコーヒーなどのカフェインの入った飲み物を減らすことで、
症状が改善してきます。

急に、減らすのは、相談者様の場合、疲労しやすさが高度ですので、無理です。
ですので、まず、朝のカフェオレを1杯にする。
夜のチョコレートを少し減らす。
ドリンク剤を3本にする。
など、少しずつ、原因となっている食品の摂取を減らしていかれると、
疲労しやすさが、緩和し、悪循環から抜け出すことが、できると思います。

Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問