JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨年10月ころから、円形脱毛が4箇所ほどでき本年5月くらいから皮膚科で治療してきましたが7月くらいからは鼻下のヒゲが

解決済みの質問:

昨年10月ころから、円形脱毛が4箇所ほどでき本年5月くらいから皮膚科で治療してきましたが7月くらいからは鼻下のヒゲが生えなくなり9月位からは眉毛が殆どなくなりました、最近はまつ毛が無くなり目を開けるのがワンテンポ遅れるようになってきてかなりのストレスを感じるようになりました。年齢は61歳の男性です。他に体の悪いところは感じませんが10年前に心筋梗塞で一度入院しています。それ以来バイアスピリンを一日一回1錠服用しています。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

「よろしくお願いします」とのことですが、今回のこのご相談で何をご質問になりたいのか、具体的に教えていただけますか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

なぜこうなるのか知りたいのです。ホルモンバランスなのか、薬の副作用なのか、体に何か異変があるのかを教えてください,またそうなら何科の医者にかかれば良いのか教えてください

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

円形脱毛症は自己免疫疾患です。自己の免疫が毛根を攻撃することで脱毛が起こります。
身体の他の部分に何か起こるわけではないという意味では「体に何か異変がある」というわけではありません。

①通われている皮膚科はどれくらいの規模の医療機関ですか? 主治医は皮膚科専門医でしょうか?

(下記のサイトから、日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医かどうかを確認できます)

【社団法人日本皮膚科学会 | 皮膚科専門医MAP インデックス】
http://www.dermatol.or.jp/medical-specialist/map/

↑↑↑クリックしていただくとリストが開きます↑↑↑

②円形脱毛症について特に説明は受けられていないのでしょうか。

③現在まで、どのような治療を受けてこられたのですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信がありませんので、ここまでの情報から暫定的に回答いたします。

前述しましたように円形脱毛症は自己免疫疾患です。
http://www.minahihu.info/cn19/pg157.html
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/special/258/index1.html

治療としては、免疫を抑える作用があるステロイドを中心とした各種薬物療法が行われますが、難治例では他の治療を組み合わせて行います。
http://www.enkei-datsumou.com/enkei/chiryou/

治療は皮膚科で行われます。
現在の皮膚科では十分な疾患の説明もなく、脱毛の改善が得られていないようです。むしろ進行しているようですから、規模が大きい皮膚科医療機関への転院も検討されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

仕事で返信が遅くなりました


①街の個人開業医で内科と併用でやってるところです


②ストレスが原因とだけ言われました


③フロジン外用液をつけています。


眉毛・髭・鼻毛・まつ毛も原因は同じでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「眉毛・髭・鼻毛・まつ毛も原因は同じ」です。前掲のリンク先にも記載がありますが、全身の毛が自己免疫によって抜けてしまう場合もあります。

フロジンは、ごく軽症の脱毛症にしか効かないお薬です。

専門性が高い皮膚科を受診されて、ステロイド中心の治療を受けられる必要があると考えます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問