JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

いま、今日神経過敏など病名はついてないのですが精神科へ通院してきました。 それでも副作用でなやんでいて手の震え激し

解決済みの質問:

いま、今日神経過敏など病名はついてないのですが精神科へ通院してきました。
それでも副作用でなやんでいて手の震え激しい動悸に口渇が常にあり や気怠さに便秘、息切れ、無気力、イライラなどに悩まされてます・・・。
これを医師に伝えたのですが薬は以前と変わらず、クエチアピン錠25㎎「テバ」1錠にエビリファイ12㎎1錠を処方されました。
正直私が副作用に弱く日中寝たきりになることもしばしばありました、
自分で対処できる方法はありますか?
また、
精神薬に強い友人に相談したら
飲む薬を減薬、辛くなったら飲んでみては?と提案されどうしたら良いかわからず困ってます
副作用が怖く、薬をのむのが辛い場合どうしたらよいでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

自己判断でお薬を減らしたり、止めたりすることは基本的にはあまりお勧めしません。
「辛くなったら服用する」頓服使用にするのなら、主治医にその希望を伝えて、それ用に処方を組んでもらう必要があるでしょう。

少し補足情報を下さい。

①診断あっての治療ですので、「病名はついてない」にも関わらず、2剤の抗精神病薬を2剤併用する治療方針は客観的に見てあまり感心しません。いつ頃からこの精神科を受診・通院されているのですか?

②「手の震え激しい動悸に口渇が常にあり や気怠さに便秘、息切れ、無気力、イライラ」はすべて副作用なのでしょうか。

③「小さいころの母親からのトラウマでの解離や学習障害の疑いで悩みさらに就職でつまずいて気を病んでしまい通院中」とのことですが、そういうことならば薬物療法だけで治療を行うのは無理があるように思います。薬物療法を始めてこれらの症状は改善したのでしょうか。

④カウンセリングは受けられていないのですか?

⑤クエチアピンとエビリファイ以外のお薬は試されたことがないのですか?。

⑥転院は考えておられないのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答有難うございます。


 



Ans


今月の6日から通院していて


口頭でも言ってくれず診断書もない感じで


たくさんの症状がありすぎて、何がなんだかわからないそうです。




多分そうだと思います
飲む前には頻繁に起こるものではありませんでした。




それらが原因で起こっていた神経過敏は治りつつあるのですが


氷山の一角が溶けたくらいで


母が毎日毎日、夢に出てくることやパニックは治りそうもないです、


それらをお医者さまに告げるとお薬を増やされてしまうので


なかなかいえません。


受けようか悩んでいます、でも何処に行けばいいのかわかなくて困ってます・・。


ないです、


試せるのなら試してみたいです。


ものすごく、考えてます。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

その精神科ではカウンセリングを受けることができないのですね。

症状を告げると、それを表面上抑えるためにお薬を増量、というのは、もっとも良くないパターンです。病気全体を見ているのではなく、個々の症状を各個撃破するようになってしまい、お薬の量や種類がどんどん増えていくことになるでしょう。

精神疾患にも色々なタイプのものがあります。
脳の病気としての性格が強く、何のきっかけも無く、比較的急激に発症する疾患もあります。
深刻なストレスがかかり、もしくは複数のストレスが重複・持続することで次第に進展していくタイプの疾患もあります。

診断は付いていないということですが、相談者様は後者だと思われます。
ご記載のような生育歴・生活歴を経れば、神経が過敏になっても当然でしょう。それがあるところで一線を越えてしまったのだと思われます。

相談者様のようなタイプの患者様の場合、薬物療法ともに、カウンセリングを受けられて、ご自分の中で問題を整理し、解決(できるとは限りませんが)の方向をみずから見つけ出していくアプローチが必要です。その過程で症状が整理され、確定診断にも繋がっていくことが多いのです。
現在の相談者様は疲弊してしまっていて、お一人でそれが対処できる状態ではないからこそ、意を決して精神科を受診されたのだと推察します。
決して受診しやすい診療科ではありませんから、勇気が要ったのではないでしょうか。

しかし残念ながら、日本は精神科後進国で、診断能力が無く、お薬の自動販売機のようになってしまっている精神科医も少なくありません。

まだ通い始めて3週間程度ですから、お薬漬けになる前に、他院に転院されることを強くお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
医師だけではなく臨床心理士がいて、カウンセリングも行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されるべきでしょう。

医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問