JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

3日程前から左胸のあたりがチクチクし、違和感があります。 あわせて左肩も凝っている感覚があります。 左脇腹がたま

解決済みの質問:

3日程前から左胸のあたりがチクチクし、違和感があります。
あわせて左肩も凝っている感覚があります。
左脇腹がたまに痛む事や胃のあたりもしくしく痛むことがあります。
今年内視鏡を受けた時はビラン性胃炎と言われ、薬を処方されたことがありますが
胃の不調で胸と肩が痛むのでしょうか。
また自律神経が乱れていると言われたので、自律神経系の影響でしょうか。
ストレスが最近ものすごく、夜は眠りが浅いので、心身ともに疲弊しそうです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

はじめまして。

心臓の病気たとえば、不整脈や狭心症などで、胸の痛みと同時に肩の痛みが起こることはありますが、胃炎で肩の痛みが起こる可能性は低いです。

胸のチクチク感、肩の凝り、夜の睡眠の浅さといった症状に、ストレスが非常に大きいことを考えると自律神経の乱れによる症状と考えるのが妥当と思われます。

心療内科もしくは精神科への通院は、されておられないのでしょうか?

夜の睡眠は、精神的な疲労や身体的な疲労をとる重要なものです。

心療内科や精神科を受診してみられるのも良いかと思います。

また、参考までに、夜の睡眠を改善させる方法を次の回答に記載しておきますので、

参考にしてください。

Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

睡眠を良くする対策方法について

1:寝酒は、睡眠を浅くする

アルコールは、寝つきを良くする作用がありますが、睡眠の質を低下させ、

浅い睡眠となり、熟睡感がなくなります。

眠れないからと言って、アルコールを摂取するのは、やめるほうが良いです。

2:体を疲れさせて眠るようにする

体が疲れていないから眠れないと思い、運動をすることは、かえって、脳の興奮を招き、

睡眠が浅くなります。

夕方以降の運動は、控えるほうが良いです。

3:寝る前3時間のテレビは控える

寝る前にテレビなど目の刺激が強いものを見ると、脳が興奮し、眠りが浅くなります。

寝る3時間前には、テレビをみるのをやめ、音楽などリラックスできるものに切り替えるほうが良いです。

4:昼と夜でメリハリをつける

昼間は、日光の光を浴び、夜は、明かりはできるだけ落とすようにし、

昼と夜で明るさのメリハリをつけることで、睡眠を促すメラトニンの分泌が促進されます。

5:コーヒー、紅茶は控える

コーヒー、紅茶に含まれるカフェインは、脳を興奮させる物質を含んでいます。

飲みすぎないよう注意してください。

6:睡眠に効果的な入浴は、38度

熱すぎるお風呂は、血圧も上昇させ、リラックスできません。

38度のお湯に、ゆったりつかるのが、良い睡眠のコツです。

7:寝る部屋の明かりを調節する

真っ暗な部屋での睡眠よりも、月明かり程度少し明るさのある部屋のほうが良質な睡眠が得られます。

部屋の明るさを調節するなどすることも、良い睡眠を得るためのコツです。

医療 についての関連する質問