JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

統合失調症の弟(47歳)が現在入院中です。 高校生の頃、発病いたしました。 過去に幾度となく入退院を繰り返しており、

質問者の質問

統合失調症の弟(47歳)が現在入院中です。 高校生の頃、発病いたしました。

過去に幾度となく入退院を繰り返しており、
退院して生活保護を受けながら独り暮らしを始めるも、
家の中はグチャグチャ、家賃滞納、金銭管理ができないため
食費も底をつき、飢える寸前まで行くことも度々。
大家さんにも迷惑をかけ、近隣からもクレームが生じ、
退去せざるを得なくなり、ふたたび強制入院…というようなことを
何度も繰り返しています。
今回の入院は今までで一番長く、1年弱でした。
しかし、ここにきて 本人の強い要求に病院サイドが屈した形で
退院を80近い老齢の父親に持ちかけてきました。
父は、現在 認知症の母を抱え、自らも肺炎を患い、満身創痍の状態で

とてもじゃないですが、受け入れがたい現実です。
もし、退院してどこかに住まうとしても、何かあれば実家に
押しかけ、脅迫したりお金をせがんだりするのです。
(過去、退院するといつもそのパターンでした) その都度、父はいつも怯え暮らしていました。
これは、何度も繰り返しているので目に見えています。

なのに、なぜ病院側はあえて退院させようとするのでしょうか?
そのような危険人物を野放しにしてもよいのでしょうか?

そこには「人権」の問題が絡んでいるのだとは思いますが、
退院させるということは、自己管理がまったくできない弟の命をも見捨てる
ということになりかねません。

「命を守る」ことのほうが「人権」と思うのですが。。

医師の判断に、納得がいかず、離れて暮らす老齢の父の苦悩を思うと
本当に 困り果てています。

現在入院している病院は、総合 病院で、弟の担当医師は、精神科担当の院長です。
25年もの間、お世話になっているCWさんは、やはり「退院は無理」とのご判断ですが
先生を説得できずに居る。と言われます。

家族として、弟の「安全・安心」のため、このまま入院継続をお願いしたいのですが
どのようにしたら良いのかわかりません。

「自立支援」ということには程遠い状態の弟ですので、当然、グループホームも無理です。
過去、4度も失敗を繰り返しているのに、またも同じ事を繰り返すのが目に見えています。

なんとかこのまま入院を続ける方策をお教え下さい。
宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
はじめまして。
家族の方の意向で、保護入院という手続きがとれます。
保護入院の場合、本人様の意向は、聞き入れられません。
家族の方が、自宅での生活は、本人様の病気の状態を考え ると困難との意志を主治医の先生に示すことか、まず、必要です。

お父様の病気の状態は、すでに、主治医の先生も、ご存知とのことですので、
次は、息子様の、これまでの退院後の生活状態などを話して、本人様のためにも、
退院しての生活は、危険と主治医の先生に訴えては、どうでしょうか?

本人様に身の危険が起こる可能性が高いことを家族の方が示せば、保護入院できると思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.


①父が病院に確認したところ、今現在の弟の入院形態は「医療保護入院」とのことです。「保護入院」と同じとの解釈でよいのでしょうか?


 


 


②今まで何回かの入院では、家庭裁判所に選任カードで、都度申請しているようです。


その場合、保護義務者は、父親なのでしょうか?それとも病院なのでしょうか?


 


③保護入院は、


主治医の判断だけで、保護者(父)が拒んでも退院させられるのでしょうか?


父が同意しなければ、退院はない と思っていて良いのでしょうか?


 


④万が一、退院させる場合、病院が借家の保証人になっても良いと主治医から言われたようなのですが、保証人が誰であれ、退院させられてしまえば、父のいる実家に脅しに来ることは過去の経緯から、明らかです。


ですので、勝手に病院が保証人となって退院させれられては困るのです。


 


 


◎主治医の先生(院長)には、幾度となくこのことは対面して訴えているのですが、先生のお考えが患者(弟)に対して非常に甘いといいますか


なんども繰り返す飢え死にするような状況を把握してくださらないのが


一番の困っている点です。


グチャグチャになった退去を迫られた部屋の証拠写真をお見せしても、、です。


このような状態の弟を退院させようとしている先生の意図がまったく解りません。


担当のCWさんも、同じ事をおっしゃっています。


 


 


 


 


 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

それぞれの質問について回答いたします

 

①「医療保護入院」と「保護入院」は、同じ意味です。

 

②医療保護入院を行う場合は、保護者を選任しなくてはいけません。

そのため、家庭裁判所で選任手続きを行います。

家庭裁判所で、申請手続きを行われたのであれば、お父様が保護者となっておられます。

ですので、弟さんの入院の保護者は、お父様です。

病院が保護者となることは、できません、

お父様が保護者になることを拒否された場合は、市町村長が保護者を務めます。

 

 

③医療保護入院の退院の際は、入院先の主治医と保護者の同意が必要です。

つまり、保護者であるお父様が退院を承諾しない限りは、病院側の判断のみで弟さんを退院させることはできません。

 

④まず、病院側が弟さんを病院から退院させるために借家を借り、保証人になる行為を起こすこと自体が、おかしな話です。

それは、退院というよりも、追い出しです。

そもそも、医療保護入院の目的は、本人さんの治療です。

本人さんが1人で暮らすことができない状態であるのに、本人さんが人暮らしをする家を病院が用意して、病院から退院させるというのは、入院の目的から外れます。

ですので、この行為は、病院側の治療放棄となります。

 

 

これは、想像でしかありませんが、現行の医療制度では、入院がある日数を超えるごとに、病院に支払われる入院治療費が減額されることになっています。

もしかしたら、このことが、病院側が無理やりにでも弟さんを退院させようとしていることに関係しているのでは、ないでしょうか?

つまり、病院側の経営上の問題です。

 

病院のCWさんも退院に反対。

ご家族そして保護者であるお父様も退院に反対。

患者さんである弟さんの状態も不安定で、とても、一人暮らしできる状態にない。

 

この状況下で、主治医の先生だけが、退院を推し進めようとしていること自体が、不可解です。

裏に何らかの病院側の事情があるとしか思えません。

 

何が隠されているのか?主治医の先生のお考えは良くわかりませんが、

とにかく、保護者であるお父様が退院の承諾をしないことです。

お父様が承諾しない限り、病院側が勝手に、弟さんを退院させることは、できませんので。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

おはようございます。


重ねてお伺いしたいと思います。箇条書きいたします。


 


① 二度目の質問④にある


「病院が保証人になる」というのは、誤りで、院長の言葉は正しくは「借家はお父さんが保証人にならなくとも退院させることはできます」という旨の発言だったようです。


これは、病院がすべて保証するということと同じ意味なのでしょうか?


 


②主治医が「本人(弟)の人権を尊重する」と主張しないか?


その場合、どう対応すべきでしょうか?


主治医の意図がわからないために父は、それを非常に案じているようです。


 


③保護義務者(父)が亡くなった場合、保護義務者は自動的に市町村長になるのでしょうか?


それとも、私ども残された家族(わたくし、もしくはもうひとりの弟)におよぶのでしょうか?


また、保護義務者が市長となった場合、安易に退院を承認してしまわないか・・・。父はこれが心配と申しております。


その際、残された家族の意見・主張は尊重されるのでしょうか?


 


 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

おはようございます。

追加の質問に回答します。

①「借家はお父さんが保証人にならなくとも退院させることはできます」は、

借家を借りる借りないに関係なく、病院側が弟さんを退院させる。という意味かと思います。

つまり、家族がどうであろうが、院長は弟さんを退院させる。

退院、入院を決める権利は、自分にあると言いたいのでは、ないでしょうか?

②院長は、どういう理由があるかは分かりませんが、何か事情があって、強引に弟さんを退院させようとしているので、弟さんの人権や病気の状態は考慮していないと思います。

こういう場合は、病院側の対応に疑問を持つとして、病院の管理責任者である病院を監督指導する保健所に通報すべきかと思います。

③お父様が亡くなられた場合は、お父さん以外に弟さんの家族の方がおられれば、家族の方が家庭裁判所で保護者申請をすることになります。

つまり、相談者様が保護者となる必要があります。

保護者申請するまでは、市町村長が代わりを務めます。

これは、1つの提案ですが、

病院のCWさんが退院に反対しておられるので、CWさんに頼んで、他の病院を探してもらい、転院手続きをしては、どうでしょうか?

今の病院にいても、最終的には、弟さんの追い出しを行うのではないかと思われます。

Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


最後にもうひとつだけお願い致します。


 


先生のご提案の「他の病院への転院」に関しては、無理なのが実情です。


現在お世話になっているCWさんと今後も関係を続けていくしかないと思っております。


 


保護義務者の件に関しては、


次男(患者(長男)の弟)が家庭裁判所に出向き、保護者申請することになりますが、その場合、また色々と病院側とのやり取りが発生することになるのでしょうね。


その際は、徹底して退院に合意しないと意思表示をすればよいということですね?


 


父、弟、患者である長男弟は奈良在住、姉のわたくしは横浜在住で離れて暮らしておりますので


今後のことが非常に心配なのです。


 


 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

かなりの距離、離れてお暮らしなのですね。

それは、心配ですね。

唯一、病院側のCWさんが退院反対意見ですので、保護者の方が退院に承諾しない限りは、病院側も下手なことはできないと思います。

訴訟でも起こされたら大変だとは思っているでしょうから。

ですので、保護者を二男さんに変更されたとしても、あれこれと院長は言ってくるかもしれませんが、断固として、譲らないことが必要と思います。

もし、必要以上に病院側が追い出すような行為に出れば、保健所に訴えてください。

病院の監督指導責任者は、保健所ですので。

その際は、保健所の事情聴取があると思いますので、CWさんや院長とのやりとり、御父さんの様子など、これまでの経緯などを記録しておくとよいと思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.


父親が、今早速 奈良保健所に問い合わせたようです。


すると


 


保護入院であっても、主治医が現在の本人の状況をみて退院させても良いと判断すれば、「任意入院」に切り替えてでも退院させられると言っているそうです。


 


①保護入院は、簡単に病院サイドで任意入院に切り替えることはできるのですか?


 


現実は過去の例から見て同様の状況で退院しても自立の生活はまったくできなかった。


そう説明しても、保健所はそのようなことを言ったようです。


 


長期入院は国の指導の下、病院側に自粛するよう求められている。とも


保健所は言っています。


 


 


 


 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

保護入院から任意入院への変更は、患者さんの意向によります。

つまり、主治医が患者さんに話をし、患者さんに入院治療、通院治療の判断が出来ると判断すれば、保護入院の必要性はないとなり、患者さんの意思での入院つまり任意入院となるので、患者さんが退院に同意すれば、家族の意向を無視して、退院が決まります。

確かに、長期入院は、国から規制というか?

報酬を減額する形で行われています。

ですので、病院側は、入院費を同じ治療をしても国から払ってもらえないので、

追い出しにかかるということを行い、問題になっています。

保健所としては、この年末、やっかいな問題に首をつっこみたくないということも

あるのでしょうけど。

保健所がダメとなると、精神保健福祉センターに問い合わせてみては、どうでしょうか?

精神科医が常勤で在籍しているはずです。

質問者: 返答済み 3 年 前.


先生のご助言に従って、父は即座に奈良の精神福祉センターに電話をかけ


尋ねたようですが、応えは、保健所とまったく同じことだったそうです。


 


このままでは、また退院させられるのか…と途方にくれています。


どうしたらよいのでしょう。


困りました。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

そうですか。

行政は、ダメでしたか。

主治医の先生が話をすれば、弟さんは退院を承諾するでしょうからね。

そうなると、今の病院では、退院させられるのは、確実と思われます。

転院は、御世話になっているCWさんの事もあり、難しいとのことでしたが、

弟さんの入院治療を続けるのであれば、転院しかないかもしれません。

それか、おそらく院長の退院の本意は、入院費の事だと思いますので、

いったん退院して、1週間後に再度、入院することを約束の上、退院を承諾するかです。

1度退院すると、また、入院費は増額になるので、院長は文句ないと思いますが。

質問者: 返答済み 3 年 前.


患者(弟)本人が退院させてくれ!とかなり執拗に院長に迫っているのが、そもそもの理由と理解していたのですが、


やはり病院側の入院費の問題もあるのかもしれませんね。


実は、わたくし自身もパニック障害で10年以上メンタルクリニックに通院中の身。以前自分の主治医に相談したところ、先生と同じことを言われました。


病院の勝手な都合だ。との印象を受けました。


国がそのような規制をする。そのこと自体に疑問を感じます。


自分の命をも守れないような患者をほおり出すような形で退院させてしまおうとしている現実に納得がいきません。


 


「少し散歩をさせてみるのも良いかと思います」と言われる院長。


たとえは悪いですが、キャンキャン騒ぐ犬が外に出たがっているので


少し外の空気を吸わせてみても…ぐらいの軽いお気持ちのように感じてしまいます。


しかし、今のままの弟では、首輪を離した犬同然。


外に放してしまったら、実家に金を脅し取りにくるに違いないのです。


噛み付く犬なのです。


 


弟は、病院内ではまっとうなことを話すようなのです。


すると医者は快方に向かっている。と安直に判断するのでしょう。


月に一度の注射もきちんとしています。とおっしゃいますし。。


それは病院内だからなのです。


一旦外に出てしまえば、病院には一切足を運ばず、CWさんを困らせ、


薬も飲まず、家は荒れ放題、生活ができないのですから。


3度も4度も同じ事を繰り返すこと自体、馬鹿げています。


このような重大な悩みをどこへも相談できない現実が哀しいです。


老いた父の悩みは相当なものなのです。


 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
そうですね。
誰のための医療制度か、分からない制度ですよね。
国も国なら、行政も行政。
結局、面倒なことに、関わりたくないだけなのです。

個人の診療所には、指導してくるのに、大きな病院には、甘いのです。
全国的に、そうなのですね。

弟さんの主治医の先生の考えは、全く分かりません。
入院治療の必要があると判断されたから、保護入院の措置をとられた。
なのに、入院期間が長くなると、入院治療の必要はない、との判 断。
いくら、弟さんが病院では、きちんとされているにしても、何度も入院されておられるのですから、
退院後、どうなるか?分かっておられるはず。
そんな状況で、いくら経営的問題とはいえ、普通ではないですよ。

あれこれ調べましたが、やはり、主治医の診断がカギを握っています。
主治医が入院治療の必要なしと判断すると、保護入院の規制は、外れ、保護者の意志は、意味をなさなくなるようです。
なので、通常は、保護入院の退院の際は、主治医と保護者の意見の一致を持って、退院を決めるのですが。
弟さんの主治医の先生は、この暗黙のルールを無視されるのですね。
そして、それを許す行政。

弟さんが入院治療が必要な状態と判断されれば、いいのですが。
どうやって、入院治療が必要な状態と証明するか?ですよね。
セカンドオピニオンとも考えたのですが、結局のセカンドオピニオンでは、行政の仲介がいるのです。
だから、無理です。

他に、方法はないか?
考えてみます。
質問者: 返答済み 3 年 前.


先生、親身になっていただきありがとうございます。


 


確認の為、再度事実だけ書いておきます。


 


① 二ヶ月前から本人(弟)自身が病院内の公衆電話から父に直接電話をかけてきて「退院したいから保証人になってくれ!」といってきています。 その際、父はきっぱりと「できない」のひと言だけで電話を切っています。  その後数回にわたり電話がありますが、電話機モニターに「公衆電話」との表示が出るため、一切無視して電話には出ていません。


しかし、電話がかかってきている事実は確認しています。


要するに今回の退院のキッカケは本人自身の強い要求があるのは事実です。


 


②過去のすべての退院時において、自己管理、金銭管理が一切できず、大金も一瞬にして洋服や靴に化け、食費が底をつくと実家に押しかけ、両親に暴力をふるっている事実があります。 凶器でも持っていたら…と想像するだけで震えます。 主治医にそれを言っても「お金がなかったらいけないでしょう」とおっしゃいます。 それは、大きな間違いで、お金がなくとも何キロも離れた自分の借家から歩いてやってくるのです。 実際過去すべてそうでした。


 


③担当CWさんは、当然のことながらそのすべてをご存知で父と同じ考え。


先生の意図がわからないとまで父に言われているそうです。すなわち病院サイドの主張を述べられてはいないのです。 先生をどう説得すればよいかCWさんご自身が悩んでおられるのです。


 


 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
ご丁寧に再度、詳細を書いて頂き、ありがとうございます。


この状態で、退院とは、不可解です。
また、後ほど、回答いたします。
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
確認したいことがあり、連絡しました。

こちらの保健所に問い合わせてみたところ、
やはり、保護者の方の承諾なしの強制退院は、おかしい
と言われまして、
今、詳しい方が昼で席外しのため、再度、午後に話することになったのですが、
確認したいことが1点。
弟さん の主治医の院長先生が、初め、お父様に、何と言われたか?です。
医療保護入院なら、退院の際、保護者の方に、病院から説明があるはずと言われます。
つまり、こういう理由で、入院治療の必要がなくなったので、退院を考えていますが、
というような話があるはずと。
その辺りの事を教えて下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

わざわざ家に足を運んで、院長が言われた言葉を父に今確認しました。 開口一番。 「お父様の保証なしでとりあえず外出をさせたい。退院を考えています。本人は注射も月に一回受けていますし、問題はないと思い ます」 父はそれに対して「外出を認めたら家に来て、また色々とトラブルを起こします」と言うと、院長は「それは今までにそんなに回数はないでしょ?」と返され、父は「いえいえ 何度もあります」 とのやりとりだったようです。 そして、院長は「一度退院させて注射のために来院をしなければ再度、入院させたらよろしい」と言われたようです。        その後に、父は弟の退院後の見るに耐えない独居生活の実態を詳しく説明した。とのことです。  私から見れば、とても退院理由にはならないと思うのですが。 いかがでしょうか? 


 

質問者: 返答済み 3 年 前.


書き忘れました。


 


院長がおっしゃる「再入院」。 これがそう簡単にはいかないということが大問題なわけです。まず、不可能に近い。 警察が介入したり、本人が飢え死に寸前で病院に駆け込むまでは放置なのですから。  それを簡単に、「とりあえず退院させてみてダメならまた入れればいいでしょう」といった認識が理解できないのです。 父も同じ事を申しております。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
お返事ありがとうございます。
今から、保健所の方と話します。
話が終わり次第、連絡いれます。
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

今、こちらの保健所の方と話をしました。

その内容をお伝えいたします。

 

 

まず、「医療保護入院」についてですが、法律によると、入院時には、精神科医と保護者の双方の同意が必要であるが、退院時は、必ずしも、保護者の同意は必要なく、精神科医のみの判断で退院させることができると記載されているそうです。

ですので、今回の弟さんのケースも、保護者であるお父様の承諾がなくても主治医のみの判断で弟さんを退院させても、法的には問題がないそうです。

 

ただ、退院後の生活環境が、今回の場合は、整っていないということで、

現在入院中の病院を退院⇒自宅に

というのは、無理ではないか、それなのに退院を強要する医師に問題があるという意見でした。

行政としては、医師に問題があるけれど、法的には違法行為を行っていないので、指導できないということでした。

 

そして、行政側としては、主治医が退院を表明している以上、現病院で入院を継続することは困難である。

かといって、退院して、自宅に、というのも困難であるならば、他の精神病院への転院をお勧めします。

とのことでした。

保健所の方も、通常は、主治医の先生から退院の話が保護者の方にあり、保護者の方が退院に同意し、患者様の退院後の生活環境などの整備に問題がないとなった地点で、退院となるとのことで、通常このようなことは発生しないのですがと。

主治医の先生は、なぜに、退院にこだわっておられるのでしょうか?

と不思議がっておられました。

 

やはり、ご家族の方が弟さんを対応できない以上、退院ではなく、転院しか手がないようです。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.


> 現在入院中の病院を退院⇒自宅に というのは父親と同居という意味でしょうか?  弟は父に暴力をふるうため 父親との同居は絶対に拒否です。  父の命の保証がありません。 そのため 「借家暮らし」となるわけです。 自宅の意味が「借家」なら別ですが。  


 


また、結論は「転院」とのお話ですが、まず退院したいと訴えている弟を他の病院へ転院させる手立てがわかりません。 まさか首に縄をつけて。。というわけにもいかないでしょうし 本人が納得するわけがないため。相当至難の業かと。 また、転院先の病院では終生入院生活ができるという保証はあるのでしょうか? 転院という話は過去に家族内で何度も話が出ましたが、絶対に無理。という結論で、結局25年ものあいだ、今の病院とかかわっているわけなのです。 (主治医の意図が理解しがたいので、かなり前にこの話は出ていました。) このままでは弟の命は見捨てられる ということにもなりかねません。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

借家は、大家さんの許可がでないのではないか?ということでした。

ですので、自宅に連れて帰るしかない。ということでした。

それで、自宅での同居は無理のようですよ。と説明しましたら、

そのような退院後の居場所のない状況で、主治医が退院を持ち出すのは、変ですね。

という話になりました。

で、どうしましょうか?

という話になり、入院継続もダメ、退院後の居場所もない、となると、

別の入院先を確保し、そちらに転院させるしかないのではないでしょうか。

という話になりました。

転院は、別の病院を確保しておき、その状況で、今の病院から主治医の手続きで、転院させる方法を取るということです。

保険所の担当者が言うには、ただ、自分の病院に継続入院させたくないだけの話のように思いますと。

ですので、転院なら、主治医の先生は、同意されるのではないか、とのことでした。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.


保健所との詳しいやりとり記載、ありがとうございました 。理解しました。  ただ、転院の手続きに付随する諸々の作業といいますか、それは簡単にできるものなのでしょうか?  院長は厄介な患者を他へ移すのだから簡単に首を縦に振るでしょうが、本人の意思確認、及び転院先病院での面談、診断等々があるようならば、あの今の弟の状態ではとてもではありませんが、本人が拒否し、暴れることでしょう。 そのあたりの問題が大きいと思うのです。  転院が簡単にできるものなのかどうかがどうしても疑問なのです。 保健所の方は現場でのことをどこまで理解されているのでしょうか? 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

転院手続きに関しては、本人さんは関係なく、ソーシャルワーカーさんを通せば、できるはずだと言っておられました。

今の病院の主治医の先生さえ、転院を承諾すれば、転院に必要な情報提供など、もろもろの書類は、病院が用意、本人には、主治医から転院の話をするのが、一般的だと。

暴れた場合は、また、病気の安定性は認められていないことになり、引き続き入院治療が必要となり、その地点で、保護入院に戻るであろうと。

 

質問者: 返答済み 3 年 前.


今、父に確認をとりましたところ、CWさんからのお話では、保証人がなくとも借りれる(住まえる)ところがあるらしいのです。  しかし、保証人なし ということは、何かトラブルがあった際には、病院に連絡がくるわけで、CWさん自身が対応せねばならず、「私自身、無理です」とおっしゃっているとのことです。  そのCWさんご自身がそのように思われ、主治医の院長を説得しようとなされていて、その際に後ろ盾が欲しい。とまで言われたそうなのです。


 


ちなみに 病院名は、奈良の 平和会 吉田病院 http://heiwakai.or.jp/ というところです。総合病院ですが、一応母体が精神病院となっているようです。 院長は、経営者ではなく、雇われ院長です。


 


父は、転院は100パーセント無理だ。と断言しています。


その上で、困り果てています。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

吉田病院のCWさんが、入院継続の協力をしてくださるということですか?

それでしたら、奈良保健所に私が話しても、いいですけど。

 

官公庁で、今日が仕事納めですかね。

それとも、30日は、しているのでしょうかね。

 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

入院継続の意向を行政に提示できる方法を見つけました。

精神保健に関する法律の規定によると、任意入院以外の入院形態で入院した者については、1年ごとに都道府県に設置されている医療審査会で入院の必要性があるかどうか?が審議されているそうです。

その審査会に、保護者が適切な措置を病院側がとるよう申し立てを行うことができると記載されています。

方法は、県知事に申し立てを行うそうです。

申し立てを受けた県知事が審査会に審議を要請、要請を受けた審査会は、病院側から治療経緯など判断に必要な資料を取り寄せ、医療審査会で審議にかけるそうです。

 

つまり、保護者であるお父様が、主治医の退院勧告に同意できない意を県知事に申し立てる制度です。

質問者: 返答済み 3 年 前.


色々とお心を砕いていただき本当にありがとうございます。 


父は今現在、自分自身も精神科に通いな がらの生活を送っております。 サインバルタを服用中です。 母が認知症で倒れ、10月に施設に入所するまでは 介護をしながらの日々でした。しかし、それも限界がきて本人が拒否を続けていましたがようやく入所にこぎつけたという経緯があります。 しかし、入所後も携帯から電話をかけてきては父に罵詈雑言を浴びせ、辛い体をおして毎日毎日 施設通いをしております。 会いに行けば暴力も受けています。そんな両親を遠くで心配しておれず、何度も奈良へ足を運びましたが、私自身もそれが元で胃潰瘍になり倒れてしまいました。   そこへ、飛び込んできた、ふたたびの弟の退院話です。 父の心労はもう限界です。  息子の命をも守りきれないと言うほどまでに追い詰められた状態にあります。 


先生、非常に身勝手なお願いなのですが、父と直接お話しをしていだくことはできませんでしょうか? ご連絡先をお教えいただければ父の方からお電話させていただきたいのですが。


誠に勝手とは承知の上のお願いです。 お返事お待ちしております。


 


最後にいただいた回答の異議申し立ての件も、口頭でお話しいただけると非常にありがたい。と申しております。


 


 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

私は、お父様と、話をしても構いませんが、このサイトで、電話番号やメールアドレスなど、

個人情報を掲載すると、サイト側の規定によって、消去されてしまいます。

どうしましょうか?

 

質問者: 返答済み 3 年 前.


父とお話しいただけるとのこと、非常にありがたいです。


父の個人情報なら構わないのでしたら、こちらからお教えいたします。  電話 0XXX-XX-XXXX  松本強 と申します。  先生はいつの時間帯がご都合よろしいのでしょうか?

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
サイトの画面みてもらえますか?
電話番号が、×で表示されています。

こうなるのです。

なので、このサイトで、個人情報のやりとりは、できません。

で、次のアドレスにアクセスして下さい。
http://www.morino-medical.info
アクセスして、メール相談から連絡下さい。
後は、ここで話すことできませんが、連絡いれます。
質問者: 返答済み 3 年 前.


先生のサイトに行き着きました。メール相談はどこからさせていただければよろしいですか? 

質問者: 返答済み 3 年 前.


電話番号がわかりましたので、こちらから今お電話させていただいてもかまいませんか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

異議申し立てのことにかんして、父は「厄介やなぁ…」と申しております。老齢ゆえに、手筈が面倒なようです。  しかし、それをしなければ、強行退院がなされてしまう。。  法の壁の前ではやはりそこまで考えなければいけないことなのでしょうね。  先生がご質問のCWさんは、もちろん入院継続をご自身がすべきだとおっしゃっています。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
連絡ありがとうございました。

意義申し立ては、お父様は、申し立て人で、内容は、CWさんがご協力頂けるなら、
CWさんの話が中立的立場で、良いと思います。
申し立て方法は、私が県に聞いておきます。

月曜日に連絡取れれば、お知らせします。

でも、CWさんを巻き込んで、いいのでしょうか?
申し訳ないです。

医療 についての関連する質問