JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14144
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

45歳独身女性 2、3年前から体の不調が増えてきました。 当初は疲れや年のせいとも思い、色々なサプリメント等も試

解決済みの質問:

45歳独身女性
2、3年前から体の不調が増えてきました。
当初は疲れや年のせいとも思い、色々なサプリメント等も試してみましたが、調子が良くなったと感じる事はなくなんとなく悪くなってきているようにも感じます。
まず、倦怠感がひどく外出する事、他人とコミュニケーションをとる事 がおっくうになりました。また頭痛、めまい、胸もしめつけるような痛みがあったりと頻繁に症状が出るようになってきました。
最近は気分の浮き沈みが激しいようにも感じます。
「うつ」なのか?と不安になっています。
私には頼れる家族もいませんし、そこまでを相談をする友人もいませんので生活の事とかを考えると毎日不安です。
考えると夜も眠れない時があります。それがまた体の不調の原因になってしまいます。
また仕事のストレスも強く感じています。
今年3月に体調不良で一旦退職し、半年前に同じ会社で違う部署で復職しました。
上司と合わない事もあってか最近は胃痛までします。
1ヶ月前に突発性難聴で入院してから、仕事に対しても前向きになれなくなりました。
なんとか頑張って仕事に行っても体調が悪い日が何日も続きます。
一度休むと何日も仕事に行けなくなります。
年一度の健康診断では貧血と言われるくらいです。
病院に行くべきと思うのですが、どうしても行く事ができません。
そこでこちらを利用させていただきました。
どうか宜しくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。心療内科医です。

「考えると夜も眠れない時があります。それがまた体の不調の原因になってしまいます」というご記載を拝読しますに、不調の悪循環が起きてしまっているように思われます。
ただ、その不調の「核」をみつけ、治療が可能なものならば治療をうけられるべきでしょう。
「病院に行くべきと思うのですが、どうしても行く事ができません」とのことですが、インターネット越しに治療をして差し上げることはできませんので、何とか背を押して上げられればと思うのですが……。

少し補足情報を下さい。

①経過としては、2~3年前から「不調」が始まり、半年前の復職や、1ヶ月前に突発性難聴をきたしたことでそれがさらに加速した、と理解してよろしいですか?

②突発性難聴は聴力障害を残さずに治ったのでしょうか。

③失礼ながら、一般的には更年期にさしかかるご年齢だと思います。現在、月経は規則的でしょうか。

④不調が始まってからこれまだ、内科、婦人科を含めて、この件で医療機関にかかられたことはないと理解してよろしいですか?

⑤勤務先の検診などでは、「要精密検査」等の評価を受けた項目はないでしょうか。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません(本日この後から外来が始まりますので、午後以降になるかもしれません)。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

メールありがとうございました。
返信が遅くなり申し訳ありません。


先生からいただきいました、補足情報について回答させていただきます。


①退院しても耳の調子が思わしくない日があったりした事もありますが、そうだと思います。仕事上の上司との信頼関係がないまま毎回調子を聞かれるのも変にストレスになっています。心配してもらっていると言うよりまともに仕事できるの?と聞かれているように思うのは心が疲れているからなのでしょうか?


②生活上は問題ないと思います。ただ人の会話の周波数のところが聞こえずらいとの結果のため完治はしておりませんし、これ以上良くなる事はないと担当の先生からは言われました。また仕事がテレオペのため負担がかかるのかもしれません。


③月経は以前はそうではありませんでしたが、不規則になっています。ない月もありますし、月2回の時もあります。


④この件で医療機関にかかった事はありません。


⑤要精密検査はありません。ただ貧血があった為薬を服用していた時もあります。突発性難聴の入院時の血液検査では貧血ではありませんでした。


⑥13点でした。


以上です。


お手数をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける13点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様がご記載になられている現在のご様子は、うつ病の症状によるものと考えて矛盾しません。

以下、相談者様の診断がうつ病であるという前提で回答いたします。

うつ病にも色々なタイプのものがあります。
脳の病気としての性格が強く、何のきっかけも無く、比較的急激に発症するうつ病もあります。
深刻なストレスがかかり、もしくは複数のストレスが重複・持続することで次第に進展していくタイプのうつ病もあります。

相談者様は後者だと思われます。
ご記載のような状態ならば、気持ちが塞いでも当然でしょう。それがあるところで一線を越えてしまったのだと思われます。

相談者様のようなタイプの患者様の場合、薬物療法ともに、カウンセリングを受けられて、ご自分の中で問題を整理し、解決(できるとは限りませんが)の方向をみずから見つけ出していくアプローチが必要です。
現在相談者様が直面している問題は、相談者様自身が解決もしくは落としどころをみつけなければならない問題です。
しかし、現在の相談者様は少し疲れておられて、お一人でそれに対処できる状態ではないように思います。
専門家の助けを求められるべきでしょう。

医師だけではなく臨床心理士がいて、カウンセリングも行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されることを強くお勧めいたします。

医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

遅い時間にもかかわらずありがとうございました。
一点質問があります。


以前ネットで心療内科を受診する場合は身内等に付き添ってもらったほうがいいと言うような事が書いてありました。


突発性難聴で入院した時先生に付き添いの方といらっしゃっていますか?と聞かれびっくりしてしまいしばらく言葉が出てきませんでした。


どんな時もひとりが当たり前だったからです。


その言葉をまた言われたらと思うと病院へ行くのも嫌になります。


相談できる家族も友人もいないからです。


それも医療機関によるとは思いますが、病院にいい印象がないものですからまた病気の内容も内容の為不安です。


こんな事を先生に相談する事ではないのでしょうが、ひとりで受診しても問題ないでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

私の経験では、昨今、精神科・心療内科を標榜する、うつ病の患者様は、半数以上がお一人で受診されると思います。

統合失調症や、躁うつ病の躁状態の患者様、うつ病でも病識(自分が病気だという認識)が無くなってしまうような重症例の患者様ではご家族の同伴が必要です。それは、患者様ご本人に、医師の説明を適切に理解し同意する能力(インフォームドコンセント能力)が一時的に失われていると見做されるからです。

ここまで、文章でしかやり取りをしていないわけですが、相談者様であれば、お一人で受診されても問題はありません。
恐らく外来治療が行われることになりますから、一般に、精神科医が「付き添いの方といらっしゃっていますか?」と聞くことはないと思います。

回答になっておりますでしょうか?
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14144
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問