JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

個人のある整形外科で脊柱管すべり症によるヘルニア除去のレーザー手術を受けました。その手術の前日にブロック注射をしまし

解決済みの質問:

個人のある整形外科で脊柱管すべり症によるヘルニア除去のレーザー手術を受けました。その手術の前日にブロック注射をしましたが注射により歩くことが困難になり翌日に手術をしましたが一度目に痛みがひどくMRIの結果まだヘルニアが残っているといわれ再度やりました。80~90%は痛みが取れるという話でした が120%の痛みが襲ってきます。 治療費は保険がきかないので検査料等130万でした。
私はこのまま、今の病院で治療をすることは非常に怖くて多の病院に転移したいとおもっています。その場合、これまでのデータ。紹介状は出してもらえるのでしょうか。
拒否をされることはあるのでしょうか
また治療前と後で余計に悪い状態になったのですから治療費は多少とも返してもらいたいと思っていますが 一般的にはどうなんでしょうか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

「治療の不成功」は一般的には医療費を返還する理由にはなりません。医師は成功報酬制で仕事をしているわけではなく、100%の成功を約束して手術を出来るわけでもないからです。悪化や、合併症の可能性についても記載された説明同文書に、相談者様も術前に署名をされているのではないでしょうか。
明らかな医療過誤があった場合は、慰謝料の請求ができるかもしれませんが、それは法律論になりますので、法律カテゴリーで相談されてみるとよろしいかと存じます。

検査データのコピーと紹介状は作成してもらえるのが一般的ですが、法律的には医師の義務とはされていません。よって理屈の上では医師がことわることもできます。

少し補足情報を下さい。

①脊柱管すべり症という疾患はありません。脊椎すべり症と椎間板ヘルニアという病気はありますが、両者は異なる疾患です。相談者様の診断名について確認させていただければと思います。

②執刀医は日本整形外科学会が認定した脊椎脊髄専門医ですか?

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html
↑↑↑クリックしていただくと名簿が開きます↑↑↑

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
情報リクエストにご返信いただけますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問