JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めて質問させていただきます。私の母のことです。 首の骨と腰の骨が少し減ってきているそうで、その影響が前からで

解決済みの質問:

初めて質問させていただきます。私の母のことです。

首の骨と腰の骨が少し減ってきているそうで、その影響が前からでてはいたのですが、さらにひどくなってきています。あまり、痛いと言わない母が泣きそうになり、足も引きずりながら歩くようになっています。このまま だと、痛みで鬱病になるのではというくらいで、どうすればいいかわかりません。

症状は、腰からお尻、足にかけての痛みがある。
膝や足首のどちらか、あるいは両方がピクピクと痛む(歩くと痛むようで、動かすだけなら平気だそうです)
朝起きたときがとくにひどく、腰とお尻の中間?部分が痛み動けない。
腕がいつも重苦しく、指がこわばったり、しびれたりする。
肩や背中がこわばる
などです。

薬はリリカカプセルとトラムセットを処方されているようですが、効き目はありません。
リハビリとして、首の牽引などをしてもらっているそうですが、その後は朝起きたときと同じように動けなくなります。

首や腰以外に原因があるのか、治療法を変えるなどするべきなのかわかりません。
回答宜しくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

ご記載の症状自体は、頚椎と腰椎のトラブルから生じているものとして矛盾しないと考えます。腰椎はおそらく4番、5番と中心とした変形が起きているのでしょう。


少し補足情報を下さい。

①治療内容を拝見しますに、いかにも「地元の整形外科医院」的ですが、お母様はどれくらいの規模の医療機関の何科で治療を受けられているのでしょうか? 脊椎・脊髄専門の整形外科・脳神経外科・神経内科医にはかかられていないのですか?

②「首の骨と腰の骨が少し減ってきている」とのことですが、診断は何なのでしょう。

③ペインクリニックの受診を勧められたことはありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

迅速な返答ありがとうございます。


 


1、母自身、どのような病院に行ったらよいのかわからず、数年そこに通っています。地元の個人病院の整形外科です。脊椎・脊髄専門などには行っていません。


 


2、診断名としてはっきりと言われてはいないようです。ただ、レントゲンをみてつぶれてきてるとしか言われていないようです。母は、頸椎症だと思っているようです。


 


3、ペインクリニックを進められたことはありません。今、私がペインクリニックを含めほかの病院をすすめているところですが、どうしたらいいかわからないとしか言わず、行動する気力がなくなってきているようです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

脊髄から、頚椎の間を通って上半身に伸びる神経を頸髄神経、腰椎から下肢に伸びる神経を腰髄神経と呼びますが、これらの神経は、どの神経が身体のどの部位の運動と感覚とを司るかが厳密に決まっています。
例えば、「頸椎の4番と5番の間に椎間板ヘルニアがあって第5頸髄神経(C5)が圧迫されていれば肩に運動障害と痛み・痺れが起こる」、「第3腰髄神経(L3)に圧迫が起きれば大腿前面に痺れが起こる」ことから、痛みや痺れが生じている部位から逆引きして、脊椎のどこにトラブルが起こっているかを推測することが可能です。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/09/64/a0238864_21561979.jpg
http://www.octls.com/derl.jpg

お母様の場合は上下肢の広い範囲に強い感覚障害・運動障害が起きていますから、頚椎と腰椎の多椎間に渡るトラブルが起きていることが考えられます。

そしてその原因疾患は多岐に渡ります。それをまず診断する必要がございます。

【例:頚椎:病気の説明|頚椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症・頚椎後縦靭帯骨化症・頚部脊柱管狭窄症】
http://kubi-shibire.com/exp/exp.html

原因いかんでは、脊椎固定術などの手術治療が必要になることもございます。
現在の治療を続けられても病状は進行することが予想されます。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎・脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を行ってもらえる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html (既出)

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他2 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問