JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10年以上前から、時折右大腿部の表面がヒリヒリしておりました。ところが最近、毎日ヒリヒリするようになり、悪化してきた

解決済みの質問:

10年以上前から、時折右大腿部の表面がヒリヒリしておりました。ところが最近、毎日ヒリヒリするようになり、悪化してきたようです。サポーターを着用していますが、少し緩和される程度です。何が原因なのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では、診断に関わるご質問はもっとも回答が難しいもののひとつです。
「何が原因なのでしょうか」というご質問ですが、可能性を提示できるに留まることをご了承ください。

少し補足情報を下さい。

①「ステロイド系治療薬・・・・・改善せず サポーター着用・・・・・少々緩和される」とのご記載がありますが、既に医療機関を受診されているのでしょうか? どれくらいの規模の医療機関の何科を受診され、どのような診断を受けられているでしょう?

②「ヒリヒリ」する部分に変色や腫脹はあるでしょうか。

③身長と体重を教えて下さい。

④腰痛はありませんか?

⑤持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①医療機関は受診しておりません。


②患部に変色、腫脹はありません。


③170cm 65㎏です。


④腰痛はありません。


⑤高血圧で、その治療薬であるミカルディス錠1錠/日、アムロジピン錠2錠 /日を服用しております。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「ヒリヒリ」する部分は、下図のあたりでしょうか(クリックしてください)?
http://square.umin.ac.jp/jsss-hp/patient/numbness/img/img_meralgia1.jpg
質問者: 返答済み 3 年 前.

そのとおりです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様の大腿部の「ヒリヒリ感」の原因は、大腿外側皮神経痛である可能性が高いと考えます。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/13daitaigaisokuhisinkeituu.html
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/img827.pdf

体型的には肥満傾向ではないようですから、腰痛は無いとのことですが、あるいは腰椎に、神経を圧迫するような何らかのトラブル(椎間板ヘルニアなど)が起きているのかもしれません。

神経の問題である可能性は高いですから、まずは神経内科を受診されることをお勧めいたします。もしも腰椎に原因がありそうだということになれば、脊椎の専門性が高い整形外科を紹介されることになると思います。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問