JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

82才の義父の事です 3年程前に 突発性難聴になり 出かける範囲が狭くなって来ています。かかりつけの医師が300万と

解決済みの質問:

82才の義父の事です 3年程前に 突発性難聴になり 出かける範囲が狭くなって来ています。かかりつけの医師が300万と言う費用の話を出しただけで 義母が棺桶に片足突っ込むようになってから そんな金額出せないと 話をストップさせてしまったようです。 ですが話好きの義父を見ていると 何とかしてあげたいのですが 我が家 にも余裕は有りません。 今現在 障害者手帳を頂いています。高齢の医療と障害者の医療を使用して 安く手術出来る方法は無いのでしょうか?義父は昔から メヌエルを持っていて その時に 耳の手術で身体が動かなくなることも有りますと言われているため 手術には乗りません。昔の医学より今の医学を信じなさい!と言うのですが・・・安く手術出来る方法は無いでしょうか?後 手術後何日位で退院出来るのでしょうか?
何か良い案が有れば 教えて下さい  宜しくお願いします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①「かかりつけの医師が300万と言う費用の話を出した」とのことですが、お義父様には、どのような手術の提案がなされたのでしょうか? 保険が効かない自費診療のものであれば「高齢の医療と障害者の医療」で安くすることは出来ません。また、これがわからなければ「手術後何日位で退院出来るのでしょうか?」というご質問には回答しようがありません。

②お義父様にはどれくらいの聴力が残っているのでしょう。補聴器は使用されていますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

どのような手術か聞く前に金額を聞いて義母が話を切ってしまったと思います。補聴器では聞こえないようです。使用の仕方が悪いのか 補聴器の販売の所で検査して貰ったと思います


どの程度なのか 全く聞こえてないようです

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

そういうことであれば、お義父様が勧められたのは人工内耳の埋め込み手術ではないかと推察いたします。

日本耳鼻咽喉科学会が定めた人工内耳の適応基準は、
(1)成人・小児ともでは両側90dB以上の高度感音難聴であること。
(2)補聴器の装用効果が乏しいこと。

ですから、お父様は人工内耳埋め込み術の対象をなりえます。
たしかに300~400万円の費用がかかりますが、片耳に対する手術であれば、2006年以降、この手術は保険が効くようになっていますから、患者様の負担はそのごく一部ということになります。後期高齢者であれば1割負担で済みます。
入院期間は10日程度です。
http://nannchou.com/tokusyuu_zinkounaizi7.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

さらに、費用については、「高額医療制度や自立支援医療制度によって手術にかかる総費用の9割以上を負担してくれますので、実際に支払う金額は高くても20万円前後となります。

これだけ支えられていると、有難いとともになるべく手術を受けさせてあげてほしいとも思います。

また、地方自治体の助成制度等もありますので、自分の地方自治体がどのような制度を設けているのか確認してみると良いでしょう。

また、人工内耳の手術を受けた際、数日間から数週間入院することもありますが、その際の入院費用についても保険が適用されますので、加入している人は申請を忘れないように行いましょう」(http://www.iki-iki.net/20130831193204.html より引用)。

つまり、人工内耳埋め込み手術であれば、相談者様が仰る通り、「高齢の医療と障害者の医療を使用して 安く手術出来る方法」はあることになります。

「300万円」で話が止まってしまっているとのことですが、仮にお父様が勧められた手術が人工内耳埋め込み術であるならば、この手術によって、片耳だけとはいえ聴力が戻ることが期待でき、かつ、上述の通り自己負担額は小さく出来ますから、再度医師のもとにお話を聞きに行かれ、前向きに手術を検討されるようお勧めするのがよいのではないでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問