JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

広範囲の火傷です。

解決済みの質問:

はじめまして。55歳の主婦です。11日(5日前)に熱湯を浴び、左足の太ももから膝までと、足の甲から指先まで、右足のふくらはぎ内側を火傷しました。 すぐに形成外科に行きましたところ、水を抜かれ、処置をして包帯をまかれ、「範囲が広いから次は皮膚科に行ったほうが良い」と言われ、痛みがなかったものですから大したことがないと思い、翌々日(13日)に近所の皮膚科に行きました。 処置はタオルのようなもので押さえ、薬を塗られたのかよくわからないですが、ガーゼを緩く貼ってテープで止められ、緩いサポーターのようなものをはかされ、靴下を履かずに乾燥させておくようにと言われました。 左足の甲が腫れ、後は水膨れが結構ある状態です。 金・土・月(今日)と通っていますが、日を追うごとに痛みが増しています。 今日は「痛いのですが」と言ったら、「水膨れが破れたから痛いのよ」と言われただけで、特に痛みには対応し てくださるようでもなく、前と同じような処置で帰されました。 家に帰り、昼食を食べて薬を飲みましたが、痛みは増すばかり。 トイレに立つのも辛く、この痛みがいつまで続くのか、ずっと我慢しなくてはいけないのか、と泣きたくなります。 せめて痛みが薄れたら、と思うのですが、途中で病院を変えることにはちょっと抵抗があります。 が、ネットで調べていると今はやけどの手当は湿潤療法というのが主流であるというのを見ました。 かかっている皮膚科の治療法は違うように思います。 今から変えたら痛みがなくなるでしょうか? とはいえ、歩けないために公共交通機関も利用できないので、近場の病院しか通えません。 近所の大きな病院をネットで調べましたが、皮膚科があるのは確認できましたが、療法まではわかりませんでした。 このまま痛みを毎日我慢しなくてはいけないのか、と思うと病院を変えたいと思いますが、変えても同じように痛いのであればこのまま我慢するしかないと思い、悩んでいます。あと、足を高くする以外でこうすれば少し楽になる、という方法がありましたら教えてください。 とりとめのない質問で申し訳ないですが、ご回答をお願いします。 ちなみに近所の病院は仙台徳洲会病院です。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。

湿潤療法は、熱傷治療の主流というわけではありません。
次第にこの治療法を支持する医師が増えてきていますが、例えば日本皮膚科学会の治療ガイドラインに掲載されるようになるまでにはなっていません(例として、湿潤療法では熱傷の水疱は破ってラッピングするのが標準手技ですが、従来療法では水疱を破るか破らないかは医師によって判断が分かれます)。

どちらが優れているか、結論はでていませんが、どちらの治療方法を採るにせよ、患者様の苦痛は最小限に留めるよう治療がなされるべきでしょう。
その観点からすると、除痛治療にまったく頓着していない現在の皮膚科には早いうちに見切りをつけ、転院を検討されるべきだと考えます。

仙台徳洲会病院の皮膚科ではガイドラインに沿った治療をしているとのことですから湿潤療法は行っていないと思います。
http://www.tokushukai.or.jp/sendai/sinryouka/hifuka.html

徳洲会病院は相対的にしっかりとした治療をしますから、ここを転院先の第一候補とされてもよろしいかと存じます。

湿潤療法をご希望される場合は、お隣の青葉区に、この治療を行っているクリニックがあります。

【ふくじゅ草クリニック】
http://www.fuku-cl.jp/naiyou.html

ただし、「広範囲熱傷、3度熱傷に対応できる病院と、対応できない病院がありますので、 広範囲熱傷、3度熱傷の場合は必ず事前に電話などで連絡してください」(http://yakedocare.client.jp/moist_03.html より引用)とされていますから、受診されるのであれば、事前に連絡をなさるべきでしょう。

湿潤療法派側の主張では、湿潤療法の方が従来治療よりも痛みの回復は早いとされています。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答をありがとうございます。


 


専門家の方の口から湿潤療法が主流ではないと聞かされ、ほっとしました。


湿潤療法の病院は調べるととても遠いので。


でも、やはりこれからも続くかも知れない痛みを思えば、病院を変えようと思います。


色々と調べていただきまして、本当にありがとうございます。


なんだか一人で悩んでいたのが嘘のように心が軽くなりました。


 


が、病院へ行くのは明日のことになりますので、今現在の痛みを少しでも緩和する方法がありましたら教えていただければありがたいです。


(記事を編集して質問に付け加えた項目でした)

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
一般的な鎮痛剤が効くと思います。

ご自宅に置き薬はございますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.


病院で頂いた薬を飲んでいます。


トランサミンカプセル250mgとセフゾン100mgと包装に書いてありますが、どちらかがそうではないでしょうか?


(上記、夕飯時に飲みました)


市販薬は確認してみましたが、今は切らしているようです。


前の病院では、お薬手帳によるとロキソプロフェンNa錠というものをいただいて、まだ残っています。


 


また、追加で質問を申し訳ないですが、どのような格好をしているべきでしょうか。


今の病院では着物やおこし(タオルケットに紐を縫い付けたもの)、男のものの綿100パーセントのズボン下を裏返して、等と言われています。着物は持っておりませんし、おこしはタオルケットでは上手に作れずに挫折しました。男物のズボン下(いわゆるステテコ)を購入してはいていますが、寒すぎますので、毛布にくるまっています。


病院に行く際も、タオルケットを巻いたりして行った方が良いでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

トランサミンは抗炎症剤、セフゾンは化膿止めの抗生物質ですから、どちらにも鎮痛作用はありません。
ロキソプロフェンを服用されるべきでしょう。もっとも一般的な鎮痛薬ですので、熱傷の痛みにも有効です。

着衣については、ゆったりとしたもので熱傷部位を圧迫しなければどのようなものでもかまいません。
緩めのスウェットのような衣服を来ておられればよいと思います。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問