JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

83歳の義母が胆石による膵炎で疝痛を発症し緊急入院。症状がおさまった後、内視鏡で胆石除去を試みるも失敗(※若い頃に胃

質問者の質問

83歳の義母が胆石による膵炎で疝痛を発症し緊急入院。症状がおさまった後、内視鏡で胆石除去を試みるも失敗(※若い頃に胃の切除手術・ポリープの経験あり)し、何とか胆管ステントの設置は終わらせました。一旦退院し、再入院。その後、再度内視鏡で胆石除去を試みるも、事前検査により、設置したステントがずれて十二指腸を貫いているら しい事が判明。何も処置がないままに、再入院生活が2週間続いています。現在、義母の容態は落ち着いていて、どこの痛みも無く、食事も問題がありませんが、ステントを何とかしない限り、腹膜炎等の心配は残ったままです。もちろん、胆石も取れていません(医師によると、胆石は2つに割れて胆汁は流れているとの事)。外科に相談後、もしかしたら転院もありうるとの説明を受けましたが、家族としてどうずればよいのか悩んでいます。ぜひ

良いアドバイスをお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

お義母様は、過去の手術のために腹腔内に癒着が生じており、腹腔鏡(内視鏡)手術が行えない事例なのだと思われます。
検査所見等を拝見できませんので確たることは申し上げられませんが、「現在、義母の容態は落ち着いていて、どこの痛みも無く、食事も問題がありません」とのことですから、全身状態が良いうちに、開腹手術を行って胆のう摘出とステントの抜去を行うべきでしょう。

①「外科に相談後」とのご記載がありますが、現在はどれくらいの規模の医療機関の、何科に入院されているのでしょう?

②「家族としてどうずればよいのか悩んでいます」とのことですが、具体的には何を悩まれているのが教えていただけますが?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

入院している機関は、水戸の済生会病院の消化器内科です。


一番悩んでいるのは病院を変更すべきかどうかです。高齢な義母にとって、開腹手術は色々とリスクが高いと思われます。医師の力量が問われる手術だと思うので、このままこの医療機関に義母を託すべきなのか、あるいは安心して任せる医師を探すべきなのか、その場合、どの様に探せばいいのか悩んでいます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

執刀する医師の力量はなかなか外部からはわかりませんので、たしかに慎重になる必要はあろうかと存じます。
癒着があることは確かですし、ご高齢ですので、外科医だけではなく麻酔科医の技量も問われるでしょう。

追加で質問ですが、

③現在入院されている病院にも消化器一般・乳腺外科があり、ホームページの記載を見る限りは消化器系の手術の専門性は高そうです。
http://www.mito-saisei.jp/geka.html

「外科に相談後、もしかしたら転院もありうる」というこの「外科」は同院の消化器一般・乳腺外科なのだと推察しますが、なぜここで手術、ではなく、転院が検討されるのでしょう?

④病院に医療相談員がいると思いますが、こちらには相談はされていないのでしょうか。
http://www.mito-saisei.jp/hukushisoudan.html

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい。水戸の済生会病院だったので安心していたのですが、担当の内科医曰く「ステントがずれて十二指腸を突き破るねめるといった事例は大変珍しく、外科が手術を嫌がっているので、なかなか調整がつかない。」との事。その担当医うから転院もあると告げられて、三つ程病院名を言われました。この開腹手術は、済生会では手に負えないという事を間接的に伝えてきたのでは、と不安な気持ちが抑えられません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

内科主治医が「外科が手術を嫌がっているので、なかなか調整がつかない」とまではっきりと仰っているのであれば、「この開腹手術は、済生会では手に負えないという事」を、間接的にはなく、直接的に伝えてきていると理解してよろしいかと存じます。

既に「三つ程病院名を言われ」たとのことですが、相談者様のご不安は、それらの病院でもお義母様の手術に難色を示されるのではないか、もしくは、それらの病院の医学的な水準にご懸念があるということでしょうか。

主治医は、それらの病院が、お義母様を受け入れて手術を行ってくれるという確約をえているのでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい。主治医がその他の病院から手術受け入れの承諾を得ているかどうかは確認をしていません。今日か明日に、再度主治医からの説明を受ける予定になっています。精一杯頑張りますと言いながら、既に三つ程の病院への転院もありうるとの話は、やはり手に負えないという事だったのでしょう。その上、その三つの病院の水準を知る由もなく、またたらい回しにされるのではと、懸念しているのも事実です。しかし、その様ないい加減な対応がありうるのでしょうか?不安でなりません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

病院の名前は出したけれど手術を引き受けてくれる確約は得ずに、患者様を放り出すような対応はあってはならないものです。
医療過誤とまでは申しませんが、ステントによる十二指腸穿孔は済生会病院で起きたアクシデントですので、そのために済生会病院での手術が難しいというのであれば、手術を引き受けてくれて、なおかつ技術水準が高い医療機関に確約をとった上で、入院⇒入院の形で転院できるよう、手筈を整えるよう要求されるべきです。

たったひとつ確実な事実は、手術が遅くなればなるほど、成功確率が下がり、手術の合併症が起こる可能性も高くなるということです。頭書しましたように、「現在、義母の容態は落ち着いていて、どこの痛みも無く、食事も問題がありません」とのことですから、全身状態が良いうちに、開腹手術を行って胆のう摘出とステントの抜去を行うべきです。

状況からすると、済生会病院で手術を行えないのであれば、大学病院クラスの医療機関を、上記の条件のもと、紹介してもらうのがベストでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

※ご不安であれば、県の医療暗線相談センターでも相談されてみるとよいかもしれません。
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/koso/medsafecent/
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問