JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

以前までアモバン、レンドルミンを就寝前に飲んでましたが、夜中に目覚めるのではハルシオン、ロヒプノールに変更しましたが

解決済みの質問:

以前までアモバン、レンドルミンを就寝前に飲んでましたが、夜中に目覚めるのではハルシオン、ロヒプノールに変更しましたが、未だに夜中に起きている状態です。
 朝、サインパルタを飲んでますが、アモバンが相性良くないそうでハルシオンに変更になりました。
追加でワイパックスも朝夕飲んでます。
 口が回りにくいのと、食欲が増して太ってきました。副作用として食欲増進はこの薬の中にありますか。
アモバンとサインパルタはあっていた様に思うのですが、デパスも頓服として飲んでいます。
ご指導お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
お待たせしてしまいましたが、薬・調剤カテゴリの専門家(薬剤師)がオンラインではなかったため、運営側にお願いしてカテゴリ変更を行ってもらっていたために時間がかかりました。
また、ご質問の内容からも、精神科医が回答すべき内容であると考えました。

精神科のお薬はそのほとんどが食欲や体重を増加させる方向に働きます。

また、ハルシオン、ロヒプノール、ワイパックス、デパスは、化学的にはベンゾジアゼピン系薬物に属します。
ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】

少し補足情報を下さい。

①相談者様は精神科・心療内科で治療を受けられているのでしょうか?

②診断名を教えて下さい。

③呂律の回りの悪さ、体重増加について、主治医と相談されていますか?

④治療を開始されたのはいつですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

三年半前から心療内科に通ってますが、サインパルタを処方されて、三日間食べることが出来ずダウンしてしまい、病院を変えドクマール、ジェイゾロフトとリフレックスになりこの頃から一カ月で七キロ増加しました。太ってきたのが辛いと訴えて、ジェイゾロフトとアモバン、レンドルミン、デパスで体重減はないままで続けていましたが、良くもあまりならず、元の心療内科に先月から戻りました。


今はジェイゾロフトを三、四カ月前から自分で少しずつ減らし、デパスと睡眠薬でがんばっていたら、体重は五キロ自然とやせました。


今の心療内科では強く太る事が嫌だと伝えてありますが、私に合う薬を選んでる様ですが、呂律の事はまだ伝えてありませんし、体重増加、食欲増進もここ、最近なのでつたえてありません。即効性がないにしろこのまま次の受診まで飲み続け怖さと、夜中に起きてしまうことが、仕事などに影響が出でそして何よりまた太る事の恐怖がストレスです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

こちらもお願します。
②診断名を教えて下さい。

そして、当初の症状は改善しているのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

初めは適応障害で休暇の診断書を出されました。


いつもはテキパキその日の予定を立てて忙しくしていたのですが、潔癖症で一杯一杯でしたが、職場の知り合いが倒れてふと気落ちしたような感じで何もする気がなくなり、そのせいかイライラが激しくなり受診した経緯です。


仕事場も辞め、半年くらい休みましたが子供もまだ小さく誰も見てくれる人がいなく生活の不安もあり、ゆっくりした気はしませんでした。


今はひどい時よりは動けてますが、自分の予定がうまくいかなかったりいつもと違う用事が入るとイライラして落ち着いて座ってもいられません。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/
質問者: 返答済み 3 年 前.


22点です

このまま飲み続けて様子を見たほうがよいのでしょうか。

今は物忘れが多く、集中力に欠けますが仕事と育児は何とかぎりぎり出来ているのですから、回復はしてきているのだと思います。

しかし現在服薬中の薬に太るという副作用のものはありますか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

結論から申し上げますと、転院をお勧めいたします。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける22点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、とにかく早急な治療を 要すると判断される結果(きわめて重度)です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様がご記載になられている現在のご様子は、うつ病の症状によるものと考えて矛盾しません。
診断が曖昧なまま多剤併用の薬物療法が行われているようですが、そこだけ取り上げても高い評価が出来る治療を受けられているとは申し上げかねます。

以下、相談者様の診断がうつ病であるという前提で回答いたします。

うつ病であれば、まず適切な薬物療法と精神療法(カウンセリングなど)が行われる必要があります。
QIDSで22点という重症度であれば、まずは薬物療法の最適化が必要です。

うつ病の薬物療法の原点にして頂点は、1つの抗うつ薬による単剤治療です。1つの抗うつ薬を最大耐用量か最大承認用量まで増量し、十分期間(4~6週間) をかけて有効性を評価し、もしも効果が無いようならその抗うつ薬を止め、その抗うつ薬とは異なる効き方をする別の抗うつ薬を十分用量・十分期間試みる…… というやり方で、それぞれの患者様と「相性」のよい抗うつ薬をみつけるべきなのです。
相談者様の場合、この、抗うつ薬のローテーションは行われているようですが(最大耐用量か最大承認用量まで増量されているかどうかはわかりませんが)、十分な効果が得られていないようですので、さらに異なる抗うつ薬による試行錯誤が行われる必要がございます。

一方で、不眠やイライラという症状に対して大量のベンゾジアゼピンを使用されている点で大きな問題がある治療を受けられていると言えます。
呂律の回りの悪さも、体重増加も、そして健忘も、ベンゾジアゼピンの大量投与によって起こりうる副作用です。
前述したように、精神科のお薬はどれも体重を増やす方向に働きますので、サインバルタにもその傾向が無いとは言えません。

適切な薬物療法を受けられるために、積極的に転院を検討されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問