JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Dr.morinoに今すぐ質問する

Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

49才女性です。今年7月に左右の視野が僅かながら欠けていると自覚し地元眼科を受診し 両目共に原発開放隅角緑内障と診

解決済みの質問:

49才女性です。今年7月に左右の視野が僅か ながら欠けていると自覚し地元眼科を受診し
両目共に原発開放隅角緑内障と診断されました。
(受診当時の眼圧は左21、右17、視野検査では左が10時から11時の外枠一部域、右が10-11時、
4-5時外枠一部域で緑内障特有の中央には欠けは有りません。
両眼とも視神経乳頭陥没がなく先生も不思議がっておられました。)

処方されたキサラタンを点眼し、
翌月8月眼圧14、13に低下
2か月後10月17、16
更に2か月後12月17、16の経過だったと思います。この際に視野検査も同時に行い、先生曰く
変わりはないとおっしゃっていましたが、眼圧をもっと10に近づけるという事(薬効と得る意味)で
点眼薬をザラカム配合に変更になりましたが
これによる副作用と原因の推測を心配しています。

①そんなに眼圧を下げないと緑内障は進行するのでしょうか?
私なりに調べた知識ですが、元々緑内障の原因は十分に把握されていないようで
”限りなく10に近づける”のは心配です(正常値の下限のようです)

②一旦点眼を止めて、本当に進んでしまうのか半年程度の期間を見て何か進む兆候が捉えられるのであれば
その上で投薬治療を行うでは、とても危険なことでしょうか?

③眼科以外に渡る要因としてなのですが自分の体質に関して、思い当る要因もあり、
指に血行不良になるレイノー症状が前からあったこと、
過去に仕事で一時期かなり強いストレスが掛かった時期があったこと、
以前に他の診断の際に微小な脳内梗塞の後が見られる等があり、
これらを留意し規則正しい生活での血行や代謝改善の努力もしてきていました。

この下でも進行してしまうなら、点眼投薬に頼らざろう得ないかとも思いますが
(眼圧以外に上記のような要因について)如何思われますでしょうか

④2度目の視野検査後のことでしたが、欠けている部分が前回と分布で変化があるようにみたので
尋ねたのですが、欠損は変わるもの、問題になるのは中央の欠けと流され、
また同時検査で行った眼底写真を比較にみせて欲しいとお話しましたが(自分ではこちらの方が客観データと思ってです)、
それは変わるものだから参考にならない、重視すべきは視野検査の方との返答で
見せてはもらえませんでした。こういうものでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

はじめまして。

ご質問の件について、順に回答させていただきます。

 


①そんなに眼圧を下げないと緑内障は進行するのでしょうか?

すでに、ご存じかとは思いますが、正常眼圧は、10~20mmHgです。

この範囲内まで、眼圧が下がれば、問題はなく、必ずしも、10mmHgまで下げなければいけないわけではありません。

治療経過をみますと、点眼治療により、眼圧は、16~17に低下しているようで、一応、正常範囲内の眼圧になっております。

主治医の先生が、もう少し10に近づけると、おっしゃったのは、点眼治療を中止することで、眼圧の再上昇を起こす可能性を考えてのことではないか?と思います。

もちろん、点眼治療をやめたことで、必ず、眼圧が上昇するものではありませんが、

原発性閉塞性隅角緑内障と診断されていますので、何らかの原因で、眼球内を循環している水(房水)の排泄が悪くなっている状態です。

房水の排泄が悪くなっている原因が特定できていないため、原因を取り除くことができないため、点眼治療で、眼圧を下げ、視野欠損の進行や視力低下を防いでいる状態なので、

主治医の先生は、点眼治療を中止することに抵抗があるのでは、ないのでしょうか?

 

②一旦点眼を止めて、本当に進んでしまうのか半年程度の期間を見て何か進む兆候が捉えられるのであれば
その上で投薬治療を行うでは、とても危険なことでしょうか?

点眼治療を中止して、必ずしも、眼圧が上昇するわけではありませんから、

中止して、経過をみるという方法も確かにあります。

ただ、原発性閉塞性隅角緑内障は、徐々に進行する緑内障ですので、

自覚症状に気づきにくいといった点があります。

ですので、眼圧が正常になっていますので、点眼治療を一時中止するのは、問題ないですが、定期的な眼科受診は必要かと思います。

 

③眼圧以外の要因について

緑内障の危険要因として、①眼圧の高い人、強い近視の人、③遠視の人(高齢の女性は特に注意)、④視神経乳頭陥凹が拡大している人(初期の緑内障の疑い)、⑤乳頭陥凹に左右差がある人(初期緑内障の疑い)、⑥乳頭出血、⑦角膜の厚さが薄い人は眼圧測定値よりも真の眼圧は高い可能性がある、⑧緑内障の家系、⑨心臓疾患の人、⑩ネクタイをきつく締める人、⑪冷え性、血行不良⑫片頭痛、⑬低血圧、⑭やせ形の人

ということが言われています。

相談者様の場合、レイノー症状があった。

微小な脳こうそくがあった。ということで、

血液の循環不良があるかと思われ、それは、緑内障発病の原因となります。

ですので、現在、食事、生活習慣に気を付けておられるとのことで、緑内障の進行を抑えるうえでは、必要なことかと思います。

ただ、これだけしていれば、進行が抑えられるかというと、100%大丈夫ですとは言い切れないのが事実です。

 

④眼底写真を見せてもらえなかった

視野欠損を調べる視野検査と視神経への影響をみる眼底検査が緑内障と診断されると行われます。

どちらも重要な検査です。

眼底検査は見せてもらえなかったということですが、通常は、ご本人様が希望されれば、

検査結果は、すべて公開し、説明を行うこととなっており、今回の病院の対応には、疑問を抱く部分はあります。

 

 

以上、質問について順に回答しましたが、

このような回答でよろしかったでしょうか?

ご不明な点などありましたら、返信ください。

 

 

 

 

 

 

たた、

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


前回の質問内容に追加説明をさせていただきます。


仕事上の強いストレスとレイノー症があったのは平成15年から22年までで、自分の体に尋ねてみてこの時期に進行したのでは?と思ってます。


現在は、まだレイノー症はありますが以前に比べ徐々に改善していて、専業主婦となりスポーツジムに通う毎日です。そんな時、緑内障の診断をうけ即、点眼治療を始めました。


 


私のように緑内障で点眼治療をせず様子を見てみるという選択をされる方はおられるのでしょうか?


 


 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
レイノー症とストレスの時期がH22年まで、続いていたのなら、この時に、緑内障を発症していた可能性が高いですね。
原発性閉塞性緑内障は、ゆっくり進行し、当初は、無症状で気がつかないことが多いで すから。

レイノー症状は、あるけれと、改善しているとなると、血行不良も改善傾向ということですね。
ジムにも、通っておられますし。

緑内障の危険因子が、改善傾向なので、点眼を中止してみても良いかもしれませんね。
相談者様のように、一度、中止して様子を見る方は、多くおられますよ。
ただ、少しでも、見えにくいなど、ありましたら、すぐに、眼科を受診して下さいね。
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験: 総合診療医
Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問