JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

6~7年前より膝周りに、小さな赤い斑点が出来、それがかゆみをを増し、やがては腿の側面に広がり、今は腹部はもちろんわき

質問者の質問

6~7年前より膝周りに、小さな赤い斑点が出来、それがかゆみをを増し、やがては腿の側面に広がり、今は腹部はもちろんわき腹にも同じような「かゆみ」を伴う赤い、火山状の腫れ(担当医は掻いたため)がでてきてかゆみがとまりません。
皮膚科に見せたところ、「糖尿病より生じたかゆみであり、「対応策は無い」と言う診断です。
しかし、糖尿は6.0%(HbA1c(NGSP)程度あり(糖を下げる薬は毎日飲んでいます。)それ程血糖値が高いとは思われません。
 原因を教えて下さい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
6~7年前より飲み始めた薬がありますか。
何かきっかけのようなことに気ずいていますか。
他に病気がありますか。
手術したことがありますか。
市販のくスリを含めて飲んでいる薬の名前をおしえてください。
何かにアレルギーがありますか。
何かその症状を悪化させること、軽減することがありますか。
家系に病気の方がいますか。
その写真をここに添付できますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.


①「きっかけ」と思われるものは明確な心当たりがありませんが6~7年前に理容にて白髪を全面的に染めたことがありましたが、染めた次の日位に「頭の」地部に強烈なかゆみを覚え、リンパ液と思われる液が髪に付いたために、2~3日後に皮膚科に見てもらいましたが、病名が分からずに「塗り薬」と「飲み薬」(アレロック錠)のみをもらって対応しておりました・


その後も治らずに「痒み」が継続しています。


②他の病気は、少し「血糖糖」が高く、その対応の薬は毎日飲んでいます。(ジャヌピア錠50mg)1錠/日)


③現在血圧対応の薬は「レザルタス配合錠HD」(降圧剤)1錠/日、プラザキサカカプセル110mg(溶血剤)2錠/日


④手術の経験はありません。


⑤今回の病気荷対しては、市販の薬は一切飲んでおりません。


 但し、一般の風邪薬のような薬は年間で1~2回位は服用します。


⑥アレルギーは自分では「ない」と思っております。今までそのような症状が発生した事はありません。


⑦子供が3人居りますが(37歳、34歳、33歳)1番目と3番目にはアトピー製皮膚炎があります。特に、1番目は子供の頃酷く、小児喘息が出ました。今でも年間に1回位軽い症状ですが出るようです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
6,7年前に飲み始めた薬がありますか。その写真をここに添付できますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.



質問者: 返答済み 3 年 前.

最初は1日朝晩1錠づつ2錠でしたが「痒み」が強くなったため1日朝晩2錠づつ4錠に増えました。(アレロック)


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
その写真を次のメールに送ってください。送ったらおしえてください。 XXX@XXXXXX.XXX
質問者: 返答済み 3 年 前.
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
言葉足らずで申し訳ありません。薬の写真ではなく、その小さな赤い斑点の写真をおくってください。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。一つ訊きたいことがあります。腎機能不全がありますか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

腎機能については今まで何らの問題も指摘された事はありません。


但し、肝機能についてはΓγーGT」が、139、「LAP」は60(2013.11.06現在)の数値であり、注意をされています。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
わかりました。後天性穿孔性皮膚症のように思います。今、糖尿病の薬を飲んでいることはいつからかわからないが糖が高かったことを意味します。糖尿病、腎機能障害、肝機能障害, 甲状腺疾患、悪性疾患、疥癬等で起こる可能性があります。県立病院のような大きな病院で生検をしてもらって病理検査で確かめてください。診断確定後の治療としては局所および全身レチノイド、ステロイド外用薬や角質溶解、紫外線B光線療法、ソラレンを塗って紫外線Aをあてる方法があります。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


有難うございました。


早速、大手の病院にて診察、検査の依頼をしてみます。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
どういたしまして.ではお大事に。
質問者: 返答済み 3 年 前.


最後に質問を忘れましたのでお願いします。


 


この症状は、何らかの今後の治療により元に回復するのでしょうか?


又、


これらの症状に対する生活上で注意する事があれば教えて下さい。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
今後の治療により元に回復する可能性はありますがこの疾患は難治性といわれています。生活上で注意する事はその原因となる疾患に依存しますが一般に健康的な食事をとり、運動をして健康的な体重を維持することです。禁煙をして、飲酒もできるだけ避けるようにしてください。

医療 についての関連する質問