JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ocean-skyに今すぐ質問する
ocean-sky
ocean-sky, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 178
経験:  救急医、日本体育協会公認スポーツドクター
75715664
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
ocean-skyがオンラインで質問受付中

骨間神経麻痺不全 と診断され、9月25日に神経剥離手術を受けました。手術前は右手薬指のみが上がらない状態でしたが、現在右手2-5指が上がらなく、右手首の右方向へのスイングが効かな

質問者の質問

骨間神経麻痺不全 と診断され、9月25日に神経剥離手術を受けました。手術前は右手薬指のみが上がらない状態でしたが、現在右手2-5指が上がらなく、右手首の右方向へのスイングが効かない状態です。手術では、後骨間神経に神経のくびれがあり、くびれた部分を、伸ばす手術を行った。と説明を受けました。現在、右手での作業がほとんど出来なく、非常に苦しんでいます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

後骨間神経麻痺の手術は、神経剥離、時には神経のくびれ部の切除・縫合などの手術が行われます。

ご 質問者様は神経剥離手術を受けたということですが、術後2ヶ月の現在右手2-5指が上がらなく、右手首の右方向へのスイングが効かない状態なのですね。

主治医のいうとおり、神経の手術で回復の望みの少ないものは腱移行手術(他の筋肉で動かすようにする手術)を行なわれますが、術後経過について、セカンドオピニオンを仰がれてもよいとおもいます。


手の外科専門医のリストをご紹介いたします。お近くの医療機関をお探しいただけるかと思います。
ご参照ください。
http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html




質問者: 返答済み 3 年 前.

手術後の状態が、以前より悪くなり、仕事が満足にできない状態です。手術終了6時間後の回診で、指が4本上がらない 旨伝えると、担当医は、驚かれた顔になり、「やることは決まっていますから」 と最初から健移行手術ありき。ととれる言われ方をしました。手術前の説明では、手術によるリスクは、ありません。親指の付け根に、しびれがあるかもしれません。という事でした。手術は失敗であった。という事なのか、すっきりしない気分のままリハビリを、続けています。


 


神経剥離後の回復は、どの位を目途とすれば良いものなのでしょうか。


周囲に良いといわれる整形外科がなく、途方にくれています。よろしくお願い致します。


 


右手薬指が動かない事から、整形外科を受診→薬を飲んで、状況を見ましょう、神経内科を受診してください→(埒があかないと思い別の整形外科で受診)指の筋が切れている恐れあり。専門医に診てもらって下さい。→(現在の整形外科で)神経剥離術を受けて、右の2-5指が、動かなくなってしまい、だんだんと状況は悪くなって来ています。


 


どうか、良いアドバイスを、お願い致します。

専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
お返事ありがとうございます。

>手術後の状態が、以前より悪くなり、仕事が満足にできない状態です。
とのことで、大変お困りのことと思います。


>神経剥離後の回復は、どの位を目途とすれば良いものなのでしょうか。
神経のくびれの大きさや、周りとの癒着具合、また、その神経自体の神経炎の具合により、
術後の回復には個人差があります。


手術が失敗であったかどうかは術中所見を拝見しておりませんので何とも申し上げられませんが、
「後骨間神経にあった神経のくびれ」が悪さをしていて、特に、術直後のご質問者様の様子より、
神経剥離の手術で期待した効果をあげられなかったのではないか、と判断し、腱移行術ありきのような主治医の様子だったのだと思います。

>すっきりしない気分のままリハビリを、続けています。
とのことですので、その不安を払拭するためにも、できればセカンドオピニオンを早めにお勧めいたします。
今後の見通しを立てるために。



現在の主治医もおそらく手の専門医だと推察いたしますが、先ほどご紹介いたしました
手の外科専門医リストにはお近くに医療機関がございませんでしたでしょうか?

また、参考までに、後骨間神経麻痺の治療において全国整形外科多施設診療グループがもうけられております。
その参加施設の一覧もご紹介いたします。ご参照ください。
http://www.inps-japan.net/group.html
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答 有難うございました。 右手薬指の不自由さを感じ、3つの病院で診察を受け、結局は最初の状態より悪くなり、日常生活、業務に支障をきたし、困っている状況です。

 

セカンドオピニオンンについて、教えて下さい。病院に対してセカンドオピニオン宣言し、自分で次の整形外科を選ぶ という段取りでしょうか。実績のありそうな専門医のおられる病院まで通院で2時間はかかり、いざ手術 というと、気持ちは重いです。自宅に近い総合病院でセカンドオピニオンをする事は、地元で生活する上で、何かと不都合を生じるのではないか と

つまらぬ心配さえします。

 

セカンドオピニオン宣言しないで、診察を受ける というのは、問題があるでしょうか。医療過疎と言われている所で生活しています。何か良いアドバイス頂けたら、幸いです。

専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
セカンドオピニオン宣言を現在の主治医にせずに、他の専門医の診察を受けることは全く問題ありません。

ただ、他の専門医は全くデータのないところから診断を始める必要がありますので、
筋電図やMRIなどの検査を、もう一度する必要 が出てきます。


医療過疎と言われているところで地元の医師に遠慮されるお気持ちはよく分かります。

セカンドオピニオンを受けるのは、ご質問者様の権利であるので、
本来ならば現在の主治医に対して全く遠慮する必要ないのですが、、、
実際はご質問者様のように多くの方が遠慮してしまう傾向にあります。

ご自宅から2時間かけてセカンドオピニオンを仰がれるわけですから、
できれば、今までの経過や、術中所見を含め、筋電図の検査結果などを持参できる方が、望ましいですが、
どうしても現在の主治医には遠慮してしまう、、、というのでしたら、それはそれで問題ありません。
多くの方が身一つでセカンドオピニオン希望され、他の医師を受診されております。

医療 についての関連する質問