JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

上咽頭癌の放射線・抗がん剤による治療が終了後、1年以内に遠隔転移で骨髄癌腫症になり、現在タキソール5クール目の治療を

解決済みの質問:

上咽頭癌の放射線・抗がん剤による治療が終了後、1年以内に遠隔転移で骨髄癌腫症になり、現在タキソール5クール目の治療を始めましたが、腹水がたまりむくみがひどく、苦しんでいます。先生は「アルブミンの不足だと思う。薬が効くと思うから待て。利尿剤は使えない」とおっしゃって3日目になります。顔も手足もむくんでいます。とても苦しがってご飯もほとんどたべられません。何もできないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
腹水を抜いてそれが癌によって起っているかどうか分析をしてもらってください。おそらく、がん細胞がその腹水に存在すると思います。
癌による場合は腹水(21リットルまで)を抜いてもらってください。アルブミンは点滴する必要はありません。タキソールが効けば腹水も徐々になくなってきます。
その腹水が肝臓への転移による門脈亢進のためであるならばスピロノラクトンを一日100 mg、フロセマイドを一日 40 mgで開始してください。その量は栄養と体重減少を見ながら調節してもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問