JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14069
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

20数年前、うつ病で休職した経緯を同僚から聞いていたにもかかわらず、(うつ病が何たるかもよく知らなかったのが本当)結

解決済みの質問:

20数年前、うつ病で休職した経緯を同僚から聞いていた にもかかわらず、(うつ病が何たるかもよく知らなかったのが本当)結婚して昨年下の子どもが成人しました。
結婚して半年ほどでうつ状態のまま初めの会社を退職。大学時代に友人につてで次に会社に転職しましたが、10年足らずで今度は躁状態で無断欠勤や会社へのさまざまな迷惑をかけ、あまりにわがままな言動に「そんなに嫌なら、会社を辞めればいい」という私の言葉のままに退職しました。
以来、いわゆるサラリーマンにはなれず、障害者のヘルパーという職についています。
最近私の実家を立て直し、その賃貸部分に入居しましたが、引っ越しの際どうやら躁転していたようで、それ以来自分はアーチストだ、小説を書くとか映画を作るだのと大きなことを言います。
それだけでなく、躁状態のお決まりの浪費もひどく、クレジットでの買い物に手を焼き、カードを2度おりました。
何かを言えば「気分が悪い!」と言って家出も数回していますが、一晩から数日で戻ってきます。

長くかかっている精神科は有ります。躁状態になったと自覚してからは毎週通っています。
「自由になりたい」とか、「文句を言われるのは嫌だ」などというので、いっそ別居でもしたほうがよいのではと思い、担当医に話してみましたが、「鬱になった時に死んでしまうよ」と言われした。
ただ夫は、鬱のひどい時でも自分で死のうと思ったことは一度もない、と言います。

9月に引っ越しをする数ヶ月前から、自分でも上昇しているようだという自覚があったそうです。

一番ひどい時に比べれば、確かに今は落ち着いてきているようにも思えますが、昨晩娘に対するおこり方とクレジットカードの返済について話しているうちに機嫌が悪くなってきました。
自分はどうせお金の管理ができないどうしようもない男だ。どうせ、どうせ・・・という感じで、
いつもお前が正しいんだよな、などと言います。
私もそろそろ疲れてきています。
今までは出ていくといえば何としてもとめていたのですが、昨日はもう止める気にもならず、でていくに任せ見送りました。
一晩か二晩くらいで帰ってくるかと思っていたら、他県の学生時代の友人宅に「今晩止めてくれ」と連絡してきたそうで、奥様から私に連絡がありました。

携帯はもっていますが、こういうときには連絡しても出てくれません。

おかねは多分ほとんど持っていないかと思います。帰ってきたらこちらとしては家に入れないわけでもないのです。

ただ今後(もししらっとして帰宅したとして)、どのように対処していったらよいのか・・・

よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①文中にほとんど主語が出てきませんが、どなたが現在躁状態なのでしょうか? 「性別: 女性 年齢: 48」というのは相談者様のことですか? 患者様のことでしょうか。

②精神科に長くかかっているのに躁状態とうつ状態の出現を抑えきれていないということでしょうか? それとも患者様がお薬を規則的に服用されていないのですか?

③患者様が服用されているお薬の名前と、それぞれの1日量を教えて下さい。

④今回のこのご相談でのご質問は「ただ今後(もししらっとして帰宅したとして)、どのように対処していったらよいのか・・・」という部分ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

すみません、躁状態にあるのは夫のことです。夫とは10歳離れています。


 


薬は、鬱の時も主治医から指定された薬ぜんぶは飲んでいないようです。


朝晩飲むように言われていますが。曰く、「全部飲むと、眠くて何もできない」


 


飲酒はします。タバコは3年前にやめました。コーヒーが好きでインスタントですが日に数杯は飲みます。


 


薬は、以前飲んでいたものが


リチオマール、アルプロ酸ナトリウム、炭酸ナトリウム、パブロンさんナトリウム、アルプロさんナトリウム これをどのくらいの量を飲んでいたかはわかりませんが、寝る前に飲んでいました。


先週からは、リチウムと(もう一つあったと思いますが、見当たりません)


これを日に4回飲むように言われていましたが、4回飲んだのは数日です。


 


今回の躁状態で、薬をきちんと飲んでほしい、と言っていたところ、「お前が言うから飲む」とは言っていました。きちんとではない場合がおおかったですが…。


 


しらっと帰ってきたら、ということもありますが、これからの対応と、主治医には一人にしないほうがよいとは言われていても、離婚まではいかずとも別居したいと考えていることが、果たして本人・家族にとって良いことかどうか、というあたりです。


別居がだめなら、何か他にしていったらよいことなども有りましたら…。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

アルプロ酸ナトリウムというのはバルプロ酸ナトリウムのことだと思います。
炭酸ナトリウムはおそらく炭酸リチウムのことで、これはリチオマールと同成分のお薬です。

ご主人の診断はうつ病ではなく躁うつ病で、これは一生の規則的服薬を必要とする慢性疾患です。
炭酸リチウムやバルプロ酸には有効血中濃度がありますので、十分量服用しなければ効果が現れません。例えば、炭酸リチウムを800mg服用してちょうどよい血中濃度を得られる患者様が、眠気が出るからといって自己判断で400mgに減らしてしまった場合、効果は半分になるのではなく0になるとお考えください。

お子様も成人されたとのことですし、ご主人が、一貫して(躁状態でもうつ状態でもない時も含めて)服薬を規則的になさらないのであれば、病状の悪化は自己責任ですから、そう段者様が責任を感じられる必要は無いと考えます。

躁うつ病は離婚事由にはなりませんが、世帯主としての任を果たしていないのですから、それを理由に別居や離婚を求められてもよろしいかと存じます。
相談者様はご自分の人生を第一に考えられるべきではないでしょうか。

「本人・家族にとって良いことかどうか」とのことですが、

⑤正直にご自分の心に向き合われてみて下さい。ご本人(ご主人)のために一番良いことをしてあげたい、そのためにご自分の人生を費やしてもよい、というお気持ちがおありですか?

⑥ご家族とはお子さんのことでしょうか? 相談者様以外のご家族は、ご主人に同情的なのでしょうか。ご家族から、十分なサポートを受けられていますか? 相談者様とご主人が別居または離婚したとして、ご家族のどなたかがお辛い思いをすることがありそうでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

すみません、今出先でこのサイトを見て投稿してしまいました。


この後1時間半程度で帰宅して、お返事したいと思います。


 


その間、確認事項についてよく考えてみたいと思います。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
了解しました。

経験的に申し上げれば、もう少し時間をかけてお考えになった方がいいですし、ご家族とも相談された方がいいと思います。

重大な問題ですので、よくお考えになってご返信をいただければと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.


すみません、急ぐつもりではなかったのですが、昨日の今日で


今までの経緯を書き込んでいたら、だんだん腹も立ってきたしばかばかしくもなってきてしまいました。


 


よく考えていくつもりです。


 


では 後ほどよろしくお願います。


 

質問者: 返答済み 3 年 前.


返信が遅くなってしまいました。


夫の弟から電話が入り、「兄貴はどうか?」と言われたことに


今の状況を漏らしてしまいましたら、話が長くなってしまいました。


(切れ切れに約2時間・・・)


曰く、できれば玄関の鍵を開けておいて欲しい。でも甘やかすばかりでなく、言いたいことはもっと言ってしまってためこまないように、と。


私も言いたいことは言っていますが、言葉が足りなかったりでたいがい逆撫でして怒らせてばかりです。


 


今回このサイトに、勢いばかりでしたが投稿をし、お返事を頂いた事で、自分では考え尽くしたかのように思ってしまった時もありましたが、子供たちに意見を求めた時も、自分の思いや考え方ばかりを強調しすぎていたようにも思います。


 


ただ、夫にとって一番いいことをしてはあげたいですが、自分の生活を犠牲にはもうできないとは思います。


家族ですが、子供たちは離婚とまではいかないまでも、夫とは少し距離を置きたいとは言っています。


ただ距離を置きたいというのは、金輪際一緒に暮らせない、とまでは思っていないようです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「私も言いたいことは言っていますが、言葉が足りなかったりでたいがい逆撫でして怒らせてばかりです」とのことですが、躁状態の患者様を刺激しないように話をすることは、訓練を受けた精神科医や看護師でもしばしば難しいことです。
ましてや、一緒に暮らされているご家族ともなれば、接触している時間が長いわけですから、ご主人を怒らせずに、かつ「言いたいことはもっと言ってしまってためこまないように」することは不可能です。
その意味で、義弟様は、相談者様をあるていど気遣ってくださってはいるものの、疾患の特性や現実的な対応の難しさを十分に理解されているとは言えないでしょう。

「夫にとって一番いいことをしてはあげたいですが、自分の生活を犠牲にはもうできない」ということならば、やはり最低は別居をして、物理的な距離を置くべきですし、電話やメールのやりとりを含めたご主人との間接的な接触も避けらえるべきでしょう。

義弟様や、ご主人の主治医は、立場上、やはりご主人の側に立った対応をするでしょうが、そのために相談者様の精神的・身体的健康が損なわれる謂れはないと考えます。

文面を拝読するに、相談者様のお気持ちは既に決まっているようにも窺えます。

客観的に拝読して、現在のご自分のお気持ちに忠実に行動されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14069
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


昼過ぎに夫の弟から連絡が有り、(昨晩携帯に連絡を入れてくれていました)夫と連絡がとれたとのこと。


方法はわかりませんが、子供の頃に住んでいた県の県庁に来ている(弟は同県内他市で公務員をしています)、友達を訪ね歩いたらしい、とのこと。


今日はこのあとどうするのかと訪ねたら、帰るといったので、今日は帰りますよ、と知らせてくれました。


こちらも、土曜日にはヘルパーの仕事があるので戻ってくるだろうとはなんとなく思っていました。


 


夫の弟や主治医の思うところは、やはり兄貴や患者の側にたちますよね・・・。昨晩義弟には、夫の本当の母親に是非会って欲しい、と言われました。(情報としてお知らせしそびれましたが、7歳の時に両親が離婚、すぐに新しい母親と暮らし始め、かなり抑圧された子供時代をおくっていた事を聞いています)


もっと夫を理解してほしい、ということでしょう。


話は聞いていますし、その件に関うしては私なりに解釈して理解しているつもりです。


お会いしてより具体的なお話を聞けば、いいこともあるでしょう。


難しいです。


別居に関しては、金銭的なことも出てきますので、もう少し考えてみます。


 


主治医からは、もしお金に関して困るようなら、障害者年金をもらえるようにもできる(遡りも含めて)、とも言われています。(本人にはまだ伝えていませんが)


年内は頑張ってみるつもりです。


 


アドバイス、ありがとうございました。


罪悪感が少し軽くなります。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

 

しかしそもそも、罪悪感を持つ・持たないという問題ではないと思いますよ。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問