JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

セパゾンの減薬を中止して、元にならないまま、セルシンを一錠2ミリを朝から4ミリにしました、30分後に腹痛でガスターを

質問者の質問

セパゾンの減薬を中止して、元 にならないまま、セルシンを一錠2ミリを朝から4ミリにしました、30分後に腹痛でガスターを飲みました、昼食後、コタツに入り休憩していると、顎・頬が,なにか筋肉が動いて居る様な感じがして障害が回復しているようでした、夕食後も4ミリで変化は続いていました。翌朝も4ミリで経過は順調でしたが、はじめて昼にも4ミリを飲むと動きが止まりました。夕食の後4ミリ飲んだ後少し時間が経って、急に呼吸がしにくくなりました、津山の急患受付に行きみていただきましたが、酸素も心電図、血液も異常なしで、何の処置のないまま帰りました。翌日たまにかかっていた先生に診ていただき点滴を打ち、呼吸は戻りましたが、今は身体がだるい状態です。この状態はなぜでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
ご指名ありがとうございます。
朝と夕、セパゾン4mgに増やし時は、ジスキネジアが良くなっている感じを受けられたが、
朝、昼、夕、4mgにすると、回復の感じがとまり、夕に4mg飲んだ後、息ぐるしくなった。
急患で病院を受診するも、何の処置もなく、帰された。
その病院は、ひどいですね。
呼吸困難で、受診した患者さんに、処置なしですか?
通常、考えられないですね。
いくら検査異常なしとしつも、ひどいですね。
苦しくて、助けを求めて受診しておられるので、何らかの処置をするべきと思うのですが。
で、翌日、別の病院で点滴を受け、呼吸は、回復したが、体のだるさが、続いているということですね。


恐らく、相談者様にとって、朝、昼、夕のセパゾン4mg、1日合計12mgが、強すぎということだと思います。
セパゾンには、筋肉の緊張や痙攣を改善させる効果があり、この効果で、始め、朝、夕4mg、1日合計8mgの時は、ジスキネジアが回復していく状態が得られていたと思います。
が、昼を追加した途端、回復がとまり、夕方には、呼吸困難になっています。
セパゾンの効果持続時間は、8から10時間です。
朝服用した薬の効果が残った状態で、昼服用ですので、セパゾンの血中濃度が、8mg近くまで、上昇したと考えられ、それのため、筋肉弛緩作用が強くなりすぎ、回復がとまり、夕に4mg追加したときは、さらに、セパゾンの血中濃度が上昇、呼吸筋 の弛緩まで、おこし、呼吸困難が、起こったものと思います。
点滴により、セパゾンの血中濃度が低下し、呼吸筋の弛緩は改善、呼吸が戻ったと思います。

つまり、相談者様の場合、セパゾンの代謝がゆっくりで、セパゾンの服用間隔が狭くなると、血中濃度の上昇が起こり、筋肉弛緩しすぎ、ジスキネジアの改善をもたらさないどころか、呼吸筋まで、弛緩させてしまうようです。
今の体のだるさは、時間経過とともに、セパゾンが代謝され、体外に排泄されていきますので、時間が経てば、改善してきますが、セパゾンの代謝、排泄を促進させるために、スポーツドリンクを500ml飲まれるとゆ良いと思います。
スポーツドリンクは、体内吸収が速く、薬の血中濃度を低下させ、さらに、排泄を促してくれます。
体がだるいまま時間が経過するのを待つのは、しんどいですので、スポーツドリンクを飲んで、早めに薬の血中濃度を低下させ、体のだるさを取るのが、良いと思います。

さて、今後ですが、相談者様の場合は、セパゾンは、朝と夕でないと、血中濃度の上昇を起こし危険ですので、セパゾン服用は、朝と夕のみが、良いと思います。
とりあえずは、朝、夕4mgで、回復傾向を認めていますので、
このまま、朝、夕4mg服用を維持するのが、良いと思います。
朝、夕4mgで、完全な改善が出来ない場合は、朝、夕のみの服用のまま、朝、夕のセパゾンのmgを6mgに増やす方法が良いと思います。
セパゾンが、代謝されてから、次のセパゾン服用をするという方法です。
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
すみません。
セパゾンと書いてしまいました。
セルシンの間違いです。
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
あて、セパゾンの減量を中止したとありましたが、セパゾンにも、筋肉弛緩作用があります。
セルシン増量の際は、セパゾンの減量も同時進行で、行った方が、良いように思いますが。


セルシンとセパゾンの記載を間違えたこと、申し訳ありませんでした。
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
必ずしも、セルシンを40mgまで、増量しなくても、ジスキネジアの回復傾向が認められたら、そこで、セルシンの増量は、ストップ。維持に、入る。
40mgまでの増量なしで、ジスキネジアの改善事例は、ありますよ。

医療 についての関連する質問