JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中
医療

現在65歳で、10月末に血液検査をしました。血糖値が236、HbA1cが8.1で、医者に食事制限と飲み薬を勧められま

現在65歳で、10月末に血液検査をしました。血糖値が236、HbA1cが 8.1で、医者に食事制限と飲み薬を勧められました。この時の体重は53kg,154cmです。
3週間後に血液検査で血糖値98、HbA1cが7.1、体重も47kgに減りましたが、そんなに太ってません。どこまで体重が落ちてしまうのか、急に体重が減ってしまうと免疫も少なくなり、認知症にも・・・とか、細胞が・・・とか聞きますがどうすればいいのでしょうか。現在は1日1200キロカロリの食事です。間食はしてません。
不安でどうしていいかわかりません。
回答どうぞよろしくおねがいします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
医療 に関する質問をする
返答済み 3 年 前.
体重が落ち過ぎですね。
主治医の先生の指示は?
まだ、1200キロカロリー制限は、続いているのですか?
質問者の返答 返答済み 3 年 前.


早くの回答ありがとうございます。


体重が落ちてからは1300~1400キロカロリーで娘が食事を作ってくれてます。


今までは毎日R-1のヨーグルトを食べてましたが、砂糖が入ってるので低糖にしたり、コレステロールが267あったので脂肪0にしてますがやはりカロリーの低い脂肪0や低糖がいいのでしょうか?R-1など口コミでも良いといわれてるのはだめでしょうか?


前回質問した認知症や細胞が破壊されるというのは大丈夫なのでしょうか・・・


通ってる医者は頑張ってますねというだけです。

Dr.morino, 医師 返答済み 3 年 前.

血糖値は、98と正常値ですが、HbA1cが7.1と高いので、ゼロにする必要はないでしょうが、糖分の摂取は、控えた方が良いです。

コレステロールに関しても、脂肪をゼロにすればよいというものではないです。

少し、食事のアドバイスを下に書いておきますね。

体重が減ると、ご心配の通り、認知症や免疫低下のリスクは高くなりますので、

食事制限は、現状では、体重が減りすぎていますので、少し、和らげる方がよいと思います。

 

<血糖コントロールのための食事のポイント>

 

1:野菜を積極的に摂取する

野菜に含まれる食物繊維は、腸からの糖分の吸収を抑える効果があります。

 

2:くだものの取りすぎに注意

果物は、果糖とよばれる糖分が含まれていますので、取りすぎは禁物ですが、

全く取らないのも良くありません。

1日の摂取量の目安としては、

みかんなら、中2個

リンゴなら、中2分の1

バナナなら、中1本 は、摂取しても構いません。

 

3:炭水化物、タンパク質を2:1の割合で、摂取する

ごはん、かぼちゃなどのイモ類、豆類は、炭水化物

魚、肉、チーズなどの乳製品は、タンパク質です。

 

4:運動習慣

1日15分~30分程度のウオーキングを週に3回は、行うと良いです。

 

<高脂血症のための食事のポイント>

 

1:動物性脂肪を控え、植物性脂肪を摂るように心がける
バターやチーズ、肉に含まれる動物性脂肪はコレステロールを上げる作用があり、
オリーブオイルやイワシ・サバ・サンマなどの魚に含まれる植物性脂肪はコレステロールを下げる作用があります。

2:コレステロールを多く含む食品の摂取を控える
鶏卵、たらこ、イカ、タコにはコレステロールが多く含まれています。

 

3:食物繊維の多い食品を摂取する
ごぼうやニンジンなどの野菜、納豆や豆腐などの大豆製品、ワカメやコンブなどの海藻類
しいたけやしめじなどのキノコ類など食物繊維を多く含む食品には、コレステロールの排泄を促す作用があり、コレステロールを下げます。

 

4:甘いお菓子やアルコールを控える
甘いお菓子やアルコールには、高脂血症を引き起こす中性脂肪が多く含まれています。

 

5:1日30分のウオーキングがコレステロールを下げる効果があります。

 

参考に、どうぞ。

 

 

また、ご質問にあったR-1ヨーグルトですが、免疫力を高める作用があるので、食べれおられたのですかね。

糖分が入っていても、ある程度の糖分・炭水化物は必要です。

ですので、摂取しても問題ありませんよ。

 

 

 

 

 

Dr.morino, 医師 返答済み 3 年 前.
ご参考になりましたで、しょうか?
相談者様は、きっと、几帳面な方なのでしょうね。
厳格に食事制限しすぎたのかもしれません。
いくら糖尿病と言っても、糖分ゼロ、脂肪ゼロは、やり過ぎと思います。
多少は、糖分も脂肪も摂取しないと、体に悪いです。
ですので、先の回答にも書きましたが、糖分の入ったヨーグルトは、食べられても、大丈夫です。
果物も、ある程度は、とる必要が、あります。
脂肪も、同じくです。

取り過ぎない意識程度で、良いと思いますよ。
質問者の返答 返答済み 3 年 前.


食事の件ありがとうございます。参考にさせていただきます。

 

次回、今月末に採血があります。

その際、7.1から6.5とか位に下がってた場合ですが、現在朝食後にグラクティブ50mgを1錠のんでますが、薬をのまなくても大丈夫な生活に戻れますか?

このまま体重が落ちていくことはないのでしょうか?

現在の47キロのままなのでしょうか・・・

少しだけ戻ることはないのでしょうか。

 

Dr.morino, 医師 返答済み 3 年 前.

お返事ありがとうございます。

今月末の採血でHbA1cが6.5に下がっていた場合は、薬は中止できます。

ご存知かもしれませんが、HbA1cは、過去6か月間の血糖値を反映させる数値です。

この数値が6.5以下であれば、血糖コントロール良好と判断できますので、グラクティブは、食事療法や運動療法で効果が出ない場合に服用する薬ですので、現在、相談者様が実践しておられる食事療法や運動療法で、効果ありとなりますので、薬を服用する必要はなく、食事療法や運動療法で経過観察できるはずですよ。

 

先の回答でも申し上げましたが、少し厳格に食事制限されすぎたため、体重の減少が起こったものと思いますので、検査結果が良かったとしても、油断は、禁物ですが、食事制限は緩めることができ、体重の増加も見込めると思いますよ。

 

 

医療 についての関連する質問