JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

6月22日に、車で停止中に後方から追突されました。首から肩にかけて痛みが酷かったので、MRI検査をして頸椎4-5に神

解決済みの質問:

6月22日に、車で停止中に後方から追突されました。首から肩にかけて痛みが酷かったので、MRI検査をして頸椎4-5に神経圧迫が認められ、6-8に多少の圧迫あり療養中ですが、肘を曲げての動作で肩より上、後方に引く動作で、両肩に痛みが出ます。
ただ心配なのが、前方の 首下側左右の鎖骨の辺りの痛みが気になります。接骨医院で首、肩、背中に、指圧する時に咳が出るので、枕と胸マットの間隔を空けています。
 頸椎症候群の他に複合体の病気が在りそうなのか気になります。痛みなどは、ペインクリニック、麻酔科で治療したほうが宜しいでしょうか。
 お答えをお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では、診断に関わるご質問はもっとも回答が難しいもののひとつです。 これはあらかじめお含みおき下さい。
「頸椎症候群の他に複合体の病気が在りそうなのか気になります」とのことですが、現実に相談者様の体に何が起きているのかは、われわれは文字情報を介して推測するしか手段が無いからです。

少し捕捉情報をください。

①「頸椎症候群」の診断は整形外科で受けられたのでしょうか?

②その整形外科医は、脊椎の専門医ですか?

③通常、ペインクリニックは、整形外科などで根本治療が出来ないか、治療をしても痛みが残る場合に、紹介されて受診する診療科です。「前方の 首下側左右の鎖骨の辺りの痛み」について、整形外科の主治医はどのような見解を示されていますか?

④接骨医院では、整形外科主治医の同意のもと治療を受けられているのでしょうか。

⑤整形外科ではどのような治療を受けておられますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

有難う御さいます。

質問の返答です。

 

結構、説明は略して短文にしています。


①日赤の整形外科です。8年位の係りつけ病院です。

   休業証明では、頸椎捻挫、両肩周囲炎で症候群のどれかと

   通勤のための接骨医院の近くの診療所では、頸椎捻挫、両肩打撲、腰椎捻挫です。

 

②日赤は多分、5部屋に分かれています。

  診療所は腰椎は詳しくないみたいです。

 

③日赤は、若い先生なので余り詳しくないみたいです。

  麻酔科などについて、次回に詳しくお話をする予定です。

 

④はい。

 

⑤前に日赤のアレルギー科で湿布薬、痛みどめはNGと言われ、診療所からは、鍼灸治療のOKをもらい治療しています。

 太もも裏から膝にかけて張りがあり膝に痛みがあり下り階段がバランスが取れない状態ですが、針治療でしのいでいます。

  日赤では、安静です。休業して3か月経ったので、少し不安です。

 

  

  

  

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「痛みどめ」はアレルギーで不可であるとのことですが、一般的に、頸椎症候群のような神経の圧迫によって痛みが生じる「神経障害性疼痛(神経因性疼痛)」ではいわゆる鎮痛剤はあまり効果がありません。

リリカ(神経因性痛治療薬)やメチコバール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)といった薬物療法、 神経ブロック注射といった対症療法が一定の効果を示します。
こうした治療は主にペインクリニックで行われますので、現在、整形外科でこうした神経因性疼痛に対する治療がなされていないのであれば、ペインクリニックを受診される意義はあると考えます。

 

しかし、前述しましたように、ペインクリニックで行われる治療はあくまで対症療法ですし、何よりも「診断があっての治療」ですから、整形外科的な診断がまずは優先されるべきかと存じます。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカン ドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、 専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問