JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ocean-skyに今すぐ質問する
ocean-sky
ocean-sky, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 178
経験:  救急医、日本体育協会公認スポーツドクター
75715664
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
ocean-skyがオンラインで質問受付中

乳ガン健診をしました。51才女性です。マンモで石灰化が2ヵ所ありました。先生は小さい単体が離れて2ヵ所なので心配は無

解決済みの質問:

乳ガン健診をしました。51才女性です。マンモで石灰化が2ヵ所ありました。先生は小さい単体が離れて2ヵ所なので心配は無いとの事。ただし念のため毎年マンモ健診をするように、言われました。小さい単体が2ヵ所。本当に大丈夫ですか?時間がたつと単体では無くなってきて増えて乳ガンになりませんか?石灰化はたくさん集まってないと安心なのですか?
マンモ以外の検査はしなくて大丈夫ですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  ocean-sky 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

新しいマンモグラフィーの読影ガイドラインを以下にご紹介いたします。
http://cbis.umin.jp/kaisai_naiyou/6thkaisai/6thmmgsiryou.pdf#search='乳がん+マンモグラフィー+ガイドライン'

小さい石灰化が単体で2つということですが、実は石灰化にもいろいろな形態がございます。
読影用語で言い換えますと、「微小円形、びまん性、もしくは領域性の石灰化」で、カテゴリー2に属し、
「良性」と判断されます。

この石灰化が増えていくかどうかは、経過観察が必要です。
増えるかもしれないし、増えないかもしれない、ということです。



乳がんの 診断には直接診断と間接診断があります。
間接診断 とは、問診、触診、レントゲンや超音波の画像診断があります。
直接診断 とは、しこりから細胞または組織を取って、病理医が顕微鏡でがんの有無を診断します。確定診断とも言います。
専門医が行った間接診断で異常がない場合は、それ以上の検査をする必要はありません。
もちろん、どんな医師にも見落としはありますから、間接診断だけで「絶対に」と言いきることはできません。確定診断のためには直接診断が必要です。しかし、直接診断は痛みを伴う検査ですから、そのたびに直接診断をしていたのでは患者さんの負担も大きくなります。

どうしても心配で、、、という場合は、日本乳がん学会の乳腺専門医名簿をご紹介いたしますので、
お近くの乳腺専門医にご相談なさってはいかがでしょうか。
http://www.jbcs.gr.jp/AboutJBCS/senmonitiran.html






ocean-skyをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問