JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

11月19日前立線肥肥大の手術をしました(6g切除)。その後カテーテルを入れ抗生物質の点滴を一週間ほど受け自排尿を試

解決済みの質問:

11月19日前立線肥肥大の手術をしました(6g切除)。その後カテーテルを入れ抗生物質の点滴を一週間ほど受け自排尿を試みましたが全く出ませんでした。その原因は尿道かつやく筋辺りに炎症(出血も)があり排尿を阻害しているとのことです。その後、ロキソニン・レバミピド・ウブレチドを飲みながら自己導尿をしていますが、今のところ(11月30日)全く効果がありません。
このまま継続して効果を期待していていいのでしょうか?
宜しくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

泌尿器科の専門家が不在のため、泌尿器科医師に連絡をとった後、回答させていただくことになるため、少し、お時間がかかりますが、よろしいでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

宜しくお願いします。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

では、泌尿器科医師に連絡を取り、回答させていただきます。

回答まで、しばらく、お待ちください。

 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

泌尿器科医師より、回答が来ました。

以下、回答内容を掲載いたします。

「前立腺肥大症の術後の尿道括約筋の炎症、出血により、尿道が狭窄を起こしているのではないか?

もし、尿道自体が狭窄を起こしていれば、薬による治療で、症状が改善することはなく、狭くなった尿道をカテーテルなどで広げる処置が必要。

手術を受けた病院の担当医師に、相談されるのが一番良いと思います。」

といった内容の回答が出ました。

つまり、今のまま、薬で治療を続けても、改善は期待できない可能性が高いということのようです。

再度、原因究明のため、手術を受けられた病院を受診され、尿道の狭窄がないか?検査してもらうと良いかと思います。

ご不明な点がありましたら、返信ください。

これで、相談を終了される場合は、今回の対応について参考になったか?どうか?の判定をお願いいたします。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
夜分遅くに、失礼いたします。
服用されておられる薬の事が、どうしても気になり、調べていましたら、相談者様が、服用されておられるウブレチドですが、この薬は、膀胱の収縮を促して排尿 させる薬で、尿道括約筋に問題がある場合は、いくら膀胱が収縮しても、それに併せて、尿道括約筋が開かないので、排尿しないそうなのです。
で、相談者様のように、膀胱ではなく、尿道括約筋に問題があり、排尿しない場合は、エブランチルという尿道括約筋を開かせる作用のある薬を使うそうなのです。
つまり、薬が相談者様の状態に合っていないので、いくら薬を服用しても、変化がないのでは?と思い連絡いたしました。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


エブランチルについては担当医に相談してみます。


 


最初の回答についてですが、


炎症・出血による尿道狭窄ですが、投薬により炎症・出血を改善すれば狭窄も改善して排尿できるようになる・・


のではないのでしょうか?


あと、カテーテルにより尿道を広げても一時的な改善にしかならないのではないでしょうか?


よろしくお願いいたします。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
最初の回答は、泌尿器科の先生に聞いて、回答したので、今、聞いてみますね。
少し、待っていて下さいね。
必ず、回答しますので。
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
炎症、出血による狭窄ですが、ロキソニンが炎症を治す薬で、飲んでいる期間から、炎症は、おさまっていてもおかしくないそうで、炎症がおさまっているのに、排尿できないということは、炎症がおさまる際に、肉芽といった新しい組 織が炎症部分についてしまう事があり、それによって、尿道が狭くなって、排尿できないということがあるそうです。
傷が治るとき、かさぶたができたり、新しいピンク色の組織が傷口に盛り上がってできることがありますよね。それと同じことが起こっていると想像していただくと分かりやすいかと思います。
もし、炎症が治る過程で、肉芽ができ、そのために、尿道が狭くなっていれば、薬で狭くなった尿道が元戻る可能性は低いので、自己導尿できるという事は、尿道が狭くなっていても、軽いものと考えられるので、バルーンカテーテルで、狭くなった尿道をバルーンを膨らまし、広げることで、尿道の狭窄が改善し、排尿できるのではないか。
ということだそうです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

再度の質問ですが、バルーンカテーテルをで尿道を広げても一時的なもので(物理的に)、また徐々に狭窄状態になるのではないか?


 


また、回答にあった肉芽は手術で切除はできないのでしょうか?


 


宜しくお願いします。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
確かに、バルーンでは、再度、狭窄してくる可能性はあると言われました。
確実には、内視鏡で肉芽部分を切除する方法だと。
ただ、術後の狭窄なので、あまり、侵襲がない方が、いいのでは?と。
最終的には、内視鏡で、狭窄の有無を確認して、その程度で決めなければ、いけないそうですが。


すいません。途中で、切れていたみたいです。
申し訳ありませんでした。
Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問