JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

何十年も左耳の下が痛み、内科や外科等で見てもらっても異常なしということで、精神科で薬をもらって飲んでいますが、症状が

解決済みの質問:

何十年も左耳の下が痛み、内科や外科等で見てもらっても異常なしということで、精神科で薬をもらって飲んでいますが、症状が悪くなるばかりで困っています。どうしたらよいでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

 

少し補足情報を下さい。

 

①耳鼻科を受診されたことはないのですか?

 

②精神科ではどのような診断のもとにセルシンが処方されたのでしょうか。

 

③「左耳の下」とは、耳たぶの下側の付け根ということですか? それとももっとしたの、首筋ということでしょうか。

 

④「多量の薬」はすべて精神科からの処方でしょうか。その内容を教えて下さい。

 

⑤「何十年も」ということですが、痛くなるにあたって、なにかきっかけの用のものはあったのでしょうか。

 

以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

 

 

 

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 3 年 前.


①耳鼻科にも見てもらっています。


②よくわかりません。


③そうです。付け根のところです。


④精神科からです。エビリファイ。ベンザリン。トリプタノール。スルピリド。リボトール。アーテン。チラージン。


⑤良くわかりません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

内科、外科、耳鼻科で痛みの原因がみつからず、精神科を紹介されたということは、心因性の慢性疼痛を疑われたのだと思われます。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_423.htm

 

一時は精神安定剤であるセルシンが効いていたということですから、あるいはこの診断は間違いではないのかもしれません。

しかし、処方されているお薬のうち、慢性疼痛に対する効果が確認されているのはトリプタノールのみです。

 

慢性疼痛には、通常の鎮痛剤は効きません。

神経の信号の伝達を統制するようなお薬(リリカ、一部の抗てんかん薬、抗うつ薬(トリプタノールはそのひとつです))の服用や、部位や程度によっては神経ブロック注射などが必要になります。

慢性疼痛は、痛みがが続けば続くほどもつれていく傾向がありますので、出来るだけ初期に適切な治療を受けておくことが重要です。

現在精神科に通われていますが、既に痛みのきっかけ(心因?)もわからないとのことですから、今後の治療はペインクリニックで受けられるのがよろしいかと存じます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)ので、お早目の受診をお勧めいたします。

以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。紹介状を作成してもらえるよう、主治医に依頼してください。


全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)
http://www.pain.ne.jp/


以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問