JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4058
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

10月3日に心臓の僧坊弁置換手術を受けた72歳の母のことでおたずねいたします。同じ手術を五十代後半にも受けていて

質問者の質問

10月3日に心臓の僧坊弁置換手術を受けた72 歳の母のことでおたずねいたします。 同じ手術を五十代後半にも受けていて、二回目です。一年以上具合が悪く、主治医の判断が 適切でなかったため、弁の置換手術にいたるまで、一年以上たってしまい、今回は偶然主治医 が変わって、割と緊急の手術でした。一年間いろいろな症状に苦しめられていたときは、うつ状態に ならなかったのに、今回、術後個室にいるときからうつ症状がでています。手術は合併症もなく、 さまざまなデータ類は大変良好なのですが、術後胸水を3回くらい抜いたときの痛みや、術後の 苦しさなどが引き金になっているようです。もともとは明るいひとですが、不眠の傾向はあり、 睡眠薬で休んでいたのですが、くせになるから、とやめてみると一睡もできないのだそうです。 現在の主治医はずっと睡眠薬で休むのはあまりおすすめできない、とし、今回は(昨日)睡眠薬は 処方してくれました。母はみんなに迷惑かけているけど、必ず良くなるからがんばる、といっていますが、このまま待っていてよいのでしょうか。心療内科には抵抗があるようです。(父がうつを認めたくないのもあります)症状は不眠、やる気がでない、迷惑かけているし良くしてもらっているのに何で良くならないのかとのあせり、体重の減少、人に会いたくない、などです。よろしくお願いします。また、心療内科に行かなくても直る可能性、その場合の家族の心構え、武蔵村山市、立川などの多摩地区で、その分野の良い病院を紹介してください。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
うつ病のように思います。うつ病は女性なら5人に1人、男性なら10人に1人が、一生のうち一度はおちいる非常によく起こる病気です。うつ病は他の体の病気のように体の病気です。脳の中のセロトニン、ノルアドレナリンのような脳内の活性物質の減少で起ります。薬で良くなります。主治医にトラゾドン、ドキセピンまたはミルタザピン (レメロン)のような抗うつ薬を処方してもらってください。安全な薬です。しかし、それを止める時にはゆっくりと減量してから中止することが必要です。それは睡眠薬としての作用があります。ドキセピンは睡眠薬として処方されることもよくあります。抗うつ薬として効きだすまでに4-6週間程かかるかもしれませんが睡眠薬としては直ちに作用します。
もし、主治医がその薬を処方したくないのであれば心療内科を受診させてください。カウンセリングを受けるとさらに効果は認められます。それは非常によく起こる病気です。特に受診に躊躇うことはありません。薬を飲まずに、または心療内科に行かなくて直る可能性は少ないと思います。悪化すると自殺の可能性がありますので早めに受診した方がいいです。家族の心構えはお母さんの言動に注意をしてください。自殺のようなことをほのめかしたら急いで心療内科を受診させて入院させてください。
にしの木クリニックはどうかと思います。女医さんが所長です。
http://nishinoki.in.coocan.jp/
質問者: 返答済み 3 年 前.

様々なうつに関する本を読むと、心療内科に行っても薬が合わなかったり、効かなかったりで薬を何回も変えたりして何年も直 らないケースが見られますが、うつは薬を飲まないと直らないのでしょうか。おっしゃるようなセロトニン、ノルアドレナリン等の脳内活性物質は、例えば漢方とか、食事とかカウンセリング等で増やすことは出来ないでしょうか。また、母は不眠や強い不安感、やる気が起きない、体重が増えない等の症状はありますが、家族に症状を訴えて、話すと、そのときはうつの症状が楽になったり、食事は一応取れています。このような状態はうつでは初期症状と考えていいでしょうか。初期症状でも心療内科に行き、投薬する必要はあるでしょうか。また心療内科において投薬以外の治療法は、あるのでしょうか。別のホームページでうつであるかを電気的に調べる方法を行っている病院があると聞きましたが、うつは胃や肺や脳の病気をレントゲンやMRIで調べるように、視覚化して見分けることができるものなのでしょうか。よろしくご回答くださいませ。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
内科的な病気がうつを起こすことがあります。まず、内科でそれらの病気を除外してもらってください。それは貧血、甲状腺機能低下症、血中の電解質のアンパランス、血糖、腎機能障害、肝機能障害、梅毒、ビタミンB12の欠乏、葉酸の欠乏、不整脈、 脳梗塞などです。
抗うつ薬には同系等の薬でも相性があります。あう薬を見つける必要があります。また、その症状にあった薬を使うことが必要です。たとえば、眠気を誘う薬、食欲を増強する抗うつ剤があります。カウンセリングと一緒に行なうと効果が上がります。まずはカウンセリングのみ受けてはどうでしょうか。もし、それでも効果がない場合には薬を併用することを考えてください。日常の生活としては毎日適度の運動をすることです。それにより、食欲が上がり、また適度の疲労により睡眠を助けます。針、ヨガ、瞑想、マッサージなども効果があるかもしてません。ハーブとしてはセントジョンズワート、SAMe(サムイー)、オメガ3脂肪酸(のサプリ、葉酸とビタミンBのサプリが有効かもしれません。しかし、セントジョンズワートは心臓の薬を飲んでいるようなら相互作用をするため避けた方がいいです。うつであるかを電気的に調べる方法については聞いたことが有りません。うつ病は問診が現在その診断基準として使われています。

医療 についての関連する質問