JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2008年に左耳突発性難聴で開業医の耳鼻科では埒が明かず大学病院へ行ったときには手遅れと言われ聴力は少し残りましたが

解決済みの質問:

2008年に左耳突発性難聴で開業医の耳鼻科では埒が明かず大学病院へ行ったときには手遅 れと言われ聴力は少し残りましたが、軽い眩暈、耳鳴りがしていました。2012年9月に再度おかしくなり、総合病院で特発性難聴と言われステロイド治療を9日間しましたが、聴力を失い、耳鳴り、眩暈が強くなりました。悪い時は頭の中がゴーという感じで耳鳴りどころの感じではありません。針治療も3か月ほどしましたが効果はありません。右耳も大学時代に中耳炎の手術をしており聞こえが悪く補聴器をしております。脳神経系の医師に診てもらって耳鳴り、くらくら感を軽減する方法はないでしょうか? ちなみに年齢は66歳10か月で、男です。まだ、事務的な仕事をしております。
よろしくご指導いただきますよう、お願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。脳神経内科医です。

耳鳴りの原因が脳腫瘍による聴神経の圧迫などの場合は脳神経外科的な治療が有効ですが、突発性難聴の後遺症としての耳鳴りは内耳の障害ですので、脳神経外科的な治療が介在する余地はありません。

ただし、「頭鳴り」と称されることもある突発性難聴後の強い耳鳴りには、通常の耳鼻科では対応できず、耳鳴りの専門外来での特殊な治療が必要になる場合が少なくありません。
個人的には、TRT療法がもっとも有効率が高いと考えます。
http://totunan.net/yogotaisaku/miminari.html

脳神経外科ではなく、こうした、耳鳴り専門外来での治療を受けられるご意向は無いのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

耳鳴り専門外来がある日赤病院へ一度行ってみます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
そうなさることをお勧め致します。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさってください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生、
もう少しお尋ねしますが、耳鳴り、眩暈は左耳で、左耳はほぼ聴力はゼロです。その場合でもTRT療法と言うのは有効なのでしょうか?お教えいただければ幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。遅くなりまして申し訳ありません。

右耳があるていど聞こえるのであれば、TRT療法の効果は期待できます。
TRT療法のターゲットとなるのは、脳であって、左耳の内耳や聴神経ではないからです。
近年では、長期間に渡って持続する耳鳴りは、耳ではなく、「脳が耳鳴りを覚えてしまう」ことによる慢性症状であるとする考えが提唱され、臨床でも受け入れられつつあります。その理論を応用した治療法がTRT療法なのです。
http://www.ueharaoto.com/trtormiminari.htm
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問